リクルートエージェントでITエンジニアの仕事を探そう!評判と体験談をご紹介します


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
数ある転職エージェントの中でも得意不得意があったり、サービスの細かな違いがあったりしますが、この記事ではリクルートエージェントを利用したエンジニアの仕事についてご紹介します。

エンジニアにはどのような種類がある?

エンジニアにはどのような種類があるか

一概にエンジニアといっても多岐に渡りますので、ここではITエンジニアについて種類と概略をご紹介したいと思います。

プログラマ

システムエンジニア(SE)などが作成した仕様設計書をもとにプログラミングをするエンジニアです。

言われたとおりにコードを書いていくことになるので、受動的な業務ではないかと思われがちですが、プログラマ自体が人材不足であることから中級レベルであれば、比較的条件がよいことが多いのが現状です。

またプログラムをテストして、バグを発見・修正するデバッガ兼プログラマ、SE兼プログラマなど人材不足のために兼任している部署も多く存在しています。

派遣形態で働く人も多く、柔軟な働き方もできます。

システムエンジニア(SE)

システムの設計から開発、運用までを計画していくエンジニアです。

システムを納める顧客からヒアリングすることで、詳細を仕様設計書に落とし込むことになります。

  • 技術力
  • 的を射た質問をする能力
  • 顧客の業務知識
  • コミュニケーション能力

など広範囲に渡ってスキルを身につける必要があります。

また昨今では、開発の際に海外で委託することも多く、システム自体も日本国内だけではなく海外でも展開することが多いため、英語力も要求されることが多いのです。

転職の際にキャリアアップを目指すなら、ぜひ英語力をアップしておきたいところです。

いつもモニタの前で開発しているわけにもいかないため、プログラマの中でもいずれはSEを目指したいという人もいれば、プログラマに徹したい人と意見が別れることもあります。

ちなみにシステムエンジニアはよく和製英語であると言われますが、この真偽については半々といったところです。

海外にもEngineerはありますが、Systemに限らず日本でいうSEよりも広範囲で用いられます。

日本で従事するSE職とはSoftware Engineerが大半とも言われています。

社内SE

ITエンジニアとして働く場合、何もIT企業だけに限られることではありません。

IT企業ではなくても、たとえばメーカー企業では製造ラインの他に社内システムを自社で開発していることが多くあります。

このとき自社でシステムを提案・開発・運用するのが社内SEと呼ばれるエンジニアです。

勤務条件は所属している企業とは独立していることも多く、給与体系もよく、企業側の需要も強いため比較的人気があります。

プロジェクトマネージャ(PM)

一つの案件(プロジェクト)に対して、予算や進捗などを管理し、元請から委託企業までを総指揮するエンジニアです。

SE以上に業界・業務の知識や単価についても、より深い知識が求められます。

詳細なシステムを企画・開発することよりも、案件についてのマネジメント業務に専念します。

開発の上流・下流工程で職種も変わりますが、どんな媒体にシステム開発をしていたかでも転職活動は変わってきます。

ネットワークエンジニア、データベースエンジニア、Webエンジニア、制御・組込エンジニア

また開発していた言語環境やバージョン、どんな業界向けに開発したかも重要になってきます。

開発環境が経験したことがあるようなものであるならば、作業効率に不安なことはありませんし、業界知識があれば新しい戦力にもなります。

コーディングが得意というプログラマはたくさんいますが、業界・業務知識がなければ新しい提案はできません。

また簡単に陳腐なものを提案することもできないため、柔軟な思考と困難に打たれ強いタフさもエンジニアには要求されます。

リクルートエージェントでエンジニア職の仕事探しってどうなの?

リクルートエージェントでエンジニア職の仕事探しってどうなの?

転職サイトには、そのサイトが注力している分野で独自の強みと弱みがあります。

リクルートエージェントの場合は、全業種に広く豊富な案件を持っています。

IT業界大手の求人案件も多く、その多さにはそれなりに満足のいくものです。

ただし他の転職サイトには、ITエンジニアを専門とした転職サイト、転職エージェントがあります。

また転職活動期間が長引くにつれて、エージェント型の転職サイトでは紹介案件も減っていきます。

リクルートエージェントでエンジニアの仕事を探すことにこだわらず、こうした他の転職サイトと併用することをオススメします。

リクルートエージェントでのエンジニア転職体験談

リクルートエージェントでのエンジニア転職体験談

リクルートエージェントでエンジニア転職を成功させたYさんに話を伺いました。

私がリクルートエージェントで転職を成功するために気をつけたことは、

  1. 自分の現在のエンジニアとしてのレベル、過去の実績の詳細を説明した
  2. 自分がどんな業界に対して、どんなシステムを開発したいかを明確にした

ことです。

これは転職エージェントや相手企業の採用担当者にも、自分のことをあらかじめよく知ってもらうきっかけになります。

紹介案件にも、希望とのミスマッチが少なくなることに繋がります。

とくにキャリアアップを目指した転職を希望している人ではなく、ブラック企業から逃げ出すように辞めてしまったという人。

どんなものを開発したいかを伝えることより、何でもいいから転職したいと思ってしまいがちですが、きちんとした自分の希望を具体的にエージェントや採用担当者に伝えることが非常に重要です。

リクルートエージェントの転職者100人の評判、口コミをチェックする