人がどんどん辞めていく会社の5つの特徴。アナタの会社もチェックしよう


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
アナタは人がどんどん辞めていく会社は、どんな特徴があるか知っていますか?

まず言えるのは、人がどんどん辞めていく会社はブラック企業である可能性が高いこと。

当記事を読むと、なぜ人がどんどん辞めていく会社はブラック企業で、どんな特徴があるかがわかります。

怪しい会社を調べられますので、遭遇した場合は当記事を思い出してみてください。

実際にブラック企業で働いていた私がお伝えしますので、項目をチェックしていただいて、役立てくださいね。

もし今のアナタの会社に該当するのならば、今後の生き方や仕事探しのヒントになれば、とてもうれしいです。

人がどんどん辞めていく会社はブラック企業である率が高い

人がどんどん辞めていく会社はブラック企業である率が高い

人が定着しない企業というのは、ブラック企業である率が高いです。

ブラック企業の見分け方については、

に詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。

離職率が高いということは、その会社にいるメリットを感じないので社員が退職していくということですよね。

仕事をしてみて、


この会社はなんか違うな。
と考えるからこそ、転職を考えます。

100パーセント満足できる会社というものはなかなか存在しませんが、ある程度満足しているならば退職することはありませんよね。

仮にアナタや他の社員が一目置いている、優秀な人物が退職したならば、

  • アナタの会社に未来はない
  • 今後良くなる見込みがない

と判断して退職した可能性もあるでしょう。

そういった意味で、人がどんどん辞めていく会社はブラック企業であると言えます。

自分の会社がブラック企業であるという判断をしたら、転職する場合には転職口コミサイトに登録しましょう。

目星をつけている会社をチェックした上で、その会社に転職するかどうかを見極めるのがオススメのブラック企業回避の方法です。

人がどんどん辞めていく会社の5つの特徴

人がどんどん辞めていく会社の特徴5つ

人がどんどん辞めていく、離職率の高い企業はどんな特徴があるのでしょうか。

  1. 雇用条件が悪い
  2. 社員を大事にしない風潮
  3. 仕事がおもしろくない
  4. 社長(もしくは経営陣)の経営力がない
  5. 会社が今後よくなる見込みがない

雇用条件が悪い

社員が辞めていく職場の理由の主な原因は雇用条件の悪さでしょう。

  1. 朝から晩まで働いているのもかかわらず、給料がそれ相応にもらえていない
  2. あきらかに安月給でこき使われている(次の項目の社員を大事にしないにも通じます)
  3. 休みが少なく、休日出勤が当たりまえになっている

このような例が考えられます。

雇用条件の悪さが社員を退職や転職へと走らせるのは当然の結果でしょう。

社員を大事にしない風潮

企業というのは社員の集合体でなり立っています。

それぞれの社員が自分たちの仕事をまっとうしているからこそ、企業としてなり立っているのです。

社員の集合体ということは、社員が満足して働けていないと会社はよくなりませんよね。

  1. 社員を働かせるだけ働かせて、ミスがあった時は部下の責任で上司は助けの手も差しのべない
  2. いつも怒号がとんでいて、社員がビクビクしながら仕事している
  3. 残業が当たりまえになっていて、それが異常な状態であるという認識がない

会社で仕事をしている社員が気持ちよく働ける状態にするのが、企業としての最低限の役目。

それを理解していない社長や上司、パワハラやセクハラが横行する職場では社員が退職していくのも当然です。

仕事がおもしろくない

仕事がおもしろいと感じるのはなかなかハードルが高いと現役サラリーマンである私も思いますが、仕事のおもしろさは達成感ややりがい、目標に関連しています。

達成感ややりがい、目標がないと仕事を辞めたいと考えがちです。

仕事は基本的にツライことの方が多いのは、働いた経験がある人ならご理解いただけますよね。

ただ単にツライだけでは「仕事がおもしろくない」と感じて、退職を考えてしまいがちです。

ツラさの中にも達成感や目標とすることが出てきて、目標とすることに向けて行動するような指針がないと「仕事がおもしろくない」で終わってしまいます。

モチベーションの問題とも言えますが、上司が各部下にあたえる仕事の量や質を見極めることも関係しているでしょう。

社長(もしくは経営陣)の経営力がない

社長や経営陣の判断で企業は大きく変わるもの。

それは会社としての経営方針は当然のこと、社員をどのように管理するか、待遇や環境をととのえるということにも関係しています。

待遇や環境の要素をないがしろにして、自分が神様とでも勘違いしている経営者、いわゆるワンマン社長の場合はほぼその社長の独断が、会社の経営を左右する状況となります。

ワンマン社長の判断が正しければよいのですが、間違っている場合は社内の環境が悪くなったり、経営が傾くようなマイナス要因にもなりかねません。

会社が悪くなっていくのが目に見えてわかってきたのならば、社員はそれを理由に退職を考えるのが当然です。

仕事はその会社だけではなく、他の会社でもできるものですので、転職するのも当然でしょう。

会社が今後よくなる見込みがない

昨今の世の中の環境は、目まぐるしく変わっています。

新しいサービスが出てきて、古いサービスが通用しなくなったり、企業側も世の中のニーズに変化して対応していくことが求められていますよね。

老舗だと言ってあぐらをかいていると、時代に取り残されてジ・エンドということにもなりかねません。

企業側の仕事のあり方が本当に問われているのが、今の時代です。

もちろん問われているのは仕事のあり方以外でも、職場の環境整備や会社内の制度にもかかわっています。

ある程度の社内環境の整備がないと(休みや福利厚生や給与)、働く社員すら入ってきません。

仮に入ってきたとしてもすぐに社員に見かぎられ、退職や転職をされてしまうでしょう。

企業側は社員を管理するだけではなく、環境整備をととのえることや仕事のあり方を考える必要があります。

アナタの会社は人がどんどん辞めていく会社ですか?

アナタの会社は人がどんどん辞めていく会社ですか?

少しアナタの会社のことを考えてみてください。

人がどんどん辞めていく会社に属していて、上記の特徴5つの大部分に当てはまる場合アナタはどうしますか?

  1. そのまま会社に残る
  2. 会社を変えるよう努力する
  3. 退職→転職を試みる

考えられるのは上記3つですが、アナタはどれを選択しますでしょうか?

そのまま会社に残っていても状況が良くならない可能性は大ですし、会社組織を変えるのは一筋縄ではいきません。

すでにアナタが不満を抱えている場合、最後の手段として退職→転職を考えるというのが現実的ではないでしょうか?

私も以前ブラック企業に勤めていた頃、人がどんどん辞めていく現状を目の当たりにしました。

その会社にはやはり未来が無かったので、アナタも会社を脱出するならば今のタイミングかもしれません。

アナタの会社で人がどんどん辞めていっている場合、間違いなくブラック会社です。

一刻も早く脱出しないと、体調の不良やうつ病の原因となって取返しのつかないことになることでしょう。

ブラック企業勤めの人はなかなかスキルが身につかないので、気づいた時にはまたブラックに行ってしまうという傾向があります。

この傾向を終わらせて、ブラック以外の仕事をしませんか?

もし仕事の探し方がよくわからない!とお悩みの方は一度自分に合いそうな転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

転職エージェント利用者300人のランキングをチェックしてみる