ハタラクティブとジェイックの違いは何?3つの違いを教えます


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
ハタラクティブとJAIC、どちらも20代を主な対象とした転職エージェントですが、違いが何なのかわからない?とお困りでしょうか。

それぞれの特徴をご紹介しながら、3つの違いをご紹介します。

自分が何を重視したいかを考えながら、比較してみてみるとどちらを利用するべきかわかってきます。

ハタラクティブの特徴

ハタラクティブは20代への就職を重視している転職エージェント。

大学卒や高校卒の学歴を問わず、フリーターや今までずっとアルバイトでやってきた、正社員としての就労経験がないような人にも求人を紹介しています。

業界や職種の種類がとても豊富で、正社員、または派遣社員の求人紹介を行っています。

「人間性」を重視した就職活動が特徴で、採用担当者だけでなく、担当のアドバイザーに「やる気」を伝えることが重視されます。

企業とのミスマッチを防ぎ、スキルや経験がなくても就職を成功させるためのサポートが充実しています。

ジェイックの特徴

ジェイックも20代の転職に強いと言われている転職エージェントです。

学歴を問わず、大学中退者やフリーター向けにも求人紹介を行っています。

業界や職種に偏りはありますが、すべての求人が「正社員」となります。

そのため

  • 安定した生活
  • 就職も長く働く

という点を重視して、手厚くサポートしてくれます。

ハタラクティブとジェイックを比較

2つの転職エージェントを比較して、今回は

  1. 業界や業種の選びやすさ
  2. 求人へ応募するまでのサポート
  3. 就職したあとの定着率

という3つの違いに注目しました。

それぞれどのように違うのか、詳しくご紹介します。

業界や業種の選びやすさが違う

1つ目の違いは、紹介してくれる求人の業界や職種の豊富さが異なります。

ハタラクティブは業種、職種の種類がとても豊富です。

職種としては

  • 営業
  • サービス・販売
  • 企画
  • 事務
  • エンジニア
  • デザイナー
  • 施工管理

などがあります。

また業界も、

  • IT・通信を中心に
  • 建築・不動産
  • 飲食
  • 保険
  • アパレル
  • 日用品
  • 美容

など幅広く取り扱っています。

さらに正社員だけでなく派遣の紹介も行っています。

一方、ジェイックは求人の種類が限られていると言えます。

職種はほとんどが営業職です。

業界は

  • 広告・メディアを中心に
  • メーカー
  • 商社
  • IT通信
  • 建築・設備・不動産
  • サービス

などがあります。

一定の制限を設けているため、飲食や投資用不動産など紹介しない業界もあります。

また「正社員」のみの求人紹介をしています。

求人へ応募するまでのサポートが異なる

2つ目の違いは、求人へ応募するまでに行う転職支援のサポートです。

ハタラクティブではまず担当のキャリアアドバイザーと面談をして、自分の希望条件や職種を伝えます。

あなたの希望をもとに、担当者が求人を紹介してくれるので、まずは書類応募を行います。

応募する前に作成した書類は担当者が丁寧に添削してくれるので、安心できます。

書類審査の通過率は91.4%と、とても効果的なアドバイスをしてもらえます。

ジェイックでも担当のアドバイザーがついて、自己分析や求人紹介などを行ってもらえます。

大きく違う点は、「就職支援講座を受けないと求人を紹介してもらえない」という点です。

就職支援講座は無料で、就職してから求められる“ビジネスマナー”や“営業の基本”などを身につけることができます。

就職の成功率を高めるだけでなく、就職してからのことも考えられたサポートが充実しています。

すこし面倒に感じる方もいますが、就職してから生かせる知識が多いので、必須となっています。

無料の就活講座を受けることで、就職成功率81.1%となっています。

就職したあとの定着率に差がある

転職エージェントは転職をサポートするサービスですが、実は就職した会社に定着する割合のデータもあり、定着率にも差があります。

実はハタラクティブは、定着率を公表していません。

通常、大手の転職エージェントは定着率を公表していないのです。

基本的にミスマッチしないよう求人紹介を行っていますが、あくまで「入社まで」をサポートするのが転職エージェントの役割です。

どんなに情報を持っていても、「入社してからわかること」も必ずあります。

そのため「入社後」までは保証できないのです。

一方でジェイックは定着率を公開しており、94.3%と高い数字となっています。

先ほど紹介したように、就職前に講座を受けることで就職後の苦労を減らしてくれます。

また紹介してくれる企業は、

  • 従業員数300名以上が20%
  • 100名が30%
  • 50名以下が50%

と、規模が小さい傾向にあります。

そのため就職した後にミスマッチを感じるケースが少ないと言われています。

ハタラクティブとジェイックの違い まとめ

どちらも20代の就職を重視した転職エージェントと言われていますが、重視している点が異なります。

  • できるだけ早く転職したいという方はハタラクティブ
  • マナーを身につけながら、時間をかけて転職を行いたいという方はジェイック

が向いていることがわかります。

ジェイックとハタラクティブを一緒に利用することで、豊富な求人に触れながらビジネスマナーを身につけられるので、オススメです。

転職の際には、いくつかのエージェントに登録して、それぞれの強みを生かしながら利用することで、転職を成功させられます。