転職エージェントに相手にされない、連絡がこない。放置な人がすべき3つのこと


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
転職エージェントを利用しているけれど、なぜか担当者から連絡がこないことはありませんか?

1週間以上待っても連絡が来ない、そのようになっていれば、放置されてしまっていると感じる人も多いでしょう。

転職したいがために転職エージェントに登録しているにも関わらず、転職エージェントがその様な対応であれば、どうすればいいのかと考えてしまいますよね。

では連絡がこない、放置されているのでは?と感じた際にはどうしたらいいのかを詳しくお伝えします。

担当者から連絡がこない。どうしたらいい?

担当者から連絡がこない、相手にされない場合は、

  • 担当者を変えてもらう
  • 転職エージェ ントを退会して自分自身で転職活動をする
  • 希望の職種を変える

など、とにかく何かしらの行動を起こすことが重要です。

ずっと待っていても連絡がこないということであれば、転職エージェントに登録した意味がありませんし、転職したいから利用しているのに、放置されているのならばムカつきますよね。

連絡を待っている時間が、ムダに終わってしまうかもしれません。

なので連絡がこない場合は、自分から行動することが大切です。

担当者を変えてもらうように、メールを出したり電話をする

担当者から放置される理由はさまざまです。

例えば担当者がこちらのことを忘れているという可能性もあれば、担当者が面倒だと思っている場合もあります。

担当者も仕事なので、話しやすい人や連絡のやり取りがしやすい人を第一に優先するでしょう。

担当者も人間なので、好き嫌いはしょうがないことです。

ですが担当者から何の連絡もないということであれば、本当に忘れられていたり、面倒だと思っている可能性が非常に高いでしょう。

転職エージェントを利用する場合、すんなりと転職先が決まって「利用して良かった」という人と、まったく使えずに「すぐに退会した」という2パターンにわかれます。

比較的多いのが、「すぐに退会をした」という考えの人です。

転職活動をしたいからと思って登録しても、連絡がこない、担当者と合わないことを理由に退会してしまう人はいます。

反対に利用して良かったという人は、担当者と意思疎通ができています。

連絡がこないことに不満を感じている人は、まずは転職エージェントに連絡がこないことを伝え、担当者を変えて欲しいということであれば、メールを出したり電話をすることで解決できるでしょう。

退会をして自分自身で転職活動をする

転職エージェントを利用しているにも関わらず、放置をされてしまうと「転職先は自分で探そう」と考える人も多いはず。

転職エージェントを利用中でも、転職サイトや他の媒体などで、さまざまな企業の情報や募集をチェックしている人も多いです。

その中には、自分で電話連絡し、履歴書を送付したり面接の段取りをしたりというような企業もあるはず。

転職エージェントが当てにならないと考えているならば、自分自身で転職活動をしてみるのも、一考です。

転職エージェントではなく、転職サイトを利用した転職活動の場合、自らで自分の条件に合う企業を探して、書類送付から面接まで自分で考えなければなりません。

自分ですべてコーディネイトするタイプ(転職サイト等を利用)なのか、人にある程度任せたいのか(転職エージェントを利用)、自分のタイプを判断して転職活動に挑みましょう。

希望の職種を変えることで連絡がくる

転職エージェントから、どの様な職種に就きたいのかは必ず聞かれます。

条件に合っているものであれば、どんどん紹介されますが、条件に合っていないと連絡がこなくなる傾向があります。

希望の職種の幅を広げたり、条件を変えることで放置されることなく、紹介される案件が増える可能性もあります。

色々な企業をチェックしたいということであれば、その旨を担当者に伝える必要がありま す。

条件を変えて色々な企業をチェックしたいと伝えても放置をされる場合は、他の手段を取るようにしましょう。

まとめ

転職エージェントに登録しているにも関わらず放置される、連絡がこないという場合はこちらの落ち度というよりは、担当者の責任です。

こちらの希望の職種であったり、連絡を待つといっても連絡がこないということであれば、放置されている可能性が高く、担当者と合わないと考えていいでしょう。

その場合は担当者を変えてもらうようにメールをしたり、希望の職種などの条件を変えたり、最悪の場合は退会して自分自身で転職サイトなどを利用して転職活動をするなど、さまざまな方法を取って時間を有効活用するようにしましょう。

転職エージェントは役立ちますし、主流の仕事の探し方ではありますが、結果を出すためには、すぐに見切りをつけることも大切です。

連絡がこないならば、すぐに行動を起こして、アナタがより良い転職活動ができる環境に持っていきましょう。