グリーンアテンダントを辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選


グリーンアテンダントって適当に接客だけしてればいいと思っていたのに、激務じゃん!
と思っていませんか?

就職前はグリーンアテンダントは接客相手も筋がいい人が多いし、楽そうなイメージをお持ちだったかもしれません。

しかし実は接客も大変で、仕事中は車内での待機が必要とされる仕事で大変なのです。

この記事ではグリーンアテンダントを辞める主な原因と、辞めた後にグリーンアテンダントのキャリアを活かせる転職先をご紹介します。

この記事を今後の参考にしていただければ、グリーンアテンダントの経験が活かせる職を探せます。

職を探すために利用したらよいサービスについてもお伝えしてますので、ご参考にしてみてください。

グリーンアテンダントを辞めたいとお悩みの人に最適な方法は?

グリーンアテンダントを辞めたい場合、

  • 次の仕事が見つかるか
  • よい転職先があるか

でも、心配無用です。

転職エージェントの「リクルートエージェント」を利用すれば、プロの転職エージェントが、膨大な求人(求人数は業界最大手)からアナタの過去の職歴や嗜好にマッチした会社、仕事を面談の上でご紹介します。

求人数が多いということは、それだけ理想の会社に出会える可能性が高いです。

他の転職希望者に理想の会社を取られないうちに登録すれば、アナタにとって最高の会社を見つけるチャンスですね!

リクルートエージェントに登録して理想の転職先を見つける→

グリーンアテンダントを辞めたい代表的な理由3選

グリーンアテンダントの仕事

権限が無さすぎる

お客様とトラブルを起こした際に、グリーンアテンダントは飛行機などの航空機の客室乗務員と比較した場合、権限が無さすぎる点が問題です。

飛行機関連の場合、迷惑なお客を降ろすなどの処置をとることが可能ですが、鉄道の場合は残念ながらそのような処置をとることはできません。

権限が限られており、迷惑なお客に対してもサービスを提供しないといけないなど、グリーンアテンダントには負担がのしかかります。

この問題が大きな問題で、客室乗務員として働く人の中には辞めてしまう条件でもあります。

権限がないことでトラブルが起きた際、誰も解決に関して関与してくれないという問題です。

完全な縦社会と人間関係

グリーンアテンダントの仕事は、縦社会で年功序列があり、経験が長い人ほど偉くなるため、指導に当たる先輩によっては難癖ばかりを言ってくる場合もあります。

こんなことは会社であればどこにでもある問題ですが、グリーンアテンダントの業界自体が縦社会なため、上司の命令に従い指導を受けることがイヤだと感じる方が多いです。

そのため上司と合わずに、仕事を続けていく自信を無くし、離職をする方も多いのがグリーンアテンダント。

お客様の接客以外に、上司との折り合いなどを考慮しないといけないため、辞めたいと感じる方も多いのです。

昼夜逆転した生活や泊まり込みがツライ

長旅をする鉄道車両であれば、夜間においても見回りなどの他サービスを提供しないといけないことがあります。

昼間だけではなく夜も働くことに対して抵抗がある方も多く、とくに仕事の拘束時間が長いことに対してツラさを感じている方もたくさんいます。

客室乗務員は途中で交代することがあったとしても、仕事場である車内で過ごすことに違いは無く、プライベートを作りにくいのが現状です。

仕事が終わり交代となっても、旅行列車の場合は待機状態となるため実質仕事場にて待機している状態です。

常に職場にて待機するということに対して抵抗があるので、辞めたいと思う方が多いのです。

リクルートエージェントに登録して理想の転職先を見つける→

元グリーンアテンダントのキャリアを活かせるオススメの転職先3選

電話サポートセンター

グリーンアテンダントの仕事を経験している方の多くは、クレーム処理を経験しているでしょう。

なので電話サポートセンターなど、クレーム処理を担当する部署で今後の活躍を考えるとよいでしょう。

こちらの仕事であれば、きちんと休憩を取れますし、仕事の休みの日も土日など連休で取れる可能性も高いので、24時間拘束されて仕事をすることはありません。

販売員の仕事や事務員

グリーンアテンダントの方は容姿が整っている方が多く、販売の仕事を経験しているのであれば、化粧品などの販売員の仕事は経験を活かせられます。

会計処理の仕事を経験しているのであれば、事務処理要員として働くという道があります。

グリーンアテンダント時代にワゴンの商品販売を行い、会計処理をしていたことがあると仮定してのお話です。

会計処理の仕事は事務員の主な業務になります。

過去に経験したことがあれば、事務員も候補として挙げられます。

リクルートエージェントに登録して理想の転職先を見つける→

元グリーンアテンダントが語る、辞めた理由と辞めた後の仕事内容

Kさん 31歳

Kさん 31歳
以前グリーンアテンダントをしていました。

元々鉄道や旅行が好きで、移動しながら仕事が出来る、終電近いシフトの場合、終着駅にある系列ホテルに泊まれる、余った弁当がもらえるなど、仕事というか半ば趣味のような感じでやっていましたね。

私はキツイシフトなどは苦ではありませんでしたが、現場はいつも人手不足。

今後ずっと社会人として、グリーンアテンダントをやっていく気にはなれなかったので、退職しました。

その後は知り合いのつてで、塾の講師になりました。国語と社会を教える他、支払い・教材作成・事務処理他もすべて教師の仕事の範囲内でした。

その後はまた転職して現在まで大学事務をやっています。

もともと手に職があるわけでも、なにかとりえがあるわけでもなかったので、知人がいる塾で勤めましたが、グリーンアテンダントとしての経験はキツイ現場仕事としての共通点はあるものの、評価されることはありませんでした。

とくに名称だけ伝えると、「グリーンアテンダントとは何なの?」という人が多いです。

説明したらわかってはもらえますが。駅勤務のクリーンスタッフと勘違いされることが多かったです。

業務量からしたら、グリーンアテンダントの方が圧倒的に多く、体力を使う仕事なのですが。

リクルートエージェントに登録して理想の転職先を見つける→

グリーンアテンダントを辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選 まとめ

グリーンアテンダントの方が仕事を辞めたいと思うことは、権限が他の客室乗務員と比較した場合低いことですよね。

お客様とトラブルになった際、自分で解決する必要があり、周囲が助けてくれないことも多いです。

転職先は、販売経験があれば販売員として働くことや、会計処理の仕事を経験しているのであれば、事務員として働くことが考えられます。

とくに拘束時間が24時間のグリーンアテンダントの仕事は、常に仕事に縛られるため、辞めたい、もしくは転職したいと考える方が多いです。

グリーンアテンダントの仕事を辞めたい理由の多くは、お客様とのトラブルの他、仕事における拘束時間が長いことが挙げられます。

リクルートエージェントに登録して理想の転職先を見つける→