40代の転職希望者が転職に成功するための3つのこと。ヘッドハンティングの可能性も


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。

40代の転職って一般的には難しいと言われています。

しかし可能性が0%だということでは決してありません。

現実は40代を求めている企業は少ないですが、40代は求職者自体が少ないので企業とのマッチングで転職に成功する割合は20代、30代とあまり変わりません。

この記事では、40代だからと言ってあきらめずにどんな人材が採用されやすいか、40代だから聞かれる面接での質問などについて紹介しています。

ご参考になればうれしく思います。

40代の求人応募者に企業が求める3つのことって?

40代の転職は厳しいと言われますが、転職エージェントに40代も採用枠として入っている企業を斡旋してもらうことが必須です。

そのためには、何社か転職エージェントに登録しておくことが重要となります。
40代というだけで、登録の対象にならないパターンもありますので。

どの転職エージェントがよいかを参考にされる場合は、転職エージェントランキングをご参照ください。

そして40代を求めている企業は、入社後のポストを明確にしているパターンが多いので、そのポストに見合った人間であることを、実績、経験、スキルなどすべての面でアピールすることが大事です。

即戦力であること

企業が40代を募集しているのは、「すぐに結果が出せる人材を求めている」ということです。

なので遅くとも、3ヶ月程度で目に見える結果を求められます。

会社に利益をもたらしてくれる、貢献してくれる人材しか求められません。

マネジメントスキル

40代は転職後に部下を持たされることが多いです。

なのでスタッフの管理経験は、必須事項です。

今までの仕事で得たスキル・ノウハウを部下に伝え、成果を上げることが重要視されます。

上司とのパイプ役

40代は上司と部下の間に入って、現場が円滑に回るようにする役割を求められる。

上司の通達をただ部下に伝えることは求められず、それと同時に現場の状態を判断して指導する力がある人間が重宝されます。

深いコミュニケーションスキルが必要とされます。

40代の転職の面接で聞かれること、アピールすべきこと。
仕事の経験や資格も重要ですが、会社に歓迎されるアピール方法を。

40代は一般的には、

  • 家のローン
  • 子供の養育費
  • 親の介護費

など、背負うものが大きいので、採用担当者も現状に見合う給料を支払えるか
どうかをちゃんと考えてくれます。

なので面接で今後の人生設計をどう考えているか?を聞かれることがあります。

また40代は転職した後に、再び転職することは非常に難しいです。

そのために企業側からも、一度入れば定年まで勤務すると思われやすいという
メリットがあります。

面接では


この会社で最後まで勤めきる思いです。御社で私の能力を活かしきりたい。
というような感じで、会社に対する忠誠心をアピールすれば重みと切迫感が増します。

そして今一度考えてほしいのが、スーツの着こなし方です。

スーツを何年も着こなしているので、慣れすぎて身だしなみに気を使っていないことがあります。

40代の転職だからこそ、清潔感が重要です。

それに面接官が年下ということも考えられます。

あんまりなあなあと話しすぎるのも考えものです。

緊張感は常にもっておきましょう。

40代の異業職種転職は現実を見た方がよい。人手不足の業界や知名度の低い中小企業を狙おう

慢性的な人手不足な業界である

  • タクシー業界
  • 不動産
  • 飲食

などは採用率が他と比べて高いです。

現場の業務ではなく、本社勤務や管理職を狙えば、給与的にも不満はない可能性が大。

また知名度が低い中小企業も狙いどころです。

ヘッドハンティングによる転職の仕組み

40代はヘッドハンティングで声がかかり、転職するパターンです。

ヘッドハンティングの仕組みや声がかかりやすい人材について紹介します。

ヘッドハンティングの流れ

  1. 企業がヘッドハンティングの専門会社に依頼をかける
    人材を必要としている企業がヘッドハンティング会社に依頼をかける
  2. 対象者を調査し、引き抜き交渉
    ヘッドハンティング会社の独自の人脈から人材をリサーチし、代理で交渉を行う
  3. 交渉成立後、転職契約を結ぶ
    給料や労働形態などの条件を伝え、対象者が許可したら企業への転職が決定する

ヘッドハンティングを専門としている会社は、

  • 優秀な対象者を探すための調査
  • 人材を求める企業の代理としての交渉

などを生業として報酬を得ています。

なかにはすでに企業が対象者を指名している場合もあるそうです。

ヘッドハンティングされる人材ってどんな人なの?

ヘッドハンティングの対象となりやすいのは、

  • トップビジネスマン
  • 特殊分野の業務経験者
  • 雑誌・新聞などに掲載経験のある人材

などです。

また企業側が開くセミナーで転職のメリットを提示され、その場で
ヘッドハンティングの交渉をされる場合もあります。

その場で断られたときには、その対象者に紹介を頼んでくる企業もあるとか。

自分のキャリアやスキルに自信があり、ヘッドハンティングされたい人は、
企業のセミナーに積極的に参加してみるのも一種の手かもしれません。

転職エージェントから声がかかる場合も

ヘッドハンティング部門を設けているような転職エージェントと契約しているヘッドハンティング会社や企業が、登録者の職務経歴書を見て直接スカウトしてくる場合があります。

なので40代以降は、特化型の転職エージェントを使いましょう。

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 今までの実績を職務経歴書に表記する
  3. マッチングしている企業から声がかかる

リクルートエージェントの評判、転職者100人の口コミをチェックする