ペットショップを辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
]ペットショップは動物好きならば、一度は働いてみたいと思う動物好きには魅力的な仕事ですよね。

ただ自分がペットとして飼うのと、売り物としてお世話するとなると、話が変わってきます。

世話はできるけど、売り物として接する必要がありますので、自分のペットという感覚ではいられないのが現状です。

この記事ではペットショップを辞める主な原因と、辞めた後にペットショップのキャリアを活かせる転職先をご紹介します。

この記事を今後の参考にしていただければ、ペットショップの経験が活かせる職を探せます。

ペットショップを辞めたいとお悩みの人に最適な方法は?

ペットショップを辞めたい場合、次の仕事が見つかるか、よい転職先があるかが心配ですよね。

でも、心配無用です。

転職エージェントの「リクルートエージェント」を利用すれば、プロの転職エージェントが、膨大な求人(求人数は業界最大手)からアナタの過去の職歴や嗜好にマッチした会社、仕事を面談の上でご紹介します。

求人数が多いということは、それだけ理想の会社に出会える可能性が高いです。

他の転職希望者に理想の会社を取られないうちに登録すれば、アナタにとって最高の会社を見つけるチャンスですね!

リクルートエージェントに登録して理想の転職先を見つける→

ペットショップを辞めたい代表的な理由3選

いずれは売れてしまうペットの世話に疲れてしまった

ペットショップを辞めたい理由として、ペットの世話は好きだけれどショップでの世話には疲れてしまうからというものがよくあります。

犬や猫などのペットをたくさん世話することになるので大変なのも確かですが、せっかく元気に育てたのに、いつかは売れてしまうことになるのが辛くなってしまう原因です。

慣れ親しんだペットたちが離れていってしまうことが心を痛めるのにつながり、このままペットショップで世話を続けていくのは厳しい。と思うようになってしまうケースは少なくありません。

顧客からのクレーム対応が辛くなった

ペットショップを辞める理由として、顧客からのクレーム対応が嫌になってしまったというケースも多く、従業員だけでなく経営者ですらよく挙げています。

ペットが売れて、よい飼い主が見つかって良かったと思っていたものの、突然顧客から連絡が来ることも多いのです。

希望していたのと違うところが見つかった。

などといったわがままな理由で返却して、他を選びたいなどと言われてしまうこともあります。

ペットのことが忍びないという気持ちに苛まれながらも、顧客が納得できる対応をしなければならないのが辛くなりがちなのです。

収入が伸び悩んだ

ペットショップで働いていると収入についての悩みをもつこともあります。

従業員として働いていると昇給や昇進の機会がほとんどないのが一般的で、正社員で働いていて年次昇給があったとしても、微々たるものになりがちです。

家族を養うとなると薄給で苦しむ場合もあり、もっと稼げる仕事をしなければならないと思って転職に踏み切るケースはよくあります。

ペットショップのオーナーとしてもギリギリの売り上げで経営をしていることが多く、給料についての相談をしても昇給には応じてもらえない場合が多いのが実態です。

元ペットショップスタッフのキャリアを活かせるオススメの転職先3選

ペットショップで働いてきた人が、キャリアを活かして働ける転職先は実はたくさんありますが、その中でも代表的なものを3つ確認しておきましょう。

ペットホテル

1つ目に挙げられるのがペットホテルです。

犬や猫などの動物と触れ合うのが好きで、世話をするのはやりがいがあるけれど、来客に販売活動をしたりクレーム対応をしたりするのがツライという人に向いています。

動物クリニックの看護補助

2つ目の候補は動物クリニックの看護補助の仕事です。

動物好きの人にとって魅力的な選択肢で、ペットホテルと同様に普段から動物たちと触れ合えます。

病気の治療を補助することで、元気になってもらえるのがモチベーションになるでしょう。

販売系のショップ

3つ目に考慮しておくとよいのが販売系のショップです。

ペットショップで来客へのセールススキルを学んできた人は、直接的に経験を活かせます。

販売店であれば幅広く選べるので、興味のある分野の販売職を探してみましょう。

元ペットショップスタッフが語る、辞めた理由と辞めた後の仕事内容

Cさん 34歳

Cさん 34歳
生き物を扱っているので、有給があっても連休を取れなかったり年末もお店が休みでも、世話をするため出勤しなくてならないこと。休みが取れなかったため辞めました。

辞めた後はハウスメーカーの受付事務をしています。主に住宅展示場に来場されたお客さんにお茶を出したり、受付案内をする仕事です。

苦労したのは動物に対する知識しかないので、一般的なパソコン等の知識がないと厳しかったことです。

Nさん 46歳

Nさん 46歳
咳喘息にかかってしまったからです。

風邪などではないので、ペットたちには感染しませんと言っても、飼い主には不安を与えてしまうし、環境のよい場所で働けば治ると言われたので辞めました。

退職後は事務をしました。知り合いで派遣会社の営業マンがいたので聞いてみたら、正社員を募集しているところがあると紹介され、パソコンができればよいとのことですぐに仕事が決まりました。

紹介だったので苦労はとくにありませんでした。しかし、パソコンができるとは言え、ペットショップではほとんど必要とされてこなかったので、試用期間中の方が苦労しました。

Sさん 29歳

Sさん 29歳
忙しさ、役職と給与のバランスが取れていなかったこと。従業員をまとめていながら、新卒と同じ給与しかでなかったので。

辞めた後はアメリカにてボランティア活動をしました。英語をたくさん勉強し、英会話講師として、マンツーマンで英語を教えています。

商品知識と動物の知識は、他の業種ではほぼ役にたたなかったです。また接客に関しても、会社に言われたことしかやらなかったので、自分らしさを失ってしまった。

Oさん 29歳

Oさん 29歳
私は動物が好きでペットショップで働き始めたのですが、ペットがダンボールに入れられて、積み上げられてるのを目撃して嫌になって辞めてしまいました。

辞めた後はアパレル(洋服屋)の店員をやっています。洋服も大好きで、好きなことを仕事にしたかったので、アパレルのお仕事を見つけました。

悲しくてすぐにペットショップ勤務を辞めてしまったため、職歴が短いことを面接でよく聞かれました。対応に困りました。

ペットショップを辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選 まとめ

ペットショップを辞めたいときにはその後に何をしたいのかを明確にして転職の計画を立てましょう。

ペットとの付き合い方やクレーム対応に悩んでいるケースもあれば、給料が少なくて致し方なく転職をしようというケースもあります。

その理由に応じて転職の目的も異なるため、何が満たされれば納得できる形で働けるかを具体的に考えてみるのが大切です。

動物たちと触れ合いたいというのならペットホテルや動物クリニックなどで働く道もあります。

また販売経験を活かせば、他の業界であっても即戦力の販売職として採用してもらうことが可能です。

転職の目的に応じて適切な仕事を選び、必要なら資格の取得も経て、自分の理想を得られる転職を達成しましょう。