医療事務を辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した編集長のオダです。
医療事務で働いたけど、辞めた「元医療事務」の方は多くいらっしゃいます。

暇で楽な仕事だと思っていたら、案外忙しかったというように実際に働く前とのギャップを感じている方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、なぜ医療事務を辞めるのか?という代表的な理由から、医療事務としてのキャリアを活かせる転職先はどのようなものがあるか?をご紹介します。

元医療事務の人にインタビューし、辞めた理由と辞めた後にどんな仕事についたかを聞いていますので、ご参考にしてください。

アナタに合う、良い仕事を見つけるためにご一読ください。

医療事務の仕事を辞める場合、辞める理由と転職に求めるものをハッキリさせよう

女性に人気の職業のひとつである医療事務。

スクールや通信講座などで、資格を取得する人はかなり多くなっています。

しかし実際に念願の医療事務の仕事を始めてみたものの、「最初に抱いていたイメージと違った」という人が多いのもまた事実。

では医療事務を辞めたい理由は何なのでしょうか?

そもそも医療事務の仕事に求めていたことは何だったのでしょうか?

現在は転職が当たり前の時代ですから、医療事務を辞めて転職すること自体はまったく悪いことではありません。

しかし仕事を辞めるにあたって、冷静に辞めたい理由を分析し、さらに次の仕事に求めるものをはっきりさせておくべきです。

そうしなければまた、同じような間違いを繰り返す可能性が高くなってしまうからです。

楽な仕事をしたいのか給与か、自分の求めるものをハッキリさせないと転職活動がブレてしまう

仕事を選ぶうえでもっとも重要なのは、自分が仕事に対して何を求めるかをはっきりさせること。

たとえば

  • 仕事をバリバリする生活が送りたい
  • 楽な仕事をしてアフターファイブを充実させたい
  • 高いお給料をもらって贅沢な暮らしがしたい

など。

考え方は人それぞれ自由ですが、自分の人生設計をたてるために、どのような仕事に就くかは非常に重要なこと。

まして転職ということであれば、「こうありたい」という自分の基準軸がしっかりしていないと、転職活動がブレてしまいます。

せっかく現職を辞める決断をして労力を割いたのに「こんなはずではなかった…」と失敗に終わってしまう可能性もありますよね。

転職においては「辞めたい」という気持ちばかりが先走ってしまいがちですが、まずは自分自身を見つめるところから始めた方が賢明です。

医療事務の仕事を辞めたい代表的な理由3選

医療事務が楽な仕事だと思っていた

医療事務が人気を誇る理由として、

  • 仕事が楽そう
  • ワークライフバランスが実現できそう

という意見が多く聞かれます。

家庭と仕事の両立を図りたいと思う女性に、人気の理由としては納得できる理由です。

しかし働く病院によっては、

  • 事務仕事
  • 受付対応
  • カルテの管理

など、その仕事は多岐にわたることもあります。

さらにとくに総合病院では患者数が多く、残業が発生することもあります。

漠然とした「医療事務は楽な仕事」というイメージは、選ぶ病院によってかなり差が出てきてしまいますので、一概には医療事務は楽な仕事だとは言えないのが事実です。

人間関係に疲れた

医療事務に限ったことではありませんが、転職を希望する人に多く見られるのは、職場の人間関係が良好ではない状態です。

まして医療事務は女性ばかりの職場ですから、女性同士の独特の人間関係に悩む人が多いことは容易に想像ができます。

女性同士の人間関係は、一度崩れてしまうと修復が難しいものです。

関係性が悪いまま、ずっとストレスを抱えて仕事をするなんて耐えられないと感じれば、いっそ転職をしてしまった方が心身のためによいかもしれません。

人間関係は働いてみないと見えてこない部分もあるので難しいところですが、女性の職場という点で、医療事務の仕事の厳しさの一つになっているでしょう。

思ったよりもお給料が少なかった

医者や看護師などの医療関係者は、お給料が高く、待遇が良いイメージがあります。

そんな人たちと一緒の職場で働くわけですから、医療事務でもそれなりのお給料がもらえると思われがち。

しかし実際に働いてみると、医者や看護師の待遇には到底届かないのが現実です。

同じ病院で働いていても、専門職と事務職ではやはり待遇が異なります。

お給料等の待遇面については、就職の際には必ず条件として提示されるはずです。

医療関係者というイメージだけでなく、しっかりと自分の仕事の条件を把握しておくことが大切です。

元医療事務が語る、辞めた理由と医療事務を辞めた後の仕事内容

Rさん 27歳

Rさん 27歳
医療系と聞くと安定のイメージですが、医療事務の給料は本当に安いです。

医療事務より一般事務の方が給料がよく、給料の安さに我慢できず転職しました。

派遣会社に登録し、引越しに伴う電化製品の脱着日のアポイントをするコールセンターで受電・架電をしていました。

一般事務と医療事務では同じ事務でもやってる内容は全く違うので、一般事務で未経験OKの職場を探すことが大変でした。

Nさん 28歳

Nさん 28歳
毎日病気の方としか会わないので、たいそうな気を遣わず、ニコニコ健康な人にものを売るだけの仕事がしたくなった。

退職後はアパレル販売員に転職しました。レディースのラフなかわいらしいブランドでショップ店員の仕事をしました。

転職活動中は「なぜ医療事務という手堅い仕事をやめたのか、もったいない」と言われて、面接で根掘り葉掘り聞かれたことがイヤでしたね。

Hさん 36歳

Hさん 36歳
とにかくなんといっても給料が安いです。

仕事の量を考えると、まったく見合った給料ではありませんでした。

残業が多く、それを含めても給料は安いです。時給にしたらいくらになってしまうのだろうと思ったくらいです。

今は通信会社で一般事務を行っています。

Excelワードパワーポイントを使用するような一般的な事務です。私は医療事務の前は一般事務を経験してましたので、また同じような仕事に就くことにしました。

医療事務をやる前は一般事務だったことで、その経験をアピールして転職しました

医療事務はホントに決まったことしかやらないし、病院勤務と言う特殊な仕事なので、医療事務しか経験のない人は転職活動がなかなか厳しいかも知れません。

Aさん 23歳

Aさん 23歳
1番の理由は給料が低いことです。

給料が低いくせに毎日残業だし、医療事務員が患者さんなどから苦言を言われることもあります。

今も変わらず医療系で働いていますが、他の病院で一般事務をしています。

医療事務員のような患者さんとは一切関わらない、病院を支える事務同士で連携を取っていく仕事です。

転職活動においてとくに苦労はしていないですが、医療事務の資格を持っているのに、医療事務員ではないけどいいのかと何度も言われました。

医療事務の仕事からオススメの転職先3選

調剤薬局の事務

1つ目は調剤薬局の事務です。

病院とは違い、比較的落ち着いている職場が多いです。

医療の現場から離れつつ、医療事務の経験を活かせます。

処方箋の受付は毎年増え続けているため、将来性が高い仕事と言えます。

医療関係の企業の事務

2つ目は医療関係の企業の事務です。

医療事務の経験から、薬品名や医療機器の名前についての知識があるので、有利に働くことができます。

また医療事務で培った事務能力や、接遇のスキル等も活かせる職場です。

コールセンター

3つ目はコールセンター。

コールセンターは研修やフォロー体制が整っていることが多く、未経験でも始めやすい仕事です。

また医療事務で培った電話応対のスキルも活かせられます。

コールセンターは時間がしっかり決まっているので、残業も発生しにくい仕事です。

医療事務を辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選 まとめ

女性から圧倒的な人気のある医療事務の仕事ですが、実際に医療事務として病院やクリニックで働いてみると、さまざまな不満を抱えて転職を希望する人は多くいます。

医療事務からの転職を考える場合、まず今の仕事を辞めたい理由をしっかりと考えて、自分が次の仕事に求めるものをはっきりとさせておくことが、転職活動を成功させる秘訣です。

転職をしたからと言って、今までの経験がムダになることはありません。

  • 医療に関する知識
  • PCを使った事務作業
  • 電話対応
  • 受付

など医療事務で培った能力は、次の職場でも活かせるものが多くあります。

転職活動を成功させ、次の仕事で自分の満足のいく生活が実現できるように、しっかりと準備をしましょう。