プログラマーを辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した編集長のオダです。
プログラマーは激務で、ストレスの溜まる仕事として知られています。

「納期も必ず守らないといけないし、疲弊しまくるよな…」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

この記事ではプログラマーを辞める主な原因と、辞めた後のオススメの転職先をご紹介します。

プログラマーを実際に辞めた方にもインタビューしていますので、今後の参考にしてください。

このままプログラマーとして働き続けるか、まったく違う仕事に転職するかお悩みでしょうが、これからの転職(天職)のご参考になりますので、ぜひご一読ください。

プログラマーを辞めた後に何をしたいのか?

プログラマーを辞めたいという気持ちが強くなってきたときには、ただ逃げ腰になってしまうことだけは避けましょう。

プログラマーを辞めた後、何をしたいのかを具体的に考えることが大切です。

今まで現場で培ってきたプログラミング技術を生かして、何か別のことをしたいと思う人もいるでしょう。

IT関係の知識や経験を生かしてプログラミング以外の仕事をしたいという人もいます。

またITすら、まったく関係ないような新しい仕事にチャレンジしたいという人もいるでしょう。

辞めた後に何をしたいかは人によって異なるので、自分なりに考えてみるのが大切です。

そして希望する職種や、業種の候補をリストアップすることで、転職の方針を考えられるようになります。

プログラマーを辞めて転職に求めるのは何?

少なくとも以前は、プログラマーとして働きたいと思っていた時期があったでしょう。

その希望を叶えることができたのに、プログラマーを辞めるのはなぜなのでしょうか。

転職してどうしたいのかを考え、転職先に求める条件を明確にしてみましょう。

実際にプログラマーとして働いてみると、気づいた不満点を克服したいということもあれば、やりがいを感じられなくなったからもっとモチベーションが上がる仕事をしたいという場合もあります。

  • 給料
  • 休日
  • 勤務時間
  • 福利厚生

などが問題になっているケースもあるでしょう。

不満に思っていることが何かがはっきりすると、転職に求めているものも明確になります。

今の現場でプログラマーとして働くのが嫌な理由を、具体的に列挙してみるのが大切です

プログラマーを辞めたい代表的な理由3選

仕事の量が多くて先が見えないのが辛かった

プログラマーを辞めたいと思う理由として、よくあるのが業務量が多くてツライということです。

納期は明確になっているのに、タスクは山のようにあって、とてもこなせるように思えない。という状況に立たされているプログラマーは少なくありません。

なんとか期日までに与えられた仕事をこなそうとすると、連日のように残業をしたり、休日返上で働いたり、自宅に仕事を持ち帰ったりしなければならない場合もあります。

仕事に追われているだけで日々が過ぎていってしまい、プライベートの時間もまともに確保できないので辛くなりがちです。

将来性が心配になってしまった

プログラマーは、「将来性が心配になって辞めたい」と思うようになることもあります。

今はまだ技術的にも十分で、体力もあって必死に働ける状況であっても、将来的にも同じように働けるわけではない。という懸念を持つプログラマーは大勢います。

仕事が忙しい中でスキルアップのために勉強する時間も確保しなければ、将来的にも前線で活躍できるプログラマーであり続けるのは難しい。のも業界ではよく知られている事実です。

その努力が実らないかもしれないという心配をしてしまう人も多く、晩年まで仕事を続けていくのは厳しいと感じて、プログラマーを辞めようと思うケースも多いのです。

優秀な人材と比べられて立場がなくなってしまった

何年も働いてきたプログラマーが辞めたいと思う理由として、同じ現場にいる優秀な人材と比較されて立場を失ったからというパターンもあります。

入社して数年間は何とか上司に教わりながら業務をこなしてきたけれど、一人前となり働くようになって、他のプログラマーと比較して評価されるようになると、低く見られてしまうケースもあるのです。

とくに後輩よりも、人材として評価が低いとなると立場がないと感じるようになり、このままプログラマーとして働いていても、成功できないと思って辞めようと思ってしまいがちになります。

元プログラマーが語る、辞めた理由と辞めた後の仕事内容

Eさん 35歳

Eさん 35歳
自分の作りたいものを作れず、まったく納得のいかないものをコピーで大量生産させられることの繰り返しに疲れたため辞めました。

その後はIT業界のまま、ソリューション営業に転向しました。

システム開発や、調達の提案が業務の大半で、主に中企業向けでした。

プログラム開発と真逆の営業のため、今までの考えや意見が全く通用しないことで苦労しましたね。

プログラマーと営業は相入れないため、客の要望がことごとく却下されたものです。

Sさん 32歳

Sさん 32歳
大卒後はフリーのプログラマーとして上手くいってましたが、少しずつ変化していくプログラミング技術に対応できなくなり稼げなくなったことが辞めた理由です。

今は不動産の営業をやっています。土地や物件を紹介するお仕事です。

面接の時には元プログラマーということで、人とのコミュニケーションを比較的取ってこなかった分、営業というコンテンツでしっかりと仕事をこなせるかという単純な会社からの質問に、とても困りました。

Fさん 37歳

Fさん 37歳
残業が多いのも関わらず、何も文句を言わずに真面目に働いていたのが評価されたのか、中間管理職になりました。

その結果、上司の指示と部下の突き上げで精神的に病んでしまい、退職しました。

その後はパソコンが使えるのでキャリアパスとして「ホームページ制作会社」に就職し、おもにフレーム枠の企画とデザインを担当しました。

苦労したことは、今までの職務経歴が狭いので職種選択が難しかったこと。

パソコン作業をメインとした業種に、特化した選択肢しかなくこの点で苦労しました。

Nさん 33歳

Nさん 33歳
納品前の時期になると、深夜残業が当たり前といった勤務体制が一番の原因です。

その他にも、思ったよりプログラム現場が体育会系であったことと、進歩しつづける技術を習得するために勉強しつづけなくてはいけないという現実に、プログラマーという仕事を続けていく自信がなくなりました。

退職後は派遣社員でソフト開発。

プログラムやパソコンに関わる仕事自体は好きだったので、勤務時間や内容がはっきりと契約できる派遣社員という働き方を選びました。

新卒入社でわずか3年ほどで退職してしまったために、またすぐに辞めてしまうのではないかと思われ大変でした。

退職理由である勤務時間のことや、プログラムという仕事が嫌いで退職したわけではないことを、きちんと説明して理解していただけました。

元プログラマーのキャリアを活かせるオススメの転職先3選

プログラマーとしてのキャリアを活かせる転職先として、魅力的なものは三つあります。

専門学校や通信教育講座の講師

プログラミング技術を生かして働きたいと考えたら専門学校や通信教育講座の講師が有力候補です。

プログラミングを学んで、エンジニアやプログラマーになりたいという人が増えている影響で講師不足が起こっている状況があり、実際にIT系の企業で働いていたプログラマーは歓迎されています。

商社の営業

一方でIT系の知識や技術があるという点を生かしたいと考えたら、商社の営業で働くのも魅力的な候補です。

今までメーカーで開発や制作の現場で働いてきた経験を生かすと、顧客に説得力のあるアピールができます。

BtoBのサービス系企業

またIT系企業を顧客としている、BtoBのサービス系企業も候補としてオススメです。

現場を理解している人材としてサービスの企画をしたり、人脈を活かした営業をしたりする道があります。

プログラマーを辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選 まとめ

プログラマーは現場での仕事の辛さや将来性への不安、他者との比較による自信の喪失などを理由として、転職したいと思うようになることがあります。

転職を思い立ったら、プログラマーを辞めて何をしたいのかを具体的に考えてみましょう。

そしてプログラマーとして働くことにどんな不満を持っていて、転職によってどのようにして解決したいのかをよく思案してみるのが大切です。

プログラマーとして培ってきたプログラミング技術を生かして転職することも、IT系の企業で磨いてきた知識や技術、築き上げてきた人脈を使える職場を選ぶこともできます。

納得して働ける仕事を見つけ出せるようにしっかりとした準備を整え、自分に合っている職場を探して転職しましょう。