転職エージェントの良い使い方3選。失敗しない付き合いと利用方法を利用者が伝授


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
転職エージェントが人気なのは、転職までのサポートや転職後のアフターフォローがしっかりしている面があるからです。

しかし転職エージェントの効果的な使い方が分からなかったり、どのように利用すればよいのかわからない。という人も案外多かったりします。

本記事では転職エージェントの利用方法や使い方、失敗しないための付き合いの方法について、転職エージェントを利用した経験のある私自身が伝授します。

まずは大手で登録を!気になる転職エージェントは掛け持ちしよう!

転職しようと思うと、どれを使ったらいいかと思うぐらい、さまざまな転職エージェントがありますよね。

リクルートエージェントやマイナビエージェント、dodaといった大手転職エージェントがまず思い浮かびます。

各エージェントによって、得意分野が違ったり、求人数が違ったりもします。

もしアナタがとどれか1つでも気になる転職エージェントがあるのならば、その転職エージェントに登録しましょう。

ただし上記で挙げたような、リクルートエージェントやマイナビエージェント、dodaがやはり大手だけあってオススメです。

というのは、

  • 大手転職エージェントは大手だけあって各地方ごとに拠点を持っていて、仕事を探しやすい
  • 求人数が多い

という利用メリットがあるからです。

転職エージェントを利用するポイントは、

  • どれくらいの募集企業があるのか
  • 自分の条件とマッチしている企業があるのか

が重要ポイントです。

ただし登録をしたからと言って、すぐにアナタの理想とする転職先が見つかったり、自分の条件とピッタリ合うような企業が見つかることは稀ですので、根気強く転職活動をすることが重要です。

根気よく転職活動するために大切なのは、大手転職エージェントの掛け持ちをすること。

転職エージェントに登録する場合、1社に限らず数社で登録しても問題ありません。

登録した転職エージェントの数だけ、転職先が見つかる可能性が高くなります。

2社、3社と掛け持ちすることで、A社で募集している企業がB社では募集していない(その逆もあり)等、応募できる企業数が増えます。

結果的に掛け持ちが、アナタの選択の幅を広げられます。

担当者に左右されないようにするため、気持ちを正直に伝える

転職エージェントを利用すると、必ず担当者がつきます。

基本的にはマンツーマンで転職活動にさまざなサポートをしてくれるでしょう。

しかし担当者によって転職活動が左右されることもあります。

例えば担当者と相談をしている際に、履歴書の書き方や、面接での対応など、良い助言をたくさん貰うことができます。

しかしそのアドバイスはあくまで担当者が思うアドバイスであり、もしかすると別の担当者からは違うアドバイスをもらう可能性もあります。

自分が納得できないアドバイスをしてくる担当者もいるでしょう。

アドバイスはありがたいですが、担当者だからといって、すべてを信用しすぎないことが重要です。

たまに担当者によっては「絶対に◯◯してくださいね!」という具合に無理強いしてくる人もいますが、100%信用していいとは思いません。

転職活動をするのは、あくまでアナタです。

自分なりにポリシーや主張を持って転職活動をしないと、転職先を決めた後にも、あの時◯◯しておけばよかったなどと、後悔してしまうかもしれません。

後悔をしないためにも

  • アナタの思っていること、考えていること
  • どの様な企業に転職したいのか

というポリシーを担当者にわかってもらうことが大切です。

もし担当者がアナタのことを理解してくれず、合わないなと感じるのであれば、「担当者を変えてほしい」と正直に伝えること。

上記でも説明しておりますが、転職エージェントを掛け持ちすることで、色々な担当者の意見を聞けるのも、掛け持ちのメリットと言えます。

見切りをつけることが大事。失敗しない付き合い方って一体何?

転職エージェントに登録していても、

  • どうしても良い企業が見つからない
  • qqq希望の条件とマッチしない

ことがあります。

転職エージェントの利用者は多く、希望条件とマッチした人に対しては、いくつも仕事の紹介があります。

しかしマッチしない人に対しては、紹介案件も少なく期間があっという間に過ぎていきます。

その期間は別の媒体で仕事を探したり、「なんかイマイチだな」と感じることがあれば、すぐにでも退会や担当者を変更してもらうことをオススメします。

転職エージェントは上記で述べているように、掛け持ちすることで良い転職先を見つけられる可能性が広がります。

担当者によって対応はまちまちです。

アナタを思って熱心に仕事を紹介してくれたり、親切に対応してくれるような担当者も多いでしょう。

しかし一方で当たり外れが大きく、まったく仕事を紹介しない、紹介したとしてもピントがずれている、親切でないような担当者も中にはいます。

担当者が自分と合わない場合は変えてもらったり、他の転職エージェントを利用するしかなくなります。

見切りをつけることは転職エージェントを利用する中で、戦略の内の1つです。

見切りをつけなければ似たような募集ばかり紹介されたり等、ムダな期間が過ぎていくだけになってしまいます。

ムダな時間を過ごさないために、使えない転職エージェントや担当者には見切りをつけて、他の転職エージェントを利用するようにしましょう。

まとめ

転職エージェントを利用する時は、担当者によって左右されることも多く、その転職エージェント1つに絞ってしまうと、選択の幅が狭まってしまいます。

そうならないためにも、

  • 転職エージェントの掛け持ち
  • 担当者に自分の意見や主張を正直に伝えること
  • 転職エージェント、担当者の見切りをつけること

が大切です。

アナタも転職エージェントをうまく使いこなし、納得のいく転職先を見つけられるように頑張りましょう!