異業種に転職して失敗なんてコリゴリ!20代30代40代が異業種転職を成功する方法


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。

他業界への転職を考えられている人、実際どうなの?って思いませんか?

この記事では他業界への転職を成功させるためにすべき3つのことを書いています。

私も全然違う業界を転々とした人間ですので、ご参考頂ければうれしく思います。

もうこの業界で働くのはイヤ!異業種の仕事をしてみたい

転職活動をしていて同じ業界で働くのはもう嫌だ!違う業界で働きたい!とお考えの人って結構いらっしゃるのではないでしょうか?

私も不動産業界で働いていたのですが、その会社が超ブラック企業でとてもこんな会社にはいられない!と思い転職を決意したのでよくわかります。

その会社がブラックだったら同業他社もブラックに思えてきたりしますよね。私の場合は不動産だけは絶対に避けようと心に決めていました。

とにかく働きやすい職場ならなんでもよく、仕事内容は二の次でした。実際に自分が特殊なスキルをもっていたわけでもなかったので。

しかし他業界への転職も、年齢によっては会社が求める条件がかなり違ってきます。

20代の異業種への転職

私が今の会社に転職した際はまだ30歳前でした。たしか28歳だったように思います。一番転職を考える時期かもしれません。27歳、28歳、29歳(20代後半)の転職。未経験の仕事でも大丈夫です。をご参考にしてください。

一般的に20代の転職といえば、第二新卒の人が思い浮かびますが、若干の差はあれど社会人として世に出てからだいたい3~5年くらいの人の転職ですよね。

この年代であれば、他業界への転職もまったく問題なく活動できますし、採用もされるはずです。

というのは3~5年であれば、ある程度前職の仕事の価値も認めてもらえますし、まだ20代ということでポテンシャルも期待できるということで、新卒採用者とほぼ同じように扱ってもらえます。

新卒採用者がちょうど社会に慣れてきて、中だるみを感じてくる時でもあります。

そんな中アナタという人間が入ってくることで、その会社の新卒採用者との切磋琢磨を期待されるでしょう。

20代の転職希望者の人は、日々の仕事をこなすなかで今働いている会社への不満や新たな目標ややりたいことが出てくることもあるでしょう。

そんなときはチャレンジしてみたらいいと私は強く思います。

この年代はよほどのことがない限り、転職に失敗することはないでしょう(ブラック企業への転職だけは気をつけてください)。

  • 今の現状に我慢ができないという人
  • 新たなチャレンジをしてみたい人

該当する人は頑張ってみてください。人生が変わるかもしれませんので。

20代の転職については以下の記事をご参考にしてください。

20代は仕事選び放題とは言え、よい転職を目指すならば早めに動いたほうがライバルに差をつけられます。

よい会社をライバルに取られる前に転職相談して、よい仕事をゲットしましょう。

席は奪い合いになりますので。

転職エージェント利用者300人のランキングをチェックしてみる

自分で行動して仕事を探したい人は転職サイトにも登録を。とりあえずは登録して仕事のチェックだけでもしていた方が、イザというときにすぐ行動できます。


こんな業界で働きたい
とイメージできている方が仕事探しもスムーズにいきますので。

30代の異業種への転職

20代は他業種への転職に関してどんどんやっちゃってください。というスタンスですが、30代となるとだいぶん様相も変わってきます。

30代の転職、ましてやまったくの業界未経験者ともなると会社側も現実的には厳しい判断を下しかねません。

もちろん30代前半でしたらまだまだ可能性もありますが、一般的に30代は40代とともに一番働き盛りの年代であるので、会社側は即戦力となる人材を確保しようとしています。

アナタが未経験であることから、仮に転職できた場合でも収入が下がる恐れは覚悟していた方がいいかもしれません。

最近は晩婚化で30代でも独身の人は大勢いらっしゃいますが、仮に早く結婚していて、それに子供もいるとならば人生設計が大きく狂うということも考えられます。

他業種の転職に対して本当にいいのかという問いかけも自分自身にしてみてください。

同業種の同じ会社ではダメなのか?ダメならなぜダメなのかをちゃんと自分の中で答えを出しておくことが必要です。

他業種に転職する!と決めた場合はなぜその業界に行きたいのかという志望動機が必要です。必ず面接や書類選考でこの手の質問は出てきます。

営業→営業や経理→経理というような仕事内容が同じものなら採用されやすいと言います。

もし今までに何社か職歴があるのならば、以前と同じ業界に戻ってみるとか、現職と関わりがある業界を調べてみるなどチャレンジしてみるのもよいでしょう。

30代の転職については、以下の記事をご参考にしてください。

30代の転職はある意味覚悟が必要です。年齢からも転職に絶対失敗できないと言えますので。

一刻も早く活動した方が選択肢が広まります。頑張りましょう!

転職エージェント利用者300人のランキングをチェックしてみる

自分で仕事を探したいという人は転職サイトに登録すべきですが、個人的にはどちらにも登録すべきだと考えます。

選択肢は広く、行動は早く。転職サイトで仕事探しした結果を転職エージェントにフィードバックするのも得策でしょう。

40代の異業種への転職

40代での他業界への転職ともなると、正直な所相当厳しいと言わざるを得ません。

まず40代での転職というもの自体が20、30代の転職よりも当然厳しく、それに加えて未経験での他業種への転職ともなるとなおさらです。

40代での他業種への転職を考える場合は、会社がイヤで転職を考えているのならば、できれば同業種への転職に切り替えてくださいと言いたいところです。

アナタが乞われてある会社に行くということではない限り、40代での他業種への未経験での転職は止めておいた方がいいと言わざるを得ません。

間違いなく収入は下がりますし、それ以前に採用される確率が30代に比べてグンと下がりますので、転職活動がイヤになると思われます。

しかし外的要因(会社が倒産した、家の事情など)で、どうしても転職をしなければならない人もいらっしゃると思います。

そんな人はまず転職エージェントに登録をして、担当エージェントにアナタのスキルを客観的に判断してもらうことから始めましょう。

40代では転職を検討する人や実行する人がほとんどいませんので、そこに空きが生じることがあまり無いのです。

年齢的にも管理者としての募集がほとんどだと思われますので、今までの部下の育成や管理者として携わってきたこと、人脈などさまざまな経験が必要となってくるでしょう。

これらをチェックしてもらうためにも、転職エージェントの力を借りることが必須でしょう。

他、転職サイトの登録も同時に行ってください。

40代の人の未経験かつ他業界、異業種への転職はプロに相談するのが一番の近道だと考えます。

40代の転職については、以下の記事をご参考にしてください。

転職のプロの力とアナタが今まで培ってきた力を発揮すれば春は必ずやってきます。

影ながら応援しています。頑張りましょう!

40代の転職は四の五の言ってられませんので、転職エージェントにも転職サイトにも今すぐ登録して、今日から転職を始めてください。

思っている以上に仕事探しはキツイでしょうが、やれることをすべてしないと中々思っているような仕事にはつくことができませんので。