dodaは電話やメールが多くてうざい?そう思った時にすべき3つのこと


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
「dodaからメールや電話が多くてうざい……。対処方法はないの?」

転職サイトdodaを使っている方のなかで、こうした「うざい」という意見をよく聞きます。

とくにキャリアアドバイザーからメールや電話が来る「エージェントサービス」を利用中の方が多いようです。

もしこうした不満を感じた場合、今回お伝えする3つの解決策を活用してみてください。

ほんの少しの工夫と手続きだけで、dodaの不便さを解消することが可能です。

読むのに時間もかかりませんので、ぜひ最後までご一読ください。

dodaが「うざい」と評判の2つの理由

転職サイトdodaには、エージェントサービスという便利な支援制度があります。

転職者一人ひとりにキャリアアドバイザーがつき、履歴書の書き方や面接対策などを相談することが可能です。

ただdodaのエージェントサービスを利用した方のなかから、ときに「うざい」といった声もよく聞こえてきます。

なかでもとくにメールや電話がうざいと言われています。

ここでは、dodaがうざい理由について詳しくお伝えしていきます。

理由(1)頻繁に来るメール

dodaがうざい理由の一つは、頻繁に来るメールです。

エージェントサービスに登録すると、

  • 一般求人情報の紹介
  • 非公開求人の紹介
  • キャリアアドバイザーからのメール連絡

などが行われます。

するとメールフォルダのなかに多くのメールが届くため、転職者の方によってはうざさを感じるでしょう。

またdodaから送られてくるのは、メールだけではありません。

次の項目をご確認ください。

理由(2)メールで済む内容でも電話が来る

dodaがうざいと感じる理由は、メールのほかにも電話があります。

たとえば「先ほど送った求人メールの内容はどうでしたか?応募しませんか」といった内容でも、転職者に直接電話がかかってくることもあります。

忙しい転職者にとっては、こうした内容はメールで済ませてほしいところです。

ではこうしたdodaの「うざさ」を解消する方法はないのでしょうか。

次の章より、その解決策を3つお伝えしていきます。

dodaの「うざさ」を解消する3つのテクニック

dodaのエージェントサービスでうざいと感じるのは、頻繁にメールや電話を受信するからです。

そのためメールや電話が来ない設定や、頻度を少なくする工夫によって「うざさ」を解消できるでしょう。

ここでは、その解決策を3つお伝えしていきます。

担当者からの求人紹介メールを停止する

キャリアアドバイザーから紹介してもらえる求人情報のメールは停止できます。

この求人紹介メールを一時的に停めておくことで、dodaがうざいと感じることも少なくなるでしょう。

メールを停止するには、dodaのお問い合わせフォームから「配信停止」の旨を連絡するだけです。

その際、次のような項目を記載してメッセージを送ってください。

  • 差出人
  • メールの件名
  • メールの受信日時

doda運営側に登録して理想の転職先を見つける→

メールではなく、担当者からの電話の頻度を少なくしたり、電話をかけてほしくない場合は運営側に相談してみましょう。

こちらもdodaのお問い合わせフォームから、連絡が可能です。

ただメールに加え、電話までストップしてしまうと、担当者から「転職する意識がない」と思われる可能性もあります。

そのため面談できる日程が後回しにされるほか、よい案件があっても紹介されないこともあるので注意してください。

サブアカウントで登録する

dodaからのメールがあまりにも多いと感じる方は、サブアカウントで登録するのも方法の一つです。

たとえばフリーメールで追加のアカウントを作成し、その追加アカウントをdodaのエージェントサービスに登録します。

サブアカウントで登録しておけば、メインアカウントに連動させていない限りは通知も届きません。

ただしキャリアアドバイザーから届く、重要なメールを見逃す恐れもあります。

サブアカウントは、上記2つの解決策で対処できないときに最終手段として利用しましょう。

dodaは電話やメールが多くてうざい?そう思った時にすべき3つのこと まとめ

dodaのエージェントサービスは上手に活用さえすれば、極めて役に立つ転職支援となることでしょう。

ただあまりにもメールや電話が頻繁にかかってくると、どうしても「うざい」と感じてしまうこともあるはずです。

そこで電話の頻度を下げる、メールの配信を停止するといった問い合わせをしてみてください。

ほとんどの場合、しっかりとdodaの運営側に相談すれば解決してくれます。

ただし貴重な情報が届かなく恐れもあるため、デメリットの面も忘れてはいけません。

まだ転職先が決まっていないという方は、少々うざいと感じても、気持ちを前向きに切り替えることが大切です。