ブラックでもいいから働いて稼ぎたい。2年で1000万円貯金できるのは期間工!


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。

  • ブラックでもいいからお金を稼げるのならば働きたい。
  • 将来の夢のために給料さえよければ、ブラックでもいいから働きたい。

と思っているあなた。稼げる仕事は期間工です。

期間工の仕事を探してみる

このサイトではブラック企業を非難していますが、何をもってブラックというのでしょうか?

  • 長時間労働
  • 賃金
  • 人間関係が悪い

この3つがすべて揃うとブラック確定ですが、それでは長時間労働だけど給料がいいとか、仕事キツイけど給料がいいとかいう場合はブラックといえるのでしょうか?

給料がよければ、その時点でブラック率が減るのですが今回はそんな「仕事はキツイかもだけど給料がいい仕事」を紹介します。

夢に向かってお金を貯めたいだとか、何かしらの理由で借金があって早く稼いで返済したいと思っている人。ご参考になれば嬉しく思います。

期間工の仕事は稼げるのか?メリットとデメリットをご紹介します。

まず期間工とはどんな仕事かについてお話しします。

期間工とは読んで字のごとく「一定の契約期間の間で働く契約社員」のことです。

  • 自動車メーカー
  • 電子部品メーカー

の工場の製造ラインで作業をする人といえばなんとなく雰囲気はわかりますかね。

期間工で働くメリット

給料がいい

期間工の一番いいところはズバリ給料がいいことです。

月給が高いのに加え、

  • 残業代
  • 休日出勤手当

も別途支給されます。

それとは別に満了慰労金というような報奨金制度(契約日数を無事に勤めあげた場合にもらえるお金)もあります。

お金をためやすい

ほとんどの場合、無料の寮かワンルームマンションに住み込みで働くというパターン。

水道光熱費完備ですべて無料の場合が多く、食堂が完備されていることも多いですのでお金をためやすい環境にあります。

正社員登用制度

期間工の契約期間を終えて、試験に合格することで正社員になれる可能性もあります。

期間工で働くデメリット

契約期間の更新で更新されない可能性がある

まじめにしていれば大抵大丈夫ですが、契約の際に更新がされない可能性があります。

仕事は当たり前ですがまじめに取り組むことが一番の対策です。

工場の周りに誘惑が多い

すべての工場ではありませんが、工場の周りにはわりとそっち系(女性絡み)のお店が多くあります。

給料がよいからといって、そっち系に使いまくってると気づいた時にはお金が全然ない…ということもあり得るかも。

まあすべての工場がそんな環境にあるわけではなく、あくまでも環境次第ではありますが…

歳をとっていると採用されにくい、また仕事もキツイ

歳をとっていると採用されにくいのが、期間工の仕事です。

男性がほぼ100%に近い率で利用し、20,30代の若い人が利用することが多い業界です。

歳をとっていると、若い人に比べ体力勝負とかではなかなかキツイかもしれません。

応募はたいていの場合していますが、代わりがいくらでもいるという状況からなかなか40代の人をピンポイントで試用したいという会社も少ないのです。

ただしまったく採用されることはないというのはデマ。

私の知り合いに46歳、期間工で働いていた人がいるのですが、応募者や希望者は全員自分より年下だったそうです。

期間工の仕事はブラックか?キツイ?待遇は?

基本的には20~40代でほぼ100%を占め、男性と女性の比率も95対5のような割合です。

ほぼ男性が仕事を希望しているといえますが、20代がほぼ半数、30代が約30%というような感じです。

若いうちに将来の夢のためにお金をためるため」などという場合が多いですね。

他には借金系ですかね、借金でお金が払えなくなる前に給料がよい期間工を選ぶのは悪くないでしょう。

それに仕事がわりとキツイため、若い方が体力的にも有利ということもあげられるでしょう。

通常の仕事はそこまでしんどくなくても、工場なので働く時間の問題が出てきます。

歳をとった人は借金の返済だとか特殊な理由がないとなかなか応募しづらいかもしれません。

しかしブラックかどうかと言われれば給料はちゃんと出ますし、キツイかといえばそりゃ仕事はキツイですが、一定期間働いていると慣れてきますので実際には、慣れるまでが大変だけど慣れてからはそうでもない。という仕事です。

そして待遇面では恵まれているといえるでしょう。

  • 高給与
  • 費用いらず
  • 給与以外の収入がある

待遇ではなかなか同世代の一般のサラリーマンがもらえないような給料をもらえるのがポイントです。

期間工の仕事を探してみる