【えっ、めっちゃ簡単!】マイナビエージェントの退会方法と再登録の方法を紹介!



こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
この記事ではマイナビエージェントの退会・再登録について解説します。

「転職が決まってもメールが受信され続けるので退会したい。」

「以前利用していたけど再度転職を考え、マイナビエージェントに再登録したい。」

そのような人に向けて退会・再登録についての方法を紹介していますので、該当する人はチェックしてみてください。

マイナビエージェントの退会の仕方

マイナビエージェントの退会の仕方

マイナビエージェント経由で転職が決まり、もう転職活動を終えるということを担当エージェントに伝えてある場合は退会扱いになっていることが多いですが、他の転職サイト等で転職が決まった場合も、退会手続きをしておきましょう。

他の転職サイト等で決まったとしても、担当エージェントには今までお世話になったことを伝えて、退会手続きすることを強くオススメします。

あなたの代わりに日々求人案件を探して、いろいろな情報を提供してくれたのであれば、お世話になったお礼の一文を添えて一報を入れると、他サイト経由といえども担当エージェントは一緒に喜んで、返信を返してくれるでしょう。

退職理由が転職が決まったという理由であるのならば、退会フォームから簡単に退会手続きができます。

一方で

  • 担当エージェントと面談後にエージェントと合わないと感じた人
  • 自分の思っている求人案件がなかなか紹介されない人

このような人は退会するまでもなく、担当者の変更を申し出ましょう。

他のエージェント型サイトにも当てはまりますが、マイナビエージェントだから合わないというよりも、エージェント本人と合わないという原因の方が圧倒的に多いのです。

マイナビエージェントは比較的、IT企業やメーカー企業に特化しているので、そういう方針で合わないというのであれば、ぜひ退会して新しいエージェント型サイトを探しましょう。

またあなた自身の職歴が短期での転職を繰り返しているために、スキル等に懸念を持たれている場合は、エージェント側があまり積極的にならないということも留意しておく必要があります。

一度面談をしたことがある場合の途中退会は、以下のような項目をメールにて記入してマイナビエージェントへ連絡してください。

マイナビ途中退会

(引用元:マイナビAGENT URL:https://mynavi-agent.jp/faq/02.html)

まだマイナビエージェントの退会を思いとどまるべきな人はどんな人?

まだマイナビエージェントの退会を思い留まるべきな人はどんな人?
  • ホームページで登録をしたけど、メールや電話を無視し続けてそのままにしている
  • 自分の思っていたような求人と違うものを紹介される
  • せっかく対面面談に行ったけど、担当エージェントと何か合わない気がする
  • 再登録の可能性がある

このような方々はまず、担当エージェントに一旦その旨をメールや電話で連絡してみましょう。

マイナビエージェントからの対面面談の予定の電話を長い間無視してしまったという場合は、問い合わせフォームから電話を取れなくて再度面談をしたいという旨を一度確認してみてください。

エージェントに言いにくい担当変更など問い合わせは、このようなお問い合わせフォームから気軽にできます。

マイナビフォーム

(引用元:マイナビAGENT URL:https://mynavi-agent.jp/inquiry.php)

マイナビエージェントの再登録は基本的に可能

マイナビエージェントの再登録は基本的に可能

では、マイナビエージェントの再登録の方法を紹介します。

再登録は基本的にどのような場合でも可能ですが、状況によっては初回登録と同じではなく、一度問い合わせてみるという手順も出てきます。

マイナビエージェントではホームページ上で一度仮登録すると、担当エージェントと面談をするための確認のメールや電話がかかってきますが、担当エージェントと面談をするまでは本登録とはならず、面接等も先に進むことは出来ません。

なので直近で担当エージェントと面談をしたかどうかで、手順が変わるのです。

担当エージェントと面談をして本登録まで進んでいる場合

担当エージェントにメールや電話で「転職活動を再開したいので、求人案件の紹介をして欲しい旨」を伝えます。

ただしマイナビエージェントは、基本的に3か月までのサポート期間となっているので、随分月日が経っている場合は問い合わせフォームからまだ求人案件の紹介は可能かどうか、退会扱いになっていないかなどを確認する必要があります。

再登録の際は、前回と担当エージェントは必ずしも同じとは限りません。

もし前回の担当エージェントと折り合いが良かったと思ったら、指名してみるのもよいでしょう。

担当エージェントと面談まで進んでいない場合

違うエージェントを利用していたが仮登録だけして、担当エージェントと面談をしないまま月日が過ぎてしまった場合や現職のまま転職を思いとどまったが、また転職活動を再開したい等があることでしょう。

その場合はもう一度、初回登録のように登録をしなおすだけで問題はありません。

早期での再登録や退会は気軽にできる反面、マイナビエージェント内でもあなたの信用に懸念を持たれしまう恐れもあります。

きちんと再登録の際には前回入力した内容と差異のないようにしましょう。

またあらためて面談の際に転職意思の確認のため、退会・再登録の理由を聞かれるかもしれません。

しっかりと整合性をとった上で、はっきりと転職の意思をエージェントに伝えるようにしましょう。

エージェントはあなたのために尽くしてくれる力強い味方でもありますが、信用たる人物であることを明示しなければ、あなたの強みを代わりにエージェントが積極的に企業に売り込んではくれません。

面談に訪れたときにはきっと、再び真剣に転職を考えているあなたをエージェントは温かくサポートしてくれるはずです。

マイナビエージェントに登録した体験談。特徴や求人の質の評判、評価は?