リクルートエージェントで仕事を見つけた私が教える、求人に応募する時の3つの鉄則


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
この記事ではリクルートエージェントで仕事を見つけた私が心がけた「リクルートエージェントの求人に応募する時に覚えておきたい3つの鉄則」をご紹介します。

リクルートエージェントを介して求人に応募するのであれば、あなたの経歴や人物像くらいは相手企業の担当者にはすでに伝わっていることでしょう。

今までどんなことをしてきて、転職にどんなことを望んでいるかなどは担当エージェントにしっかり伝えておきたいところですよね。

何が転職の理由になったのかを振り返り、エージェントと共有することは非常に重要です。

経験を積んだ優秀なエージェントを、しっかり頼りにしましょう。

ではさっそくですが、3つの鉄則は以下の通りです。

  1. 高望みをし過ぎない、卑下しない
  2. 実際に会いたくなるような職務経歴書に仕上げる
  3. 自己PRは何でもあり! ~成果物の概略や熱いエピソードなどを添付して差をつける~

ご参考になれば嬉しく思います。

高望みをし過ぎない、卑下しない

高望みをし過ぎない、卑下しない

よく就職は恋愛に例えられることがありますよね。

それは「マッチング」という観点から例えられています。

マッチングにおいては恋愛に限らず、優秀な学生の大学院の選定や医療の面では臓器移植の際、臓器の提供者と移植希望者にも同様の問題があります。

それは、第一志望に皆が集中するということです。

少しくらい抵抗があっても、気になったら迷わず応募しましょう。

そのときにある求人案件の中でも一番よいものだけを選び続けて、いつまで経っても高い競争にさらされることになってしまっては、なかなか決まりません。

しかしかと言って、転職を急ぐあまりに自分を卑下してしまうのも今より条件が格段に悪くなる原因になり、なぜ転職したのかを再び考えることになります。

やりたい具体的な業務内容と希望年収はしっかりと持つこと。(年収はとくに気にしません、何でもやらせてくださいなどと言わない方がよいです)

自分を高すぎず低すぎず、正しく評価して、今よりつま先をちょっと伸ばした案件を狙うのがポイントです。

実際に会いたくなるような職務経歴書に仕上げる

実際に会いたくなるような職務経歴書に仕上げる

リクルートエージェントでは職務経歴書のフォーマットがあり、記入例に沿ってまずは叩き台を作成します。

その後に、より具体的にかつ簡潔に書くようにします。

プロジェクト名やその規模、自分の担っていた業務などを数字や固有名詞を使って、その業界なら「あー、あれね」と分かってくれる内容であればよいでしょう。

エージェントも相手企業にはあなたのことをきちんと伝えくれますが、相手企業の担当者にあなたのことを伝える唯一の材料が職務経歴書です。

とくに力を入れて作成しましょう。

これでいけそうだと思ったら、エージェントに添削してもらうとよいでしょう。

自分でうまく書いたのに、思わぬところで指摘を受けて、


他人から見たらこう思われるんだ
と新しい気付きがよいところ、悪いところでたくさん出てくるでしょう。
企業担当者

企業担当者
これ、うちも興味がある事業なんだけど、どうだったのかな。一度話を聞いてみたいな。
企業担当者がそう思うような職務経歴書にしたいですよね。

また履歴書については市販のもので十分で、志望動機と記入例どおり作成すれば問題ないです。

手書きの指定がなければ、PCで作成して提出しても同様に問題はありません。

自己PRは何でもあり!~成果物の概略や熱いエピソードなどを添付して差をつける~

自己PRは何でもあり!~成果物の概略や熱いエピソードなどを添付して差をつける~

職務経歴書より、自分の実力や人物像がわかりやすくするために非常に有効なのが自己PRです。

自己PRをA4用紙に書いて添えてくださいという企業も稀にありますが、言われなくてもこちらから自己PRを作成し、添付して他の応募者に差を付けましょう。

私の場合は未経験で今の会社に転職したときに、株式投資をしていたので毎日企業決算の情報や経済指標の流れをメモしており、一年でB5サイズの手帳が数百ページに膨れていました(もっと仕事の方をがんばらないと笑)。

その手帳の外観や内容をスキャンし、応募書類に添えて、「企業分析をするのが得意です」とアピールしたところ、面接当日に「あの企業はダメだったねえ。あの企業は今すごいよね。」なんて盛り上がった経験があります。

結果私はその後、無事採用されました。

また私よりいくつか年下の同僚の男性は趣味で自分が運営しているホームページのスクリーンショットを添付して、PRしたそうです。

何かPRできるものがあると、面接でも自分のペースに持っていきやすいですし、なんでもよいので、わかりやすい成果物があるとぐっと距離が縮みます。

いかがでしょうか。

まだまだ伝えきれないことはありますが、以上が私が実際に経験した3つの鉄則です。

よく今までを振り返り、新しい会社とアナタが過不足なくお互いにマッチングできたら、もう勝ち組ですよ。

諦めずに密度の濃い転職期間にしましょう。

リクルートエージェントの転職者100人の評判、口コミをチェックする