薬剤師を辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した編集長のオダです。
薬剤師の仕事は、資格も必要で専門分野で勉強したことを発揮できる素晴らしい仕事ですが、薬局勤務や病院勤務で環境(人間関係など)が合わない人も少なからずいらっしゃるのが現状です。

「もう辞めたいなあ」とか、「違う環境の所で薬剤師を続けたいなあ」という人もいらっしゃいますよね。

この記事では薬剤師を辞める主な原因と、辞めた後のオススメの転職先3つをご紹介します。

薬剤師を実際に辞めた人にもインタビューしています。今後のご参考にしてください。

このまま薬剤師を続けるのか、全然違う仕事に就くのかお悩みでしょうが、これからの転職(天職)のご参考になりますので、ぜひご一読ください。

薬剤師をを辞めた後に何をしたいのか

どんな仕事でも辞めたくなる時はありますよね。

知人や親に相談した時、「3年は辞めてはいけない」なんて言われることもあります。

しかしずっと辞めたいという気持ちを持って仕事をしていると、モチベーションの低下からミスが増え、さらに辞めたくなるという負の連鎖に陥ってしまうことがあります。

巷では高収入で、よい職種と言われている薬剤師も例外ではありません。

薬剤師を辞めたい場合、どんな理由で辞めたいのかハッキリと整理しておく必要があります。

整理をしていく段階で実は今の仕事が好きだと気付く場合もありますし、その逆で、この職種自体自分に合わないと気付くこともあります。

大切なのは何が嫌で辞めるのか、そして次勤めるなら何をしたいのかを考えることが大切です。

薬剤師を辞めて転職に求めるのは何?

もし転職すると決めたなら、次の会社にどんなことを求めているのかを考えなくてはなりません。

ぼんやりと今の会社が嫌だからという理由で辞めてしまうと、次にどんな仕事をしたいのか分からなくなってしまいます。

そして最終的に、次の職場でも同じようなことで悩むことになってしまいます。

まずは次の会社に求めることを、箇条書きで構わないので書き出してみましょう。

そして書き出した中で絶対に譲れないもの、できればあった方がいいものに分け、さらに優先順位をつける必要があります。

もちろん書き出した条件がすべて揃うことは極まれです。

なので譲歩できるところ出来ないところを、転職前にハッキリさせておく必要があります。

これを怠ると転職先でこんなはずではなかったと悩むことになってしまいます。

薬剤師を辞めたい代表的な理由3選

給料と仕事量が見合わない

薬剤師といえば高収入と思う人も多いと思います。

しかしいざ就職してみると、仕事量が多く激務で残業もかなり多いです。

終業時刻は決まっていますが、付属している病院の診察が終わらない限り、もちろん帰ることはできません。

患者さんが帰った後も、薬の在庫確認や明日の準備などがあり、残業しない日はありません。

さらに薬剤師の有給取得率は一般的なサラリーマンと比べ非常に低く、休みが取りづらい環境でもあります。

自分の時間も非常に取りづらく、仕事のために生きている状態になりがちです。

さらに奨学金を払っている人にとっては、給料から差し引かれもっと低い給料で生活しなければなりません。

職場の人間関係

人間関係により辞めたくなるのは、どの現場でもあり得ることです。

仕事が激務なために、仕事に対しての熱意にかなりの差があります。

そのため同じ給料でも適当に仕事をする人もいれば、必要以上に頑張ってしまう人もいます。

まったく働かず仕事を部下にさせるお局がいたり、自分のやり方を押し付けてくる上司がいることは珍しくありません。

閉鎖的な空間であるために派閥争いが起きたり、イジメが起きるなんてこともよくあります。

そんな中で評価を上げるには上司のやり方に合わせるしかなく、ストレスも溜まる一方です。

そんな人間関係に耐え切れず、薬剤師を辞める人は意外と多いのです。

本当にやりたいことを見失ってしまった

仕事をやり始めた当時は、患者さんのためになることをしたいと希望を持って就職しますが、仕事をしていく中で見失ってしまう人もいます。

というのも先ほどから申し上げている通り、仕事が激務で人間関係も複雑で、自分自身がかなり疲弊しています。

さらに病院付属の薬局ならば、もっと苦労します。

薬を必要以上に出す医者もいれば、なるべく薬を出さずに漢方を処方する医者もいます。

医者もきちんと患者に説明して納得してもらえばいいのですが、納得しておらず薬剤師に文句をいう患者も少なくはありません。

もし自分の考え方と医者の考え方に相違があった場合、文句を言っている患者をなだめるのは、かなり心苦しいことですよね。

そんな良心の呵責に耐えかねてしまって、仕事に耐えられなくなることもあります。

元薬剤師が語る、辞めた理由と辞めた後の仕事内容

Aさん 34歳

Aさん 34歳
毎日ルーティーンワークで、医者と患者との板挟みでストレスがすごかった。

給料アップも見込めず、この仕事を一生やっていくのかと思うとぞっとして、転職を決意しました。

海外からの輸入食材の販売。ワイン等のお酒類の販売も行っています。給料は薬剤師よりもだいぶ少ないですが、充実しています。

熱意が面接のときに伝わったので、採用していただけた。

ただ、どうして異業種に転職したいのかと言われたとき、薬剤師のことがマイナスに伝わらないよう、色々言い方などを考えました。

Mさん 45歳

Mさん 45歳
10年前にドラッグストア併設の薬局を退職しました。

ドラッグストアでやってる仕事は、基本的に薬剤師じゃなくても出来る仕事なので、やりがいもありませんでした。

給料は一般社員より、薬剤師の資格者の方が優遇はされてたけど、やりがいを求めて転職しました。

退職後は薬関係の広告代理店に転職しました。

一応薬剤師の資格があると給料は少し優遇されます。

仕事はまったく薬剤師の資格を必要としませんが、やりがいはあります。

ドラッグストアの薬剤師でしか働いてないので、販売関係には転職出来るだろうけど思ってはいましたが、販売以外の転職は話が進ます厳しかったです。

結局他業種だけど、一応薬剤師の資格者を欲しがってる今の会社に転職できました。

Hさん 39歳

Hさん 39歳
職場の人間関係で辞めました。上司があまりにもたよりなく、問題がたくさんあったので。

子供も小さいのでできれば定時で帰ることができ、できるなら家でできる仕事がしたかったです。

辞めた後は、家族の経営するお店でお土産などの商品開発をしたり、観光客のツアーガイド、シニアサポートサービス業の立ち上げなどに従事しました。

私の住んでいる所は離島なので、薬剤師の仕事を辞めると、他に薬剤師として働ける環境がなかった。

できれば薬剤師として働きたかったが、かなわなかったです…

Tさん 35歳

Tさん 35歳
人間関係があまり良くなく、入局して半年で入局時にいた人が皆やめてしまった。

パートさんへのイジメや同僚がストレスから意識をよく失ったりしていたので、仕事を続けるのが怖くなったから辞めました。

その後は化粧品会社の薬事と、品質管理をしました。

申請業務や輸入化粧品の成分チェックや輸入可否判断、検品基準書の作成などです。

TOEICなどの英語の能力を示すものを持っていなかったので、書類を通過するのが大変でした。

未経験の職種なので、今までの経験をどう役立てられるか結びつけてアピールするのが苦労しました。

元薬剤師のスキルを活かせるオススメの転職先3選

学校薬剤師

あまり知られてはいませんが、実は大学以外の学校では薬剤師を置くことが決まりとなっています。

学校の環境衛生に関して、さまざまなチェックをするのは薬剤師の資格を持った人なのです。

プールの水質チェックや建物の換気チェックなどを行っています。

薬剤師の資格以外にも、教育者としての姿勢も問われる仕事です。

メディカルライター

医療や薬に関する記事を、薬剤師目線で記事にしていく仕事です。

この仕事は資格がなくてもやっている方はいますが、資格があれば優遇されます。

薬剤師としての知識だけではなく、文章力も必要となる仕事です。

コールセンター

主に健康食品などに対して、お客様からの電話に対応する仕事です。

知識が必要なのはもちろんですが、高いコミュニケーション能力が求められます。

しかし人のために何かしてあげたいという気持ちがある人は、やりがいがあるでしょう。

薬剤師を辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選 まとめ

まず転職すると決意したなら、今の仕事より次の仕事に目を向けることが大切です。

次の仕事に何を求めるのか、そのためにはどんな条件の仕事を探すべきなのかを、ハッキリさせておく必要があります。

自分の気持ちに整理をつける意味でも、転職前に自分がやりたいことをもう一度見つめなおす必要があります。

そして薬剤師といっても、意外と色々な仕事があります。

薬剤師の資格を取ったからには、薬局に勤めないともったいないと思う必要はありません。

もし薬局勤務が合わないと感じれば、薬局以外の職場に勤めるのもよい方法です。

また資格がなくてもできる、資格があった方が有利という仕事も多々あります。

もし薬剤師という仕事が合わないと感じたならば、資格があると便利な仕事を探すのも一つの手ではないでしょうか。