やりたくない仕事を続けるか転職するかを判断する3つの基準


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
  • やりたくない仕事を今後も続けるべきなのかどうか…
  • 今の仕事やりたくないし面白くない仕事だけど、給料はいいんだよなあ…
  • 本当にやりたい仕事なんて皆がつけるわけじゃないし…

自分がやりたい仕事をしている人には憧れますし、羨ましいですよね。

ただ働いている人全員がやりたい仕事をしているわけではありません。

ほとんどの人がやりたくない仕事を本業として、生活のために仕方なくという人が大半でしょう。仕事は仕事と割り切って過ごしているのが当たり前かもしれません。

そこでこの記事では、やりたくない仕事をしている人は、今後もその仕事を続けていくべきなのか、それともいずれは転職すべきなのかを書いています。

この記事をご参考にしていただくと、いずれは転職すべきなのか、とどまって会社に居続けるべきなのかがわかります。

やりたくない仕事を続けるか転職かを判断する3つの基準

皆さんはやりたい仕事をしていますか?

人生において仕事というのは、かなり重要なウェイトを占めていますよね。

どんな仕事をするのかは、慎重に選ぶべきだと思いますが、必ずしも最重要視するべきことではありません。

「仕事に必要な大切な要素の順位付け」は、

  1. お金
  2. 自分にできる仕事かどうか
  3. やりがい、やりたい仕事かどうか

の3つを基準とすべきです。

その他、会社に勤めているならば、「人間関係」など色々な意見が出てくるでしょうが、あくまで私たちが「一労働者として生活していく上で必要な要素」という点での基準です。

これらの要素が順位付けです。

あくまで私の考えなので賛同できないとおっしゃる人もいらっしゃるでしょう。

私は自分がやりたい仕事かどうかに対しては重きを置いていなく、順位は高くありません。

理由は後述いたします。

まずはなぜ、この順番にいたったのかをご説明いたします。

やりたくない仕事を続けるか転職するかを判断する1つ目の基準ーお金

私たちはなにかしら働いてお金を得ないと生きていけませんよね。

どんなに綺麗ごとを言ったとしても、お金のために仕事せざるを得ないのが現状です。

タダ働きして労働することなんてボランティア以外ではありませんよね。

余裕があるからボランティアをするのです。

極端な例ですがアナタが食べるものがなくて、生きるか死ぬかの瀬戸際の時に、一番必要なのは食料ですよね。

その食料を買うためにお金が必要だとすると、お金って絶対にいるものだということはわかりますよね?

これは極端な例ですが、一般的には単に食料のためだけではなく、人間的な生活の楽しみを増やすためにもお金は必要です。

  • 借金に苦しんで、お金のことばかり毎月考えて生活する。
  • お金には余裕があって、今日は何を食べようか、何を着ようか、どこに遊びに行こうかと考える。

どっちが楽しいでしょうか?

答えは1つですよね。

もちろん後者が100対0で勝ちます。

お金が人生を豊かにすることは間違いないです。

そして労働の対価として、受け取れるのがお金なのです。

やりたくない仕事を続けるか転職するかを判断する2つ目の基準ー自分にできる仕事かどうか

自分が何が得意かというのは自覚していたり、自覚していなかったりします。

自覚している人は、その道を極めるためにそれぞれの道を進みます。

たとえばスポーツ選手なんてそうですよね。

サッカー、野球、水泳など、自分がそれまで培ってきた得意なことを極めて、得意なことを自覚して、それらを生業として生計を立てています。

それとは別に自分が得意でもないけど、訓練することでできてしまうので、それを職業としている人もいます。

サラリーマンはそのもっとも最たるものでしょう。

一部の凄いやつを除いては元々のポテンシャルなんてそんなに変わりません。

学校卒業後、たまたま採用されたその会社で、常に訓練を受け、自分は自分でスキルアップのために勉強し、経験したことによって、その会社内の中では、ある事柄に得意になっていくというパターンです。

私も含め、サラリーマンをやっていると大概そのようなパターンである事が得意になる、その業界内で転職したりする人が出てきます。

もちろん、今の仕事に携わったままの人もいます。

「別にやりたい仕事でもないけれど、他にできる仕事もないし、今のスキルでご飯を食べることができているならまあいいか。」というような考えの人は多いと思いますし、私もその一員です。

自分ができる仕事をしていると評価される場面も多くなりますし、ほっといてもやりがいとか愛着なんて出てきます。

やりたい仕事じゃないからムリ!と考えているのはもったいないです。

やりたくない仕事を続けるか転職するかを判断する3つ目の基準ーやりがい、やりたい仕事かどうか

上記「自分にできる仕事かどうか」とリンクしますが、自分にできる仕事ならば必ずやりがいって生まれてきます。

なぜなら「できる仕事」ですから。

できない仕事は面白くもないですし、達成感もありません。

「できる仕事」ならば、達成感をしょっちゅう感じることができますし、その仕事に関して面白さすら感じてくるかもしれません。

やりがいってやはり重要なのです。

ここで「やりたい仕事かどうか」という議論になってきます。

やりたい仕事=幸せになれる仕事ではない。

ということを肝に銘じてください。

自分がやりたい仕事についているのにも関わらず、成果がでないという状況ならば、自分ができる仕事について、バンバン成果が出ている方が楽しくないですか?

もちろん「自分のやりたい仕事で成果も出している」というのが理想的ではありますが、そんな状態の人は恐らく100人いたとして、5人位が妥当な数でしょう。

なんなら、もう少し少ないかもです。

やりたい仕事よりも、できる仕事についた方が幸せになれる率が高いでしょう。

私なりにやりたくない仕事について考えてみました。

結論は以下です。

やりたくない仕事は辞めてもいいけど、自分ができる仕事にはついた方がよい。

「やりたくない仕事についているけど、自分のスキルでめちゃめちゃ契約取れるしなあ。」という人は、今の状態がよいでしょうが、好きでもない仕事についている事ことが嫌ならば、仕事を辞めることについて真剣に考えてもよいでしょう。

その逆にやりたい仕事についているにも関わらず、中身が空っぽならもうどうしようもありません。

やりたいだけじゃ会社は認めてくれません。

利益を生み出す行為がないと意味はないのです。

いずれクビか左遷が待っているようなものでしょう。

アナタも「あまりやりたい仕事ではないから…」と食わず嫌いする前に、チャレンジすることをオススメします。

あまりやりたい仕事ではなくても、実は自分がめちゃめちゃその仕事に向いてて、アッという間に成果が出て評価され、上のポストにつけるような事もあり得ますので。