【マジで?】リクルートエージェントの利用にかかる費用は無料。どんな仕組みなの?


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
この記事ではリクルートエージェントの利用にかかる費用はなぜ無料なのか?どんな仕組みになっているのかをご紹介します。

なぜ無料でエージェントのお世話になることが可能なのでしょうか。

今となっては求人サイトを使って、新卒から就職してきた人はとくに抵抗がないかもしれませんが、ハローワークまたは直接企業のホームページからでしか応募をしたことがない方には多少疑問な点もあるかと思います。

リクルートエージェントがどうやって利益を得ているのかが分かれば、私たちも安心して利用することができますよね。

転職エージェントはなぜ無料?「転職エージェントって怖そう」「タダほど怖いものはない」

転職エージェントはなぜ無料?「転職エージェントって怖そう」「タダほど怖いものはない」


無料と言っても個人情報が影で売買されてるんじゃないの?

何もできない自分が会っても、高圧的に無能さを叩きつけられるんじゃないの?
なんて思う方もいるそうです。

一見すると何だか物々しい職種名ですが、エージェントが交渉するのは相手企業(人材を募集している企業)であって、私たちではありません。

リクルートエージェントは株式会社リクルートホールディングスの子会社ですが、企業から求人広告料を貰ってサイトに掲載したり、実際に転職が決まれば成功報酬としてリクルートエージェントに支払われたりしながら、利益を稼ぎ出しています。

私たちはカウンセリングを受ける立場であり、同時に仕入れ品でもある

私たちはカウンセリングを受ける立場であり、同時に仕入れ品でもある

私たちは転職に対するカウンセリングを受ける立場でありますが、リクルートエージェント側にとってみれば同時に「仕入れ品」でもあります。

ゆえに幅広く多くの人材がリクルートエージェントに集まって、リクルートエージェントを介して多くの企業に転職して欲しいのです。

その人の強みを見出し、あなたと企業が双方共に納得して転職すれば、あなたと企業ばかりかエージェントにも成功型報酬となって利益となるのです。

自分には強みがないのではないかと思う人でも、エージェントは一生懸命になってあなたの強みを引き出そうとしてくれます。

そしてあなたは自分の強みに気付き、またエージェントは企業にあなたの代わりにあなたの強みを売り込んでくれます。

リクルートエージェントの広告を見た私たちという人材、あるいは仕入れ品が自ら訪問・登録することによってタダで仕入れができ、転職に成功すれば企業から成功型報酬が手に入るという高利益率なビジネスモデルなのです。

お祝い金制度を謳う転職エージェントもある

お祝い金制度を謳う転職エージェントもある

ここで勘のいい方は、気がつくと思います。

安く仕入れて、高く売れるのならば、逆に私たちにも転職エージェントからお金を支払われてもよいのではないかと。

残念ながらリクルートエージェントでは、お祝い金制度はありません。

しかし実際に登録者の集客手段として、お祝い金制度を謳っている転職エージェントは多数あります。

しかしこの点は採用企業が採用を渋る可能性もあり、一時金を目的にエージェントに対してこだわる必要はありません。

ちなみに親会社のリクルートホールディングスの人材分野では登録・利用者の集客と、そのためのブランド力の向上にも力を入れているのが、決算資料からもわかります。

リクルートホールディングス第3四半期決算短信※2019年3月期 第3四半期決算短信より引用

そのためエージェントが企業にミスマッチな人材を紹介することもできません。

また転職が成功して報酬が支払われても一定期間が過ぎずに、短期で再び退職されてしまうと相手企業に受け取った成功型報酬を返金する制度があり、エージェントとしては損失にあたってしまいます。

エージェント側もよりよい人材に相手企業に送り込んで、信用とブランド力を強化させなければなりません。

なので私たちもエージェントとは問題と希望事項を共有し、お互いによくわかりあっておく必要があるのです。

何だか最近エージェントから紹介案件が少ない、的外れな案件を紹介されるという場合にするべきこと

仕組みを知っているとエージェントの言動にも納得いくこともあります。

最近、エージェントからの紹介案件が少なくなった ⇒ 転職活動に本気が感じられない。他の転職希望者に注力しよう。

エージェントから来る案件の業務内容がバラバラ ⇒ 何をしたいのか具体的にエージェントに伝わっていない。

上記のような場合には、きちんとエージェントに転職状況、自分の希望をメールや電話で伝えましょう。

またエージェントのいうことをすべて参考にせず、合わなければ担当を変わってもらうというようにこちらから提案してもまったく構いません。

むしろこちらが利用している立場であると思えば、なぜエージェントがこちらに礼儀正しく丁重に対応しているのか納得できます。

これらを踏まえると、リクルートエージェントに限らずですが、複数の転職エージェントを掛け持ちすることも相手にとってはまったく失礼にあたりません。

むしろエージェントの方から、

エージェント

エージェント
もっと掛け持ちして、うちと比較してみてください。
と提案されることもあります。

比較したうえでリクルートエージェントの求人案件の厚さを知り、それを他の転職希望者に口コミとして広まれば、さらにエージェントの利益に繋がっていくのです。

リクルートエージェントの利用が無料だといっても、どこまで利用したらよいのだろう?

何がリクルートエージェントの利益に繋がっているかが分かったところで、以下のような利用方法もあります。

大手企業では、よく求人の応募は転職エージェントやハローワークを必ず仲介してくださいと注意がされていますが、中小企業やベンチャー企業では転職エージェントも利用し、直接ホームページでも募集をかけている企業を見かけることがあります。

そこで「こんな求人があったんだ、直接自分で自分を売り込みに行ってみよう」だとか、そのような使い方もできます。

非公開求人の多さは、ハローワークでしか求人情報を知らないという方にとって新鮮に感じるかもしれません。

また履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習を直接シミュレーションしてくれるなんてこともできます。

もちろん無料です。

ただ案件を聞くだけ、ただ相談するだけなど利用の仕方は自由です。話の流れで求人をその場でいくつか新たに求人を紹介してくれたりもします。

うまくリクルートエージェントを利用し、自分の納得いく転職活動をしていきましょう。

リクルートエージェントの転職者100人の評判、口コミをチェックする