ブラック企業を早く辞めたい。辞める勇気を持って得た4つのこと


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。

私たちは人生の少なからずの時間を仕事に使います。宝くじで10億円当たった!とか超お金持ちの息子、娘で働かなくても食べていける。というのなら別ですが、たいていの人は食べていくために、よりよい人生を送るために何らかの仕事をしています。 

そんな1日の少なからずの時間を費やしている仕事がとてつもなく苦痛な状況であったら人生どうでしょうか。 

  • 休みは週に1日あったらいい方で仕事が片付かないので休みの日も出勤してしまう。
  • 上司からは毎日詰められて説教され、時給換算にしたら信じられない薄給で朝7時~23時まで働いて毎日終電で帰る。

冗談抜きでこんな会社はまだまだ世の中にいっぱいあります。そして程度の差はあれども、アナタの会社もこんな状況かもしれません。

こんな人生でこんな会社にいて人間的な生活を送るなんて到底ムリですよね。

私もブラック企業で働いた経験を経て、今はわりと幸せに過ごしています。

これもその時に「ブラック企業は辞めよう。」と勇気を持って退職した結果です。

ブラック企業に勤めるのははっきり言って時間のムダです。

考えるまでもありません。できるだけ早くブラック企業から抜け出して新たな人生を歩んでください。

この記事では、私が働いていたブラック企業を抜け出した結果、得られたものが4つありますので、それらを紹介します。

ブラック企業勤めの人、ブラック企業は辞めるという勇気を持ちましょう! 

ブラック企業を辞める勇気を持った結果得た4つの事とは?

私がブラック企業を辞める勇気を持って退職した結果得たものは、

  1. 自分の時間ができた   → 時間
  2. 友達と遊ぶ時間ができた → 友情
  3. 一生の伴侶に出会えた  → 恋愛
  4. 原因不明の頭痛が消えた → 健康

という人生を送る上で重要な4つのこと、これをすべて得ることができました。

以下ご説明いたします。

ブラック企業は辞める!という勇気を持った結果、自分の時間ができた

私もブラック企業に勤めていましたが、キツかった不動産業は、

  • 8時に家を出る
  • 23時30分に会社を出る

という毎日でした。会社までは電車で30分、ドアtoドアで約45分でした。

疲れているので朝はギリギリまで寝ていましたが、準備があるので6時半起き。

退社してから家でご飯食べたりお風呂入ったりしていると、すぐに深夜2時とか2時半。

若かったので体力的にも耐えられましたが、休みの日以外はまったく自分の時間などなく、毎日何のために生きているんだろうとホントに思ってました。 

今の会社は、 

  • 7時15分に家を出る
  • 18時30分に会社を出る

が平均的です。会社まではドアtoドアで1時間15分かかります。

6時半に起きるのはブラック企業勤めの時と同じですが、家に帰ってくる時間がだいたい20時頃です。

今は寝るのがだいたい0時なので、6時間も寝られますし4時間も自由時間があります。

これが定年まで続くとすると、それだけでスゴイ差が出ますよね。

ご飯やお風呂で1時間取られるとしても、3時間も毎日自由時間があるのでテレビを見たり、読書をしたり、音楽を聞いたりと趣味に時間が使えるわけです。 

ブラック企業を辞めた結果、時間ができてこんなにもゆとりある、人間的な生活を送ることができているわけです。

大違いですよね。

ブラック企業は辞める!という勇気を持った結果、友達と遊ぶ時間ができた

同じく不動産業に勤めていた時の話です。私のいた会社は平日休みで週休1日のみ。

平日の休みは社員内のローテーションでした。 

友人たちはたいてい土日休みの一般企業勤めのサラリーマン。

私もサラリーマンでしたが、休みが合わない。

土日なんて休めるわけもなく、まず8時~23時30分までは仕事で拘束されているわけですから、友達と遊ぶ時間なんてまったくなかったわけです。

平日休みの友人はいませんでしたし、まず日頃の疲れから休みに家から出ることがほとんど無かったくらいですから。

なので友人とも疎遠になっていました。

その後このブラック企業を辞めて、今の会社で働き始めてからは金曜の晩に飲み会があっても参加できるし、土曜の晩なんて当然のごとく参加。

疎遠になってた友人とも元通りの関係になり、充実したプライベートを過ごすことができました。

ブラック企業は辞めるという勇気を持った結果、一生の伴侶に出会えた

上記のような生活をしていると、まず付き合いが悪くなるのは目に見えてますよね。

ということは、友人からのコンパの誘いも断らざるを得なくなりますし、まずコンパの時間にその場に行けない。

どうせ時間がないからと恋愛に対して前向きにならない。という悪循環に陥ってしまいます。

私はブラック企業勤めのときには彼女はいませんでしたが、彼女がいる人でもこんな状態なら関係が悪くなるのはわかりますよね。

同棲でもしていたら別かもしれませんが、別々に暮らしているとまず時間が無くて会えない。

たまの休みも仕事に行ってしまい会えない。

LINEや電話で連絡を取れますが、やはり恋人同士は会わないと必ず関係が悪くなります。

こんな状況もブラック企業から脱出できると変わります。

時間に余裕ができ、コンパにも出席できる、出席できると誘いも多くなる。それだけ、恋愛の可能性が高まります。

私の場合はコンパで知り合ったわけではありませんが、時間に余裕ができた結果、友人たちとの飲み会に連れてこられた知り合いの女性と仲良くなり、最終的にその子と結婚することになりました。 

あのブラック会社にそのまま居続けたら間違いなく、今の結婚生活はないものだと思っています。

ブラック企業は辞めるという勇気を持った結果、原因不明の頭痛が消えた

私が毎日苦しんで働いていたブラック企業にいた時のことです。

私は毎日生気が抜けて死んだような顔をしていたそうですが、それに加えて自分でもわからない謎の頭痛に毎日悩まされていました。 

今考えればストレスや不安などによる偏頭痛だったのかもしれません。

原因は不明ですが、毎日店長から詰められ、社長からも怒られ、会社に誰も信頼できる人がいないという状況に強いストレスを感じていたのでしょう。

この症状もブラック企業から抜け出したらまったく無くなりました。

今当時の私と似たような症状を感じている人がいれば、ブラック企業から抜け出すことで絶対に症状は良くなります。 

ブラック企業を辞める勇気を持ちましょう。そして実際に行動に移してください。

それだけで、アナタの人生を変えることが絶対できます!

転職エージェント利用者300人のランキングをチェックしてみる