【まだ若いから大丈夫】23歳、24歳の転職は未経験異業種に挑戦しても問題なし


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。

23歳、24歳、入社1~2年目だけど転職したい人、いらっしゃいますか?

いわゆる第二新卒というくくりの人達です。

この記事では、23歳、24歳で転職したい人、第二新卒での転職について未経験職でも転職できるか?ということについて書いています。

ご参考いただければ大変うれしく思います。

23歳、24歳での第二新卒の転職。
アナタは若いことで十分にアドバンテージがあります。

アナタは今23歳か24歳で若いですよね。

若いってことはそれだけですでに十分なアドバンテージです。

転職市場においては、若い方が優先されるというのは事実です。

↑この話のように、弊社の途中入社の人も40代より、30代が選ばれました。

20代なら関係ないような気もしますが、20代でも同じようなポテンシャルの人なら29歳よりも23歳とか24歳を採用するのは当たり前のこと。

企業側もできるだけポテンシャルが高い人を採用したいというのは当たりまえです。

そしてそんなポテンシャルの高い人は、未経験の仕事でも十分に採用される可能性が高いです。

企業側としては、23歳、24歳の第二新卒の社会人を条件さえ合えば、ぜひとも採用したいと思っています。

というのは23歳、24歳の第二新卒の人は、

  • 少なくとも一定の期間(1~2年)は社会人経験があるので、最低限の社会人としての常識を兼ね備えている
  • ある一定の会社に染まっていないので、凝り固まった考え方やその会社独自のシステムに流されていることがないので、新しい会社に入っても頭を切り替えやすい

という面がありますので、採用する企業側からすれば23歳、24歳の第二新卒を採用するメリットはとてつもなく大きいと言えるでしょう。

つまり23歳、24歳であるアナタは他の年齢に比べて、企業側から採用したいと思われている年齢の人なのです。

私の話で恐縮ですが、同じ経験をしてきた人間としてお話しさせてください。

私も最初に働き始めた職場をちょうど3年で辞め、仕事を変えることにしました。当時私は27歳でした。

私は大学生活を余分に過ごしている(1年余分に行ってます)こともあり、働き始めた年齢も遅かったので、その年齢でした。

第二新卒というには少し上の年齢かもですが、私も運良く仕事が見つかり、転職することができました。

当時の転職活動をしていた私よりも3~4歳も若いわけですから、ポテンシャルは十分にあると考えられます。

今の時点で他の30代40代の転職希望者よりもだいぶんリードしていますので、自信を持って転職活動をしてください。

23歳、24歳。入社1年目か入社2年目。第二新卒の転職を考えたり、今後の人生を考える時ですよね。

大卒で就職して働き始めて1年か2年が経った今、アナタはちょうど23歳か24歳ですよね。

この働き始めて1~2年目っていうのは、色々と今後について考え始める時です。

男女問わずそろそろ会社に慣れ緊張感がとけてきて、よい意味で慣れてくる頃。雑務ではありますが、本格的に仕事も任されてくる時期です。

新入社員の頃にしていた仕事より何倍もプレッシャーのある仕事を任されたり、もしかしたら後輩が入ってきて自分の仕事もしながら、教える側に回る人もいるでしょう。

段々と社内で一戦力として扱われてくるのが、この時期のアナタのような入社1~2年目である若手社員です。

大変さと同時に仕事の充実を感じる頃でもあります。

この時期に充実を感じている人もたくさんいますが、同じくらい会社辞めたい病が出てくる時期でもあります。

アナタもそんな会社辞めたい病になっていたりしませんか?


今の仕事をこのまま続けていて、本当にいいの?

私にはもっと自分に合った仕事があるんじゃないか?

もう今の仕事なんてしたくない、早く転職したい…。
生きていく上で仕事は必ずしないといけないことです。

仕事のことを考えること=自分の人生を考えることですよね。なので


今の仕事が、本当に自分の人生においてふさわしい仕事なの?
と考えたりします。

これは何も特別なことではなく、働いている人なら少なくとも一度は考えることです。

ただ単に仕事が辛くなってきた…ということで仕事辞めたいという人もいるでしょう。仕事辞めたい病が襲ってきた時は、

  • アナタが心の底から本当に仕事が辞めたいと思っているのか?
  • もしくは一時の忙しさや環境の変化で仕事辞めたい病にかかっているのか?

の判断が大事です。

23歳、24歳の第二新卒の転職、未経験の仕事に挑戦。
どちらもまったく問題なし!

仕事探しには、

  • 今までやってきた仕事と同じ業種、職種で仕事を探す場合
  • 未経験の業種、職種で仕事を探す場合

と2つのパターンがありますが、どちらの場合も転職エージェントや転職サイトを利用するのが定番です。

私がブラック企業に2社勤めた後に会社を辞めて、転職を志していた時もそれぞれ2〜3個転職サイトと転職エージェントに登録してました。

どちらの方法でも気になる仕事へ応募して、面接を受けたりしていました。

その中で一番効果があった、つまり最終的に自分に合った仕事が見つかったのが、転職エージェントに相談したことがきっかけでした。

紹介予定派遣という制度を利用して転職に成功したのですが、この方法が一番私には合っていました。私と同じシチュエーションの人で、

  • どんな仕事をしたらいいかわからない
  • 未経験の仕事に挑戦したい
  • ブラック企業に勤めていたので、絶対次の仕事は失敗したくない
  • 入社するまでに実際に仕事して会社の雰囲気を知った上で働きたい

こんな人にはこの紹介予定派遣という制度が合っています。

私は転職エージェントに相談してみて、この紹介予定派遣の存在をしりました。その後、を紹介され、その会社から派遣で仕事をはじめ無事に正社員になりました。

はやいもので今の会社に社に入社して、もう10年以上が経ちました。

今の仕事に満足していますし、当時転職エージェントに相談していなかったら、今の仕事にはついていないので、選択は間違っていなかったと自負しています。

別に紹介予定派遣で働かなくてもいいという人も、転職エージェントは転職のプロです。

二新卒者の転職について知り尽くしているプロに相談することは、絶対にマイナスになりません。

23歳、24歳の第二新卒で転職しやすいとはいえ、転職することはなかなかパワーがいることです。

アナタも転職のプロに相談して、仕事探ししてみませんか?

自分だけで仕事探しするよりも、プロの視点であなたも気づいていないけど、実は向いている業種や職種を提案してもらえるかもしれません。

アナタも自分に合った仕事を見つけて、思う存分力を発揮してください。

よい仕事が見つかることを陰ながら応援しております。


リクルートエージェントに登録して理想の転職先を見つける→