doda転職フェアはどんな服装で行くべき?東京、大阪、名古屋、福岡、札幌で開催?


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
「dodaの転職フェア、やはりスーツで参加すべきなのだろうか?」とお困りの方も多いでしょう。

この記事では、そんな疑問にお答えすべくdoda転職フェアを過去に利用した私が、doda転職フェアに参加する場合の適切な服装を紹介していきます。

また事前に準備すべき「4つの項目」をお伝えしますので、この記事を読むだけで準備万端でイベントに参加できるでしょう。

読むのに時間もかかりませんので、ぜひ最後までご一読ください。

doda転職フェアとは?出展企業数は日本一

doda転職フェアとは、1日でさまざまな企業に出会える合同説明会のことです。

転職者向けの合同説明会は多いですが、dodaは出展企業数の数がもっとも多くなっています。

たとえば東京開催の場合は3日間で330社もの企業が参加するため、それだけお気に入りの志望先も見つけやすくなるでしょう。

doda転職フェアは、次のように2種類のタイプに分かれます。

  • 転職フェア
  • 転職フェアセレクト

一般的な合同説明会の転職フェアに比べ、転職フェアセレクトでは特定の職種に絞り込んだ企業が集まります。

たとえばプロジェクトマネージャーの経験があるエンジニア向けや、建築・土木施工管理者向けなどです。

転職フェアセレクトは、採用担当者だけでなく現場の責任者も同席することが多いため、より具体的な仕事内容を聞くことができます。

すでに希望する職種が固まっている転職者向けといえるでしょう。

doda転職フェアは「服装」が決め手?スーツ着用ならメリットも!

基本的には、doda転職フェアの服装は自由です。

ただ自由だからこそ、どんなスタイルで参加するか迷う方も少なくありません。

doda転職フェアは、服装が指定されていないケースがほとんどです。

しかし服装自由といっても、

  • 汚い格好
  • 場違いなファッションスタイル

で参加しては、印象を悪くしてしまいます。

ではdoda転職フェアに参加する場合、どのような服装で臨めばよいのでしょうか。

ここからは、男性と女性別に最適な服装を紹介していきます。

男性にオススメの服装

男性の場合、スーツで転職フェアに参加するのがベターです。

周りを見回しても、約8割ほどの人はスーツを着用しています。

スーツを着ていくことで、「本気で転職する気持ちがある」ということを採用担当者にアピールすることが可能です。

ただスーツといっても、新卒の就活時と同じようなリクルートスーツはオススメしません。

就業経験のある転職者の場合、しっかりとTPOに適した服装ができるかという点も重要視されています。

doda転職フェアでの服装は、実際に企業で働いているときのファッションをイメージすることが大切です。

最近ではビジネスカジュアル系の服装を採用する企業も多いため、かっちりしたスーツより、ジャケパンなどややカジュアル感のある服装が好まれることも、珍しくありません。

女性にオススメの服装

女性の場合もスーツが無難となりますが、男性と同じようにリクルートスーツは避けましょう。

ジャケット・シャツ・パンツスタイルや、カーディガン・スカートなどはオフィスカジュアルに最適です。

ただワンピースまでいくと、カジュアルすぎて印象が悪くなってしまいます。

また過度な露出や、アクセサリーの付けすぎにも注意してください。

清楚で「きちんと感」のある服装であれば、スーツよりオフィスカジュアルのほうが相手の印象に残りやすくなります。

転職フェア前日までに準備しておきたい4項目

doda転職フェアでは、さまざまな企業や採用担当者と出会います。

そのため少しでも相手の印象が良くなるよう、事前にしっかりと準備しておきましょう。

ここでは、doda転職フェアに参加する前の4つの準備項目を紹介していきます。

服装や小物を選ぶ

服装や小物は、最低でもdoda転職フェア前日までに用意しておきましょう。

服装はもちろん、

  • バッグ
  • 手鏡
  • ハンカチ
  • ティッシュ

などの小物も準備しておくことをオススメします。

当日は余裕をもって出かけられるよう、前日までにアイロン掛けしておくことも大切です。

必要な書類を用意する

doda転職フェアでは、基本的に次のような書類が必要です。

  • doda転職フェア用の参加票
  • doda転職フェアで使用するエントリーシート
  • 履歴書
  • 職務経歴書

doda転職フェアでは、経歴や希望業種などを記載した独自のエントリーシートを使います。

そのため履歴書や職務経歴書は必須ではないものの、念のため用意しておくことをオススメします。

エントリーシートは当日、イベント会場にて記載することもできますが、事前に公式サイトからプリントアウトして記入しておくとよいでしょう。

出展企業の情報収集

出展企業名については、dodaの公式ページから事前に公表されます。

そのため気になる企業を見つけたら、事前に詳しい情報を調べておきましょう。

少なくとも気になる企業の、事業内容や採用情報、社風、福利厚生などの情報は集めておくべきです。

4ブースを回る順を決めておく

doda転職フェアでは、1日に100社以上の企業が集まります。

またイベント会場では、

  • 転職に役立つ講演会
  • 写真撮影会
  • キャリアアドバイザーによる相談コーナー

なども用意されています。

企業説明会や各コーナーなどは混雑することもあるため、事前にブースを回る順番を決めておくことをオススメします。

そうすることで広い会場でも、スムーズに目的のブースを回ることができるでしょう。

まとめ

doda転職フェアは、転職者向けの合同説明会として全国最大級の規模を誇ります。

参加する企業数も国内トップクラスとなるため、自分に合う志望先が見つけやすいといえるでしょう。

転職フェアに参加する場合、できるだけスーツやオフィスカジュアルが無難です。

今回お伝えしたように、事前にしっかりと準備して、当日はスムーズに各ブースを回れるようにしておきましょう。