【仕事の探し方がわからない】転職方法ベスト11を徹底解説!


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した編集長のオダです。
ニートから仕事探しをする場合にも、現職がイヤになって転職をする場合にも、転職自体が初めてだったり、転職経験が何十年も前だったりで

仕事の探し方っていったいどうしたらいいのかわからない!
という人は多いですよね。

現在一番ポピュラーな仕事の探し方は、「転職エージェントを利用すること」です。

どうしたらわからない場合は、何をすれば、どういった仕事を見つけられるか?すらわかっていないことが多いです。つまり、仕事が全然見つからないままムダに時間が過ぎていく。

転職、仕事探しは決して甘くありません。

だからこそムダな時間が経って、取り返しのつかないことになる前にプロの力を利用して、プロと一緒に転職、仕事探しを真剣に考えていくことが、アナタに合った仕事探しの第一歩なのです。

リクルートエージェント
  • 転職のプロである「転職エージェント」がアナタを完全にサポート!
  • 履歴書、職務経歴書の書き方も完璧に指導!
  • ブラックではない仕事を紹介してもらえる
  • もちろん無料で利用可能です

リクルートエージェントに登録して理想の転職先を見つける→

この記事では転職エージェント含めどのように仕事を探したらいいのか、その方法を紹介します。

転職エージェントで仕事を探す

転職エージェントで仕事を探す

転職エージェントとは、いうなれば「プロの転職の案内人」です。

転職する際に何からはじめればいいかわからないという人は、まず転職エージェントに登録するのをオススメします。

もちろん転職のビジョンがありどんな仕事がしたいかわかっていて、能力もあるので誰の力も借りなくても転職なんて簡単にできるよ。という人もいるでしょう。

そんな人は読み飛ばしてもらってかまいません。

ただ転職するのに、どうしたらいいかわからない。そんな人は転職のプロの力を借りましょう。

リクルートエージェント
  • 転職のプロである「転職エージェント」がアナタを完全にサポート!
  • 履歴書、職務経歴書の書き方も完璧に指導!
  • ブラックではない仕事を紹介!
  • もちろん無料で利用可能!

リクルートエージェントに登録して理想の転職先を見つける→

希望求人はもちろん、アナタに合っていると思われる仕事、そして一般では応募していない求人情報も紹介してもらえます。

募集している会社に対して、アナタがマッチしていると思われる場合、採用に近づけるようなアドバイスをいただけますし、会社へのアピールもしてもらえます。

いたれりつくせりの転職サービスですので、まずは転職エージェントの登録から第一に考えてみてはいかがでしょうか?

転職エージェントを利用するメリット

  • 無料で利用できる
  • 会社とアナタを橋渡しするのは転職のプロ。働きたい会社の生の情報を得られる。
  • 他では出していない求人情報を得られるので、チャンスが広がる。
  • アナタに合っている会社を紹介し面接までのおぜん立てまでしてくれる、それにアナタのことを多少なりとも口添えもしてくれる。
  • 仮に希望の会社に採用されなかった場合、その結果を教えてくれるので次の会社を受ける際に参考にできる。

転職エージェントを利用するデメリット

  • エージェントが主導となって転職活動を進めていくことが多いので、グイグイ仕事を紹介されたりする。自分の希望や条件、何をしたいかという気持ちをもつことが必要。
  • 自分の担当アドバイザー次第になるので、誰がアナタの担当になるかで転職活動が大きく代わる。
  • 就職・転職サイトなどの一般応募の人と募集時期が被った場合、エージェント経由で応募しているアナタの方が優秀ではない。とみなされた場合は、採用が厳しくなる。

デメリットの最後の文言ですが、これはなぜかというと転職エージェントというサービスの性質によるものです。

転職エージェントは紹介した人がその会社に採用されると、会社側から報酬をもらいます。この報酬が、転職エージェントの収入源の基になっているわけですね。

しかも決して安い額ではありません。年収400万円の人でしたら、100万円程度。単純に25%が支払われる計算です。

会社によって変わるそうですが、大体年収の25~35%くらいが成功報酬として支払われる目安だそう。

なので転職エージェントは採用する側も本気で人を取りたい。と思っているので、お金がかかるということです。

アナタよりも優秀であると見なされた一般応募の人とアナタの応募が被ったら。

わかりますよね?会社側は100万円を支払わなくてもよいのです。

これもアナタ1名のみの応募であったり、アナタが圧倒的に優秀と判断されれば回避できることですね。

そのような求人に応募することが近道ですし、担当アドバイザーの方に聞いてみるのがよいでしょう。

もう一度言います。転職エージェントは採用する企業側もお金を払っているので本気です。

本気の求人募集に対してアナタも準備してみませんか。

求人・転職サイトで仕事を探す

求人・転職サイトで仕事を探す

今は昔に比べて、インターネットでの仕事探しが当たり前になっている時代ですので、求人サイトや転職サイトも世の中にはたくさん存在しています。

求人・転職サイトでの仕事探しはインターネットが接続できる状態ならば、無料の会員登録をすれば、いつでもどこでも仕事探しができるという利点があります。

それに最近ではほとんどがモバイル対応していますので、スマホから外出先であろうが仕事探しができ、細かな条件検索も可能なので、外出先からでも自分の条件に合う企業を調べられます。

求人・転職サイトで就職活動を行う場合、会員登録をすれば無料でそのサイトの機能が利用できるので間口が広いのですが、逆に言えばとくに条件がない限りは誰でも募集に応募することが可能です。

採用担当者の中には、就職希望者のレベルが低いというイメージを持っている場合もあります。

そして無料の求人・転職サイトでも、面接対策や履歴書職務経歴書の書き方等は学べますが、転職エージェントの就職までの手厚いサポートに比べると多少なりとも差があると感じます。 

求人・転職サイトを利用するメリット

  • 無料で利用できる
  • いつでもどこでも仕事が探せる。とくにスマホがあれば問題ナシ
  • 就職、転職するための読み物が充実しており、適正診断などもできる
  • 詳細な条件検索が可能
  • スカウト機能により企業から連絡がある場合もあり
  • 転職エージェントには就職の際にエージェントへの支払いが発生するのに対して、こちらは求人広告で成り立っているのでエージェント経由の応募より同じレベルの人なら採用される率が高い
  • 自分の裁量で転職活動ができる

求人・転職サイトを利用するデメリット

  • 誰でも利用できるので、採用担当者の中には応募者のレベルに疑問を持っているとい認識の人もいる
  • 自力で面接対策などをする必要がある、受ける会社の詳細な情報をもらえないなど転職エージェントに比べると就職するまでのサポートが薄い
  • 自分の裁量で転職活動ができるということは、自らがすべての行動(申し込み、面接のアポの設定など)を管理する必要がある
  • 選考に落ちたときの結果しか分からなく、詳細がわからないので今後の対策が転職エージェントに比べて取りにくい

リクナビネクスト
リクナビNEXTに登録して理想の転職先を見つける→

ハローワークで仕事を探す

ハローワークで仕事を探す

仕事の探し方で一番手間がかからず、誰でも利用ができるのがハローワークです。仕事探しでは一番ポピュラーな探し方ですね。

国(厚生労働省)が管轄していますので各自治体にありますし、仕事を辞めて転職活動をする際に失業保険をもらうのも、ハローワークを利用しないと失業保険がもらえませんので、使用する頻度は多いです。

しかしハローワークだけで仕事探しをするのはよくないとの評判です。

なぜなら事業者側はどんな企業であっても募集ができるので、必要な資金もいらず、まれに詐欺まがいの業者が紛れ込んでいたりすることがあります。

それに募集内容と実際に就職、転職してみて働いた場合の条件が全然違う!という目に合うことも。

もちろんちゃんとした条件で人員募集をかけている企業がほとんどなのですが、ハローワークでの転職で痛い目にあったという人は多く、一般的な評価は低めですね。

ハローワークはメインではなくサブ的扱いで使用して、本気で人を取りたいと思っている企業が集う求人・転職サイトや転職エージェントなどで仕事探しすることをオススメします。

とくにもう絶対に転職で失敗したくない!という人には紹介予定派遣が絶対にオススメです。

ハローワークを利用するメリット

  • 無料で誰もが利用できる
  • 各市町村にあるので利用しやすい
  • 全国の情報が取れる(IターンやUターンにも対応している)

ハローワークを利用するデメリット

  • 募集内容と実際の条件との違いを感じる会社もある
  • 事業者側がどんな企業であっても募集ができるので、信ぴょう性に欠ける会社もあり

求人情報誌で仕事を探す

求人情報誌で仕事を探す

今ではネットでの仕事探しがメインとなっていますが、一昔前までは求人情報誌での仕事探しがメインでした。

今ではWebにとって代わられたので、AnやFrom Aなどは紙媒体を廃刊しフリーペーパーとして残っています。

今は特殊な求人や情報(女性向けの風俗店の働き口や航空関係)のみを扱う雑誌が残っていますので、そのような求人を求めていなければ、必要では無いでしょう。

求人情報誌を利用するメリット

  • 特定の職種に関するマニアックな情報が得られる

求人情報誌を利用するデメリット

  • 今はネットで仕事を探す時代。情報誌自体が少ない

新聞の求人欄で仕事を探す

新聞の求人欄で仕事を探す

どの新聞にも少しだけ求人募集の欄があったりします。新聞へ求人広告を出すのは、とくに地方紙の場合は地元企業であることが多いですね。

そしてネットで仕事探しが主流の今の時代に、新聞で求人広告を出しているところは、わりと古くからの老舗の企業が多いです。

若年層の傾向として新聞を購読する世代が減っているので、どちらかというと中高年向けの求人が多いです。

逆をいうと若年層が新聞での求人で応募すると、若年層が欲しいと思っている企業の求人では多少ライバルが減ります。

新聞の求人は数も少なく、狭き門なので日ごろからのこまめなチェックが必要です。 

新聞の求人欄を利用するメリット

  • どちらかというと中高年向きの求人を募集している
  • とくに地方紙では地元の企業が募集をかけているので、地元に戻って仕事したい時には参考にできる
  • 新聞の購買層が減っているので多少なりともライバルが減る、とくに若年層はチェックしている人が少ない

新聞の求人欄を利用するデメリット

  • 取り扱う求人の数が少ない
  • 新聞で募集しているからといって、安心できる企業とは限らない

フリーペーパーで仕事を探す

求人情報誌で仕事を探す

求人情報誌で探す」が今やこのフリーペーパーになっています。

駅やコンビニ、ファーストフード店、レンタルビデオ店などいたる所に置いてある、フリーペーパーを見たことない人はいないはずです。

代表格にTown WorkやFree An、Job Aidem、DOMOなどがあります。

どちらかというとアルバイト情報がまだまだ多いので正社員を目指している、正社員での転職向けではないですね。

とくに首都圏、大都市圏では手に入れやすいので、無料ですしチェックしてみるのもよいでしょう。 

フリーペーパーを利用するメリット

  • コンビニや駅に置いてあるので手に入れやすい

フリーペーパーを利用するデメリット

  • 正社員情報が少ない。どちらかというとアルバイト情報向け

企業のウェブサイトで仕事を探す

企業のウェブサイトで仕事を探す

企業の中には自社のウェブサイトで求人を募集している所もあります。

自分がどうしても行きたいという会社があれば、チェックしてみてはいかがでしょうか?

しかしいつも募集しているということはなく、「現在は求人の予定はありません」と表示されていることが多いですね。

企業のウェブサイトを利用するメリット

  • まさに自分が行きたい会社に応募できる

企業のウェブサイトを利用するデメリット

  • 募集していることが稀でほとんどが求人の予定はナシ

 ヘッドハンティングで仕事を探す

ヘッドハンティングで仕事を探す

アナタが長年培ってきたスキルや人脈があれば、別の会社がアナタを自社に迎え入れたいとお誘いがあります。

これは転職サイトなどでもありまして、アナタが役立ちそうな人材なら引く手あまたでしょう。

しかしヘッドハンティングされるには、それ相応のワケがあります。

誰でもよいということではなく、アナタだからというような特別なスキルや会社に必要と思われる何かがないと難しいでしょう。

そんなスキルを持っている人ならば、転職サイトでスカウトされることもありますので、登録してみては。

リクナビネクスト
リクナビNEXTに登録してヘッドハンティングを待つ

ヘッドハンティングを利用するメリット

  • スキルがあれば引く手あまた。必死に仕事探しをしなくてもすぐに仕事が見つかる

ヘッドハンティングを利用するデメリット

  • あなただから採用するという売りがないとまずお声がかからない。何かスキルがないとダメ。

転職セミナー、説明会、転職フェアに参加して仕事を探す

転職セミナー、説明会、転職フェアに参加して仕事を探す

転職セミナー、説明会、転職フェアなどのイベントは1年中行われています。

転職サイトなどに場所や日付の情報が載りますので、それを参考に参加してみると色々な企業の担当者と話ができます。

転職サイト以外にも電車のつり広告などにも良く掲示してますので、転職を考えられている人は常にアンテナを張っておきましょう。

転職セミナー、説明会、転職フェアを利用するメリット

  • 企業の人と直接話ができ情報を得ることができる

転職セミナー、説明会、転職フェアを利用するデメリット

  • 場所、時間が限定される
  • 説明会やフェアに足を向けたのはいいが、興味がない会社ばかりで時間のムダになる場合がある

コネで仕事を探す

コネで仕事を探す

親戚、親、友達。誰でもいいので自分の周りに声をかけてどこかで働くというパターンです。

実は結構コネ入社ってありますよね。

私の会社でも父親が関連会社の役員でその息子が入ってきたりしていますし、友人でもコネ入社の人間はいます。

とくに親族が会社を経営しているのならば、コネで入れる可能性はありますよね。

当てがある人は当たってみてはいかがでしょうか。ただその会社に転職したあとでイヤになっても辞めにくいのがデメリットです。

コネを利用するメリット

  • 紹介なので採用される可能性が高い、権力者ならばなおさら。

コネを利用するデメリット

  • 会社に入ったあとにイヤなことがあっても辞めたくても辞めにくい

紹介予定派遣で仕事を探す

紹介予定派遣で仕事を探す

「紹介予定派遣」は、

  • 本当に転職って何をしたらいいかわからない
  • 自分はどんな仕事がいいのかわからない

というわからないことだらけの人に、ぜひ利用してほしいサービスです。

紹介予定派遣とはどんな制度かというと、

応募者は派遣社員として一定期間(3か月間が多いです)働き、一定期間の就業を終えた時点で企業側からも採用したいという要望があれば、お互い合意の上で正社員になれる

という制度。

「働いてみてその会社がどんな会社かが分かった上で選択できる」という画期的な制度で、慎重に仕事探しをしたい人にはうってつけの仕事探しの方法です。

紹介予定派遣を利用するメリット

  • 簡単に言えば一定期間はお試し期間。働いてみてその会社がブラック企業かどうかがわかる。同僚の人も雰囲気もわかる。自分にできそうな仕事かどうかもわかる。

紹介予定派遣を利用するデメリット

  • 一定期間はあくまで派遣社員なので、すぐにでも正社員になりたいという人には不向き
  • 合わない会社で一定期間働いた場合、また転職活動をする必要がある。

デメリットよりもメリットの方が大きいです。