仕事が嫌でたまらない。仕事が嫌すぎるアナタがすべきたった1つのこと


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
  • 仕事が嫌でたまらない!
  • 仕事が嫌すぎる!
  • 仕事が嫌すぎて吐きそう

仕事嫌すぎてたまらない、仕事が嫌すぎるのは自然なことでありますが、ずっとその状態が続くのはよくないことです。

この記事では毎日毎日「仕事が嫌でたまらない」「仕事が嫌すぎる」と悶々と思っている人が、最終的にすべきたった1つのことを紹介しています。

この記事をご参考にしていただければ、「仕事が嫌でたまらない」「仕事が嫌すぎる」人も悶々とせずに何をすべきかわかります。

毎日悶々と「仕事が嫌でたまらない」「仕事が嫌すぎる」と考えているのならば、仕事を変えてみるのも1つの手です。

転職エージェント利用者300人のランキングをチェックして最高の転職先を探してみる→→→

仕事が嫌でたまらない、仕事が嫌いなことには理由がある

仕事が嫌い、仕事が嫌でたまらないことには理由がある

「仕事が嫌でたまらない!」という人、世の中にはいっぱいいらっしゃるのではないでしょうか?


毎日思ってるよ!
という人もいるでしょうが、そう思いながらも会社にきちんと通えている場合はまだ救いがあります。

問題なのは毎日毎日信じられないくらいに憂鬱に感じて、出社拒否寸前の人です。

仕事のことを考えると、

  • 体が変調をきたす
  • 頭が痛くなる
  • 吐きそう

というような人。

アナタ

アナタ
もう会社に行きたくない!仕事なんてしたくない!
と毎日思うけど、結局職場に行ってしまう(アナタは基本的にはマジメなので)。

  • アナタを必要以上に虐めてくる上司
  • どうしてもイヤな人が社内にいる
  • 仕事についていけない

など、さまざまな憂鬱になる理由があると思いますが、

  • 仕事が終わるまではいつものように憂鬱に過ごすことになって、心身ともに疲れて家に帰る。
  • 翌日も同じ生活が始まって、結局職場に行って仕事が終わって帰るまで、憂鬱な時間を過ごすという永久ループを繰り返している。
  • 休みの日も明日から仕事だと思うと、ため息しか出ない。

こんな人はちょっと考えた方がいいかもしれません。

何を考えるかというと、自分の仕事についてです。

アナタも何かがキッカケで、今の仕事を選んでいますよね?

でもその選んだ仕事で、

  • やりがいをまったく感じない
  • 入ってみたら想像と全然違うかった
  • 人間関係が最悪
  • イジメがある

など、現実の仕事と自分の理想とのミスマッチを感じて、仕事が嫌でたまらない、嫌で嫌で仕方がないと毎日悶々としてませんか?

鬱の一歩手前状態にまでいっている人もいるかもしれません。それでも、


辛いのは自分だけじゃない。頑張ってたらいつか状況は良くなる。
と仕事のために生活を捧げているようなことはありませんか?

マジメな人ほど、仕事のために生活を捧げてしまいがちです。


自分がダメだから、こんな状況を産み出しているんだ。
というようなことを考えれば考えるほど、どうしたらいいか分からなくなったりします。

この時点で、アナタに一つ確かめて欲しいことがあります。

仕事が嫌でたまらないアナタに確かめて欲しいこと

今のアナタが毎日仕事が嫌でたまらない状態なのは、耐えられないくらいに嫌で(たとえば病気になりそうな程なのか)、このまま今の職場で働いていても、改善の余地がないのかどうか?

それとも一時的に嫌なことが重なってて、仕方なく仕事のために生活している状態なのか?を確認してください。

後者の一時的なことが原因という場合は、働いていたら仕方ない部分もあります。

私は営業の仕事をしていますが、たまにお客様のクレームが頻発することが。

しかもなぜか、クレームというものは同時多発的にやってくるもので、その対応に何件も数日間追われることになります。

こんな時は仕事のために生活している状態になり、昼も夜も関係ない状態でホント仕事に行くのが嫌で嫌でたまらなく、逃げ出したい気持ちになります。

ただこの状態もクレームが解決すれば元に戻りますので、一時的なものです。

ゴールが見えているので、そこを目指せばよいだけのことですから。

問題は前者の耐えられないくらいに嫌な状態がこれからも続き、改善の余地がない場合です

私の例でいうと、永遠と問題の解決しないクレームが起こり続けるという状態。考えただけでもゾッとします。

疲労困憊し精神的にもやられて、逃げ出したくなりますよね。クレームを例に挙げましたが、

  • 仕事が忙しすぎて帰るのが深夜になる
  • 上司がアナタばかりに怒号をとばす
  • 社長がワンマンで自分の好きなようにしている

というような例でも同じことです。

改善できればよいのですが、なかなか厳しい状況ですよね。

仕事が嫌でたまらない状況が永続的に続くのは、明らかにおかしなことで必ず原因があります。

アナタも仕事が嫌でたまらない状況であるなら、原因となっていることはよくわかっていることでしょう。

嫌でたまらない仕事をこのまま続けていいのか?

嫌でたまらない仕事をこのまま続けていいのかな?と思う時はありませんか?

毎日仕事のことを考えるたびに、ブルーになるという人、それでもなんとかムリして頑張っている人に言いたいことがあります。

今の仕事以外にも仕事はあるということです。

人間、体が資本です。現代社会では過度のストレスで体調、精神に変調をきたす人は少なくありません。

しかし一度でも過度のストレスで体調、精神に変調をきたすと、簡単には社会復帰できなくなる恐れがあります。

社会復帰できなくなると大変です。そこまで嫌で嫌で仕方ない仕事なら、こちらから見切りをつけることも必要かもしれません。

このまま働き続けて病んでしまうより、まだまだ余力のあるうちに次のステージを見つけた方が、これから先の人生も実りがありますよね。

世の中の働いている人は皆そうなのですが、人は収入を得ないと生きていけません。

収入を得る方法=仕事をするという人がほとんどでしょう。

もちろん親が超お金持ちで親の庇護にある人や、ホームレスという特殊な状況は除きます。

通常人は働くことでお金を得て、それを生活に回しています。

つまり仕事というのは「生活するための仕事」であって「仕事のための生活」では無いのです。

中には仕事が生きがいで、仕事のための生活になっている人もいます。

アナタの周りにも


仕事が生きがいだ
と言っている人はいませんか?

決して悪いことではないですし、そういう生き方も否定はしませんが、個人的には「仕事は生活のため」という思いが強いです。

仕事のために生活するのは辛いですし、耐えられません。

同じ働くならば、毎日仕事のために生活するのではなく、生活のために仕事をしたいです。

たまには嫌なこともあるけど(というか嫌なことがまったくない仕事なんて、世の中にはないはず)、充実感を感じられる仕事や人間関係のよい仕事につきたいですよね。

毎日毎日出社前にため息をついて、頭が痛くなるほど仕事が嫌でたまらない、仕事が嫌で仕方がない状況に追い込まれたら、アナタも将来を考えてみてください。

仕事は辛い時が多いですが、辛いことしかない仕事は仕事ではありません。 

仕事のための生活ではなく、生活のための仕事につきましょう。

ブラック企業を辞めて生活のための仕事を探す時に私が利用したのは、仕事歴や実績からマッチングした仕事を紹介してくれる転職エージェント「リクルートエージェント」でした。

リクルートエージェントは、誰もが知ってるリクルートが運営する転職サービス。

プロの転職エージェントがあなたの過去の仕事からマッチした会社、仕事を面談の上でご紹介してくれます。

何人もの転職希望者を転職へと導いてきた歴戦の転職エージェントが、あなたを担当しますので、今より条件のよい、キャリアアップできる仕事を探してくれます。

嫌でたまらない仕事に一生振り回される前に、アナタも身の振り方を考えてみてはいかがですか。

転職エージェント利用者300人のランキングをチェックしてみる