【えっ、めっちゃ簡単!】dodaの退会方法と再登録の方法を紹介!


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
dodaの退会方法と再登録の方法は意外と簡単です。

とはいえ、退会は簡単でも再登録はできないのでは?と不安な人もいますよね。

そこでこの記事では、dodaの完全退会方法と再登録方法をお伝えしています。

  • 登録情報も含めて完全に退会したい
  • 特定のサービスだけ一時的に停止したい

のかで変わってきますので、ポイントをしっかりと理解しておきましょう。

読むのに時間もかかりませんので、ぜひ最後までご一読ください。

dodaの退会方法|「サービス停止」と「退会」の違いに注意

dodaの退会方法は非常に簡単です。

ただdodaをいったん退会してしまうと、登録情報はすべて抹消され、再登録しても前回のデータが引き継がれない点に注意してください。

たとえば苦労して記入した履歴書や職務経歴書といった情報も残りません。

もし退会した後も、dodaの登録情報を再利用する可能性があるという場合は、「サービス停止」という方法を使いましょう。

次の項目でお伝えする通り、dodaには3種類の退会方法があります。

これによって、サービスを再登録できるかも変わってきます。

それぞれデータの保存方法や停止サービスなどが異なるため、退会前にチェックしておいてください。

dodaの退会手続きの種類

dodaには、次の通り3種類の退会手続き方法があります。

  • dodaに関するすべての登録情報を抹消
  • 特定のサービスのみの利用を停止する
  • 特定の機能のみの利用を停止する

「dodaに関するすべての登録情報を抹消」した場合、完全退会となります。

つまり再登録しても、再び過去のデータを復旧することはできません。

一方で「特定のサービスのみの利用を停止する」場合や、「特定の機能のみの利用を停止する」場合はデータが完全に抹消されません。

たとえばdodaエージェントサービスは利用するが、dodaスカウトサービスの利用だけストップしたいというときに使います。

そのため完全に退会する場合は、転職活動が終了したときや内定を獲得した場合のみに限ります。

手続きを行う際はとくに注意してください。

dodaの退会手続きの手順

dodaを完全に退会するには、次のような2通りの方法があります。

  • 担当者(キャリアアドバイザー)に直接連絡する
  • 公式サイトから退会手続きを行う

dodaのキャリアアドバイザーにメールや電話で退会の旨を伝えると、先方で手続きを行ってくれます。

もっとも信頼のおける相手なだけに、退会方法としてはもっとも簡単です。

退会理由を聞かれることも多いですが、正直に伝えて構いません。

またdodaの公式ページから退会手続きを行うことも可能です。

その場合、次のような手順にしたがって手続きを進めていきましょう。

  1. dodaの会員ページへログイン
  2. ページ右上にある「登録情報設定」を選択
  3. 「doda退会手続き」の中にある「退会申請」を選択
  4. 退会理由やアンケートに回答
  5. 最後に「退会する」をクリック

上記5つのステップで退会は完了です。

5分もかからないので、忙しい転職者の方でも問題ありません。

dodaの再登録方法|サービス停止中なら10秒で再開可能

dodaのサービスを停止している状態であれば、いつでも再登録が可能です。

ログインページから「再開する」のボタンを押すだけで再登録が完了します。

ただしdodaを完全に退会している場合は、登録情報はすべて抹消してしまうため、基本的には再登録ができません。

もう一度サービスを利用するには、dodaに新規登録し、各情報を一から入力する必要があります。

また転職エージェントから紹介してもらった企業を、自分勝手に退職したり職歴数があまりにも多い転職者だと、再登録できない可能性もあるので注意してください。

dodaのサービスを停止中で再登録する場合は、次のような手順で手続きを行ってみましょう。

  1. dodaの会員ページへログイン
  2. 右上にある「登録情報設定」を選択
  3. 「サービス利用状況」を選択
  4. 「停止中」になっているボタンをクリックして「再開」へ
  5. 1週間ほどでキャリアアドバイザーから連絡が来てサービス再開

再登録した直後に行っておきたいこと

dodaに再登録した場合、前回までのキャリアアドバイザーは変更する可能性が高くなります。

以前までの担当者が非常にいい方で、変わってもらっては困るということも多いでしょう。

そんなときは再登録の手続きと同時に、dodaの運営側に問い合わせメールを送っておくことをオススメします。

たとえば


○○さんは大変親身になって相談にのってくれたため、再登録後も担当していただきたい
という必要性をアピールすれば、再び同じキャリアアドバイザーが担当してくれることもあります。

繁忙期や担当者の抱えている転職者の数によっては、必ずしも要望が通るとは限りません。

ただ運営側が調整してくれる可能性は高いため、一言だけ相談するようにしておきましょう。

【えっ、めっちゃ簡単!】dodaの退会方法と再登録の方法を紹介!まとめ

dodaは退会や再登録は非常に簡単で、いずれもほんの数分で手続きを完了することができます。

ただし完全に退会してしまうと、二度と同じ登録情報やサービスを使うことはできませんので注意してください。

再登録を前提にする場合は、いったんサービスを停止する方法を活用しましょう。

またメールが多くて困っているという方でも、メールの機能だけストップすることもできます。

できるだけ自分の使いやすいようにアレンジすることも大切です。