銀行を辞めたい(女性)。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
銀行員の仕事は細かくて、案外ストレスがたまる仕事です。

窓口の仕事だけならいざ知らず、業績を上げるためにちょっとした営業もしないといけないしなあ…。なんて憂鬱になっていませんか。

この記事では銀行を辞める主な原因と、辞めた後のオススメの転職先3つをご紹介します。

銀行を実際に辞めた方にもインタビューしていますので、今後の参考にしてください。

このまま銀行で働き続けるのか、それとも全然違う仕事に転職するのかお悩みでしょうが、これからの転職(天職)のご参考になりますので、ぜひご一読ください。

銀行を辞めた後に何をしたいのか

銀行勤めと聞けば、安定していそうで女性も多く働きやすそうなイメージがあり、家族も喜んでくれる仕事先の一つでしょう。

こうした会社に勤める人は、先々の事もよく考え、真面目で保守的なタイプが多いかと思います。

しかし実際に働いてみると、想像とのギャップも激しく、辞めたくなる方も多いでしょう。

今は転職も珍しくないため、もちろん転職はよいと思います。

しかし次に何をしたいかを考えていないと、志望動機なども見えてこず、闇雲に転職活動をすることになるでしょう。

やってみたかった憧れの仕事にチャレンジするチャンスでもありますが、その憧れの仕事に必要なスキルや、実務経験が求められるケースもあるため、やりたい仕事によって今何をすべきかが変わってきます。

そのためまずはやりたいことに目星をつけて、そのやりたいことに対して自分のどんなところが活かせるのかなどよく考え、具体的なスキルを磨くことがよいでしょう。

銀行を辞めて転職に求めるのは何?

銀行に勤めていると、

  • 窓口での細々した手続き
  • 行政の改正による書式の変更などがあれば扱う書類が変わる
  • お客様からのクレーム
  • 数字1文字でも間違えば大問題になる

など、とにかく神経を使う仕事が多いです。

そのため辞めたくなるのは、当然といえば当然かもしれません。

しかしとにかく、「この仕事を辞めたい」という思いだけで転職活動をしても、なかなか次につながらないこともあります。

  • 転職して次の仕事に何を求めるのか
  • 自分はどういう風に生活をしていきたいのか

具体的なプランがないと志望動機も一貫せず、応募する会社によって毎回1から練り直し、手間がかかることにもなります。

面接で落ち着いて答えるためにも、

  • どんな仕事でどんなことをしたいのか
  • どんなスキルを活かしたいのか
  • どんなライフスタイルを実現したいのか

それらがはっきりしていないと、自信を持って受け答えできないでしょう。

銀行を辞めたい代表的な理由3選

センシティブな接客に疲れた

銀行員というと無機質に仕事をしているイメージがあります。

しかし実際にはサービス業並みの接客スキルが求められる仕事で、思っていたものと違うと感じる方も多いでしょう。

淡々と作業をこなす仕事に見えますが、年配のお客様にわかりやすく説明したり、亡くなったご家族の相続手続きでは、多少センシティブな質問をする必要があったりと、意外とケアパフォーマンスが高くないとできない仕事です。

またお客様に対する金融商品の説明も、断定的な説明を避け、虚偽の説明にならないように細心の注意を払わないとならず、常に伝え方にも苦心する特殊な接客です。

日々疲弊が蓄積し、辞めたくなってしまうことでしょう。

営業職の側面がある

若い頃は銀行の窓口でセールスされる経験もなく、また銀行を利用する経験もないため知らないことですが、金融商品のご案内という仕事には営業の要素が含まれています。

さらに最近は金利も低くなっており、貯金をするメリットがないため、なかなか銀行にお金は集まらないことでしょう。

個人投資なども増え、資産がある方は株をはじめ、貯金以外の資産運用を始める人も増えました。

そのため銀行でも、投資信託などの金融商品を扱うようになり、貯金の残高が多い方にはそうした運用をオススメする銀行も増えました。

しかし金融商品は説明が難しい上、お客様も神経質になりやすい案件ですので、営業も一苦労です。

さらにはノルマを課され、歩合制にされるなど給与の形式も変わり年収が下がる人もいます。

そうして事務のつもりで入社したものの、気づけば営業マンの仕事を求められ、自分に合っていないと感じ辞めたくなってしまいます。

精神的なストレスも多い

銀行によっては、営業ノルマの他、残業に関するペナルティを設けているような企業もあります。

銀行は3時で窓口は営業を終了しますが、その後の処理や締めの時間、現金の輸送などもあり、それらの時間が決まっていれば、当然窓口の終了時刻に間に合わせなければなりません。

そのため常に時計を見ながら猛スピードで処理をしなければならず、常に時間を気にしながらの作業となり、急かされながら働いているような精神状態となります。

また銀行といえば、少人数で決まった人と過ごす会社のため、人間関係も一度崩れてしまえばしばらくはそのまま継続されてしまい、人付き合いにも気を使わなければなりません。

仕事内容も、人間関係も神経を使う仕事です。

元銀行員が語る、辞めた理由と辞めた後の仕事内容

Kさん 24歳

Kさん 24歳
辞めた理由は、一年目のほとんど商品の中身が分からないうちに金融商品の営業をしなければならず、そのプレッシャーが強すぎたことです。

今は事務の仕事をしています。給料計算や売上票の作成、見積書や請求書の作成など、事務作業全般のお仕事をしています。

転職活動で大変だったのは「銀行と違うのにうちでいいのか?」と確認された。

銀行で働いているときに資格をたくさん取るのですが、そのどれもが意味がなくなるよ。と言われ続けたことです。

Sさん 43歳

Sさん 43歳
お客様の要望に応えたり、資産運用のご提案をして感謝されたりとやりがいはあったのですが、ある時気持ち的に疲れてしまった時に「人のお金なんてどーでもいい」という気持ちになってしまった時がありました。

ノルマのためとはいえ、無理な提案はしたくなかったため、ふとそんな気持ちになったときに潮時なのかなと思いました。

その後は、派遣の営業事務の仕事につきました。

購買の部署に配属され、比較的軽めなお客様を担当させてもらいながら発注納品業務、社内での資材調整などを担当しました。

当時は外部とのインターネットは、セキュリティの観点から繋がっていませんでした。

ですので世間の人より環境的にはハンディがあったわけです。

インターネットやパソコンスキルを勉強しました。

銀行はノーミスは当たり前の世界であり、お堅い環境てもあります。

相手が何を求めているのかを常に考え、先読みできないといけません、

畑違いの環境に行きたかったので、今までのスキルは通用しないわけで、自分が通用するのかは不安がありました。

未知の世界は誰しも怖いものです。

Jさん 38歳

Jさん 38歳
仕事が自分に合わないと思った。

正確性が自分には人よりも劣っているように感じ、毎日の業務がストレスで、コンプライアンスに縛られた業務に魅力を感じなくなったことで銀行を退職しました

退職後は旅行会社の事務職、観光案内カウンター、旅行商品の手配・催行管理・商品造成、電話、メール対応・パンフレット作製・センディング業務などに携わっています。

転職活動で大変だったことは、仕事が銀行業務だったため派遣に登録しても、経理事務を勧められることも多く、自分のやりたい仕事を受けても経験不足で不採用だったことです。

Oさん 25歳

Oさん 25歳
人数がどこも少なく、また残業が思いのほかあり、時間遅くまで仕事をしていたため、余暇が過ごせない上に大事な時でさえも休めなかったからです。

退職後はある保険会社の営業事務をしています。

営業先でも本当に時間に追われることなく、無理なくやりがいを持って働けています。

主には企業の保険を取り扱うため、新規で保険を提案したり、アフターフォローを行なっている。

大変だったことは銀行で取った資格が役に立つことはあるが、銀行時代とは違って、また種類の違う保険の資格試験を受け直ししないといけないため、余分に勉強してなんとか受かったはいいが、まあ難しかったことですね。

元銀行員のスキルを活かせるオススメの転職先3選

営業事務

事務職の倍率は常に高い状態ですが、やはり銀行員にオススメの仕事は事務でしょう。

とくに銀行員の仕事を選ぶ方の多くは、いわゆるバリバリ働くような仕事は向いていないと感じている方も多いはずです。

そのため事務職であれば、ある程度プライベートの時間も確保しながら働くこともでき、オススメです。

保険会社の裏方事務

窓口で働く銀行員は、書類などを本社や事務支店に送っていると思いますが、保険会社などでもお客様から扱った書類の処理をする事業部があります。

そこでは電話で問合せを受けたり、入力作業をしたり、接客はせず事務処理メインの仕事があります。

そうした仕事では、細かい数字のチェックや氏名のチェックなど、今までのスキルが活かせる可能性が高いです。

総務・経理

一般企業の総務などは、

  • 社員の勤怠チェック
  • 給与明細の管理
  • 労務
  • 経理

などを兼任する場合もあり、事務全般を引き受けるイメージです。

実務経験のある方を採用するケースが多いですが、事務職と接客をやってきた銀行員であれば、馴染めるでしょう。

銀行を辞めたい(女性)。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選 まとめ

銀行というと、午後3時で営業が終わるために一見余裕を持って働け、安定もしていて楽そうなイメージを持たれることも多いですよね。

しかし実情は違い、

  • ノルマやクレーム対応
  • 年末年始などの混雑
  • 法改正の度に手続き方法が変わる

など、情報のアップデートも求められる仕事です。

かつては給料もよかったかもしれませんが、昨今は求めらるスキルの高さに比べ、手取りの少なさに愕然とするケースも増えたことでしょう。

銀行員に勤める方は、安定した企業で働きたいと願うと思いますが、安定した大企業はやはり狭き門です。

しかし世の中にはいろいろな仕事があるため、自分に合った仕事でスキルを磨いてレベルアップしていくという方法もあります。

今回は、事務を中心にご紹介しましたが、スキルを身に着けてやってみたかった業種に方向転換するチャンスでもあります。

自分に合った仕事を見つけられるといいですね。