初めての転職は不安なのが当然。転職に失敗しないため知っておきたい7つのこと


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
昔と違って今は転職が当たり前の時代です。

周りを見回しても転職組の方が多い職場もあるでしょう。

かくいう私も転職経験者ですし、私の会社も転職者の方が多いです。

私の友人も30歳を過ぎてから急に転職者が増えてきました。

でも仕事が変わるのがはじめての時って、私もそうでしたが不安です。

一般的に、

  1. 次の仕事が本当に決まるのか不安
  2. 年収がきちんと上がってキャリアアップできるのか不安
  3. 転職の仕事探しってどうやってやるのか分からなくて不安
  4. 次の仕事は何をしたら分からなくて不安
  5. 転職できたとしてもよい仕事が見つかるかどうかわからない不安
  6. 転職できて、よい仕事だったとしても自分に合う仕事なのかわからない不安
  7. 次の職場もブラック企業だったらどうしようという不安
がありました。これら7つの不安から初めての転職に失敗しないために知っておきたい7つのことを紹介します。

次の仕事が本当に決まるのか不安

やはり一番の不安はこれでしょう。

自分がちゃんと転職できるかというのははじめての転職経験の時だろうが、どんな年代だろうが関係ありません。

ただやはり転職しやすい年齢はあるもので、アナタが20代で若ければまったく問題ないのですが、年齢が30代後半というような状況の場合、仕事が見つかるかどうかが一番の不安でしょう。

仕事を見つけられるかどうかは、アナタのキャリア、実績、運にもよりますが、
  • 仕事の探し方
  • 何を利用して仕事を探すか

が重要です。

自分自身を見つめなおして、転職活動をすることが必要で、自分のことは自分が一番理解できていると思いますが、転職するにあたって客観的にアナタという人間を見てくれる人も必要ではないでしょうか。

アナタの市場価値がどれくらいあるのかを客観的に判断できる転職のプロがいます。

それが転職エージェントというサービスです。

転職エージェントのカウンセリングでアナタの市場価値を確認し、どの部分が優れているか、どの部分が採用する企業からは厳しくみられるかという評価を見てもらい、転職活動に生かしましょう。

転職は一定のパイの奪い合いですから、すぐに登録して行動に動いたほうがよい仕事に巡り合える可能性が高いです。

転職エージェントのバックアップが、次の仕事が本当に決まるのかという不安を取り除く助けになることでしょう。

年収がきちんと上がってキャリアアップできるのか不安

転職するからには、今の仕事や前の仕事よりも収入を増やしたいと思うのは当たり前ですよね。

「転職する一番の意味はキャリアアップすること」という言葉も良く聞きます。

実際にはとくに年齢を重ねてからの転職の場合などにありがちですが、転職をして年収が大幅に下がったということ例もよく聞きます。

そうはなりたくないですが、どんな年齢の人でも収入が上がってちゃんとキャリアアップができるのかという不安はありますよね。

そんな不安を取り除くためにも、

  • 転職エージェントのキャリア相談で、今の会社や前の会社以上に給与をもらえる会社という条件を出してみる
  • 転職サイトで条件検索をして一定の条件以上をピックアップする

のがよいでしょう。

転職サイトでは、スカウトメールと呼ばれる一定の条件を満たしている人に直接オファーをかけてもらえる制度もありますし、アナタの培ってきたキャリアが生かされる場を提供しようとする企業もあります。

企業からのお誘いは、アナタのキャリアアップを一押ししてくれることが多いはずです。

転職の仕事探しってどうやってやるのか分からなくて不安

詳しくはコチラ↓をご参照ください。

次の仕事は何をしたら分からなくて不安

まず自分が何をできるかを考えてみましょう。

この場合、今まで働いてきた会社での成功体験を思い出してみるのがよいです。

成功体験を思い出すことで、自分がその時に何をしたか、何ができるのかが明確になってきます。

その経験を元にアナタがどういったことで成功しやすかを考え、その成功経験が発揮されやすい職場を選ぶのが、何をしたらいいかというヒントになります。

たとえばプレゼンがうまくいった事があったという成功経験があったなら、
      ↓
なぜそのプレゼンが成功したのか
      ↓
それは市場を分析した結果があったから
      ↓
物事を分析して見ることが得意
      ↓

マーケティングの仕事が向いているのではないか

というような流れで考えていけば、自分が何をしたらいいかがわかるのではないでしょうか。

転職できたとしてもよい仕事が見つかるかどうかわからない不安

はじめての転職で不安を感じるのは、仕事が見つかったとしても、よい仕事が見つかるかどうかわからないこともありますよね。

転職するなら今よりもよい仕事、職場環境にならないと意味がないです。

ただ単に転職するだけなら、そんなに難しくないかもしれませんが、質も求めたい場合も転職のプロに登録して理想の転職先を見つける→のが一番の近道だといえます。

つまりこの場合も転職エージェントに登録して、転職相談してみること。

よい仕事を探すには、求人の質がよくて、こちらの希望に合うような仕事を探すことができる媒体を利用するのがベスト。

その媒体こそが転職エージェントといえます。

仕事を探す代表格はハローワークですが、ハローワークは今でこそ相談ができたりしますが、まだまだ転職希望者に寄り添った対応であるとは言い難い面が多いです。

利益を上げないと会社の存続がかかる一般企業だからこそ、顧客のニーズ(転職者の求めるもの)に合うサービスや質を提供できているのです。

転職エージェントの代表格といえば、超大手企業リクルートの転職サービス。

求人数はぶっちぎりの1位ですし、最大手だからこそ転職サポートの条件が整っているといえます。

大手ならではといえるのがアドバイザーの数が多いので、もちろん優秀なアドバイザーも多いです。

もし担当アドバイザーと合わないという場合も、数が多いので言い方は悪いですが代わりはたくさんいますので、アナタに合うアドバイザーが絶対にいます。

よい仕事をゲットするには、アドバイザーさんと密になって同じ方向を向いて転職活動をするのが一番効果的です。

とことん相談して、アナタの希望や転職するための情報を共有し活動し続ければ必ず、アナタの満足する仕事をゲットできるはず。

譲れないことと妥協できることを決めて、優先順位をつけてアドバイザーに相談してみてください。

転職エージェント側は必ずアナタに合った仕事を紹介してくれるでしょう。

リクルートエージェントの評判、転職者100人の口コミをチェックする

転職できて、よい仕事だったとしても自分に合う仕事なのかわからない不安

転職できたとして、その仕事がよい仕事だったとしてその仕事が自分に合うかどうかわからない。という不安もありますよね。

自分に合う仕事を探すのに一番よい方法は、私も利用したことがある紹介予定派遣がベストでしょう。

仕事内容もそうですが、会社の雰囲気が自分が実際に働いてみることで、深く理解できるのがポイントです。

本当に何もわからない状態で、絶対に転職に失敗したくない!という石橋を何回もたたいて渡るような性格の人は、紹介予定派遣で正社員になるという選択肢も考えてみてもよいでしょう。

次の職場もブラック企業だったらどうしようという不安

ブラック企業に転職してしまわないために、まず一般的な求人募集でのブラック企業の見分け方をお教えします。

すべてが正解ではないですが、ブラック企業には以下のような特徴があります。

  • 通年で人を取り続けていることが多い(とくに若年層)
  • ずっと同じ募集をかけている
  • 条件が良すぎる
これがブラック企業の特徴だ!ブラック会社の見分け方3つの方法に詳細なブラック企業の見分け方を書いていますので、ご参考にしてください。

通年で人を取り続けていることが多い(とくに若年層)

ブラック企業は人を使い倒して使い捨てにすることが多いです。

つまり人はただのコマ。そんな使い方なので人を育てるという考えもなく、代わりはいくらでもいると言わんばかりの人材登用しかしません。

ブラック企業は離職率が格段に高いのです。とくに若い人を大量に取るような会社には要注意を。

ずっと同じ募集をかけている

ずっと同じ募集をかけているのは、専門職すぎて人がなかなか集まらないケースもありますが、そんなケースはまれです。

だいたいの場合、「不人気で皆その会社は良くないと知っている」ので誰も応募しないというパターン。

もしくはこの場合も、離職率が高いので辞めたと同時に募集をかけるので、いつも募集をかけているという感じです。

私が働いていた不動産の会社もそうだったと知ったのは辞めた後でした…。

条件が良すぎる

条件で人を釣ろうという作戦ですね。

これは今までの人生経験も必要となってくるので20歳そこそこの人が見極めるのは難しいかもですが、常識的に募集要項があまりにも好条件すぎるという所は少し警戒してかかった方がよいと思います。

アナタも不安を取り除いてよい転職活動を進めてください。