20代のニートだけど就職したい。ガッチリ人生を変える唯一の方法


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
ニートであり続けることのリスク。すでにネットの世界では語りつくされていますが、あえて今一度世に問いたいです。

ずっとニートでいると、普通の人が思い描くであろう人間的生活はできません。


そんなこと分かっているけど、働きたくない。
という人は読み飛ばしてください。

この記事は、


そろそろ本気で働きたいけど、学歴も誇れないし、社会人経験もない。20代のニートが就職するにはどうしたらいいの?
とお悩みの人に最適な方法をご紹介します。

ご参考になればたいへんうれしく思います。

今ニートで就職したいけど、学歴も社会人経験もない人はどうすればいいの?

日本の社会は学歴、社会人経験を問う会社が多いです。というかほとんどの会社がそうです。

そうなるとたまたま就職氷河期にぶち当たり、なんとなくニートにならざるをえなかった人たちはどうすればいいのか?

  1. 働きたいのに、門前払いをくらっているような感覚を覚えてやる気がでない
  2. なので就職活動をしない
  3. そのままズルズルとニート生活が続く

というのがよくあるパターンです。

20代であればニートでも間違いなく仕事は見つかる

20代であればニートでも間違いなく仕事は見つかります。


でも学歴もなければ、職歴もないんだぜ?
とお思いでしょう。しかしアナタは20代です。

アナタが30、40代などのいわゆる「高齢ニート」ならば、私も就職は非常に難しいでしょうといいます。

しかし世の中には「若くてまだまっさらな状態の人間を雇って、自分の会社に慣れてもらい貢献してほしい」という会社はあるもので。


俺、物覚え悪いし常識もないしバカだぜ?
とアナタは自分を卑下するかもしれません。

言葉は悪いかもしれませんが、若くてまっさらな状態のアナタを雇いたい会社はそんなこと百も承知です。

20代のニートと40代のニートを比べてください。一般的に、

  • 体力
  • もの覚え
  • 柔軟性
  • 素直さ
  • ポテンシャル

すべてにおいて20代のニートの方が採用しやすい条件であるといえますよね。(あくまで一般的で一概ではいえないこと、承知の上です)

アナタが20代である以上は、就職は必ずできます。

ニートから脱出して就職したらどんなメリットがあるの?

ニートを脱出して就職できた場合、アナタにどのようなメリットがあるかを考えてみます。

  • お金が手に入る
  • 将来設計が立てやすくなる
  • 自立した生活を続けられる

お金が手に入る

当たりまえのことですが、働いているとお金が手に入ります。それもアルバイトでもらえるよりも額が多いことが大半です。

正社員でしたら各種保険料もいくらかは会社が負担してくれますし、そういう意味でも安心です。

将来設計が立てやすくなる

お金が手に入るということは、どんな感じで今後生活していけばいいのか?という指針を立てやすくなりますよね。


月〇〇万円の給料だから、遊ぶのに月〇〇万円使えるし、将来結婚するかもしれないから〇〇万円ずつ貯金して…
なんてそれまで考えていなかったことも現実として考えられるようになります。

自立した生活を続けられる

今までは親にたいして後ろめたい気持ちがあったかもしれませんが、「自分で稼ぐ」という立派な一人前の社会人としての生活をしているのであれば、完全に自立した生活をできているわけです。

たとえそれが親と同居だとしてもです。自分の稼いだお金で自分が生活をしている。これはスゴイことですので、まず目指すべきところですよね。

このままニートであり続けることのデメリットって?

反対にこのままもしニートだった場合、どんなデメリットは待っているのでしょうか?

  • お金が稼げない(親のお金に頼った生活しかできない、親が亡くなったらアナタ自身も終わり)
  • 将来設計なんてとても立てられなく、結婚や家庭をもつなんてもってのほか

お金が稼げない(親のお金に頼った生活しかできない、親が亡くなったらアナタ自身も終わり)

生きていくためにはどんな状況でもお金が必要となります。親のお金があてにできるうちはまあいいでしょう。

しかし親も不老不死ではありませんし、いつまでも現役ではありません。

年々年金等の社会保障費はカットされており、親がいつまでもアナタの面倒を見られるか?というのは疑問ですよね。


じゃあ生活保護をもらえばいいじゃん。
と思うかもしれませんが、昨今の世の中では生活保護者のチェックは非常に厳しく不正受給などに対する行政の目は厳しくなる一方です。

つまり国が、最低限の面倒すら見てくれなくなる可能性が増しているわけです。

親が亡くなったとき、それはアナタの死を意味します。

衣住はどうにかなっても、食だけはどうにもなりませんので最低食べる分くらいの稼ぎがないと死にます。

食べるだけの収入だけがあればよいと単純に考えることも可能ですが、人間的生活とはそんなものじゃないですよね。

将来設計なんてとても立てられなく、結婚や家庭をもつなんてもってのほか

お金を稼がないということは、将来の設計も0になるということです。

稼ぎがあるからこそ、輝かしい未来の予定がたてられます。

アナタも漠然と考えていたかもしれない、


30歳ではこうなっていたいな。

35歳くらいで結婚できればいいな
というような人生設計を考えてみませんか?

フリーターやニートや派遣社員が正社員になるメリット7選。アナタも正社員をめざしませんか?