マイナビエージェントの電話はしつこい? しつこいと思った時にすべき3つのこと


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
マイナビエージェントをはじめとする転職エージェントに登録する際にネットでの評判を検索すると「電話がしつこくかかってくる」という項目を目にすることがあります。

転職エージェントは口コミでの評判が大きく影響するため、マイナビエージェントのような規模の大きい転職エージェントサイトが、しつこい営業をしてくるのは考えにくいです。

ではなぜ、「しつこい」と思われているのか。

マイナビエージェントを利用したらどのようなときに電話がかかってくるか、そのときにすべきことを3つに分けてご紹介していきます。

マイナビエージェントから電話がかかってくるケース1「サイトに登録したとき」

マイナビエージェントから電話が掛かってくるケース1「サイトに登録したとき」

マイナビエージェントに登録すると早くて翌日、少なくとも数日後には担当キャリアアドバイザーとの面談についての電話がかかってきます。

この電話に出ない、折返しもしないと以後、マイナビエージェントのサービスは受けられないと思ってください。

電話番号もフリーダイヤルから掛かってくるので、警戒心の強い人は出ないこともあるでしょう。

しかし出られない場合はメッセージも録音されているので、きちんとメッセージを聞いて折返し電話をするようにしましょう。

また担当キャリアアドバイザーとは直接、対面面談できないという場合は電話面談ができますので、必ず面談をして本登録をするようにしてください。

マイナビエージェントから電話がかかってくるケース2「求人に応募したとき」

マイナビエージェントから電話が掛かってくるケース2「求人に応募したとき」

求人に応募してからいくつかの時点で電話がかかってくることがあります。

  1. 提出書類に不備があるとき
  2. 面接スケジュールについて
  3. 面接後の企業の印象、今後の方針について

提出書類に不備があるとき

たとえば担当キャリアアドバイザーとの面談の際に、職務経歴書が在職中で完成しきっていない状態で求人に応募すると、確認のためにマイナビエージェントから電話がかかってくることがあります。

担当キャリアアドバイザー

担当キャリアアドバイザー
職務経歴書が完成していないと、求人に応募することも出来ない…
応募者

応募者
仕事中なのに、電話なんてかけて来ないでほしい。
とお互いに思っている様子が思い浮かびそうです。

キャリアアドバイザーとの面談時点では、在職中でも最後まで当月の職務経歴書を記入・登録し終わっているようにしましょう。

面談時に職務経歴書が完成していないと、求人案件にすぐに応募できません。

せっかく面談しながら職務経歴書をわかりやすく作成できる機会があるのに、伝えたいことを修正する機会がなくなり、有効活用ができなくなってしまいます。

面接スケジュールについて

書類選考を通過して、面接スケジュールの調整で電話がかかってくることがあります。

私も面接の1週間前に、面接時間を1時間早めて欲しいという旨の連絡を、担当キャリアアドバイザーから受けたことがあります。

もしこの連絡を取らなかったら先方にも迷惑を掛けていたし、電話やメールを小まめにチェックしない人物として、企業側の採用担当にも担当キャリアアドバイザーにも思われたでしょう。

責任感のある人物としても内容はどうあれ、必ず着信やメールをチェックするようにしておきたいところです。

面接後の企業の印象、今後の方針について

  • 面接後に面接したときの企業の印象はどうだったか
  • 今後の応募者のためにも何を聞かれたか

上記のようなことを教えてほしい。というような電話がかかってくることがあります。

企業の印象や今後、もし内定をもらったら入社する意志があるかどうかを伝えるのは、突然の内定辞退を予防する大事な機会です。

  • 今他社のサイトで選考待ちである
  • 条件的には厳しそうだから、内定辞退も考えたい

というふうに面接で思ったことを、素直に伝えるのがよいでしょう。

マイナビエージェントから電話がかかってくるケース3「 内定したとき」

マイナビエージェントから電話が掛かってくるケース3「 内定したとき」

内定が出たときも確認のために電話がかかってきますが、内定辞退をしたいときはメールだけで内定辞退を伝えると、電話がかかってくることがあります。

しかし内定辞退をしてはいけないというわけではありません。

複数応募するわけですから、複数内定が出るのは自然なことです。

実際に内定辞退を経験している利用者は多く、企業側も中途採用において選考辞退の発生は2018年では15.5%が経験しています。

マイナビ中途採用状況調査2018年

(出典:マイナビ中途採用状況調査2018年 URL: https://www.mynavi.jp/news/2019/03/post_19543.html)

内定辞退する場合はできる限り早く、メールと電話で担当キャリアアドバイザーに連絡をしましょう。

伝えるべき項目は以下のような内容です。

  • 内定をもらったお礼
  • 内定を辞退する意思表示
  • 内定を辞退する理由
  • 多大な迷惑をかけること

基本的には、企業に直接辞退するときと同じような誠意と納得をしてもらうために、担当キャリアアドバイザーに伝えるようにしましょう。

気を付けたいところは、迷いながら辞退の意志を伝えると、引き止めに合うことも考慮する必要があることです。

マイナビエージェントを経由して転職を辞退することは、「担当キャリアアドバイザーにとっては目の前の利益を逃すことになる」と留意しておきましょう。

その後に、


あのとき無理やり担当キャリアアドバイザーに押し込まれた
などと、誤解しなくて済むのではないでしょうか。

また内定辞退の対応を適当にすると、トラブルの原因にもなりかねます。

そのような適当な対応をすると、以後の求人案件の紹介にも影響しかねるので、きちんと誠意ある対応をとるようにしましょう。

以上のようにマイナビエージェントが、営業目的で電話をかけてくることはまずありません。

こちらの意志確認や選考進捗を確認するための連絡であって、非があるとすればこちら側に多いのかもしれません。

またそれでも連絡頻度が多いという場合は、メールアドレスを転職活動用にフリーメールでアカウントを作成し、電話を受け取るのが可能な時間帯を事前に申し出ることで改善できます。

ぜひ誤解がないようにマイナビエージェントを有効利用し、納得のいく転職活動をしてください。

マイナビエージェントに登録した体験談。特徴や求人の質の評判、評価は?