保健師を辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
保健師は多くの場合、働きやすい環境で働いていると言われていますが、本当にそうでしょうか?

看護師業務を兼任している場合は、働く時間も長いですし深夜勤務や残業もありますし、病院なのか健診センターで働いているのかで、労働環境が違ってきます。

この記事では保健師を辞める主な原因と、辞めた後のオススメの転職先をご紹介します。

保健師を実際に辞めた方にもインタビューしていますので、今後の参考にしてください。

このまま保健師として働き続けるか、まったく違う仕事に転職するかお悩みでしょうが、これからの転職(天職)のご参考になりますので、ぜひご一読ください。

保健師を辞めた後に何をしたいのか?

保健師として働いてきた人が辞めたいと思ったときには、その後で何をしたいのかをよく考えることが大切です。

難関資格の一つである保健師の資格を取得して働いてきたにもかかわらず、その資格を生かすことよりも、何を優先したいのかを自分なりに考えてみましょう。

看護師を経験してきた人の場合には、病気の患者や体が不自由な高齢者に、自分の手でサービスを施したいという気持ちに駆られているかもしれません。

事務処理や広報活動、カウンセリングなどの仕事がメインになる保健師よりも体を動かす仕事をしたいと思う人もいるでしょう。

人によって保健師を辞めて何をしたら満足できるかは違うので、具体的にどんな職種で働きたいのかを考えて候補を決めましょう。

保健師を辞めて転職に求めるのは何?

転職するときには、アナタが何を求めるのかを明確に決めておくことが大切です。

その希望を叶えられる転職先を選び出さなければ、また転職しようと思うようになってしまうかもしれません。

給与や手当が悩みのこともあれば、勤務時間や残業が問題になっていることもあります。

仕事の内容が自分に合っていないという場合もあるでしょう。

転職を通して解決したい悩みをよく考えてみるのが大切です。

その悩みの内容によってどんな職種や職場を選ぶとよいかにも違いが生じます。

場合によっては保健師として別の職場で働くのがベストということもあります。

保健師を辞めたい理由と直結する部分なので、自分がなぜやめるのかを考えた上で転職によって何を得たいのかをはっきりとさせましょう。

保健師を辞めたい代表的な理由3選

残業が多くて辛かったから

保健師の職場として典型的な、病院や診療所ではかなりの残業が発生することが多くなっています。

処理しなければならない書類はたくさんあるのに、保健師の数がかなり少なくて就業時間内に仕事を終えられなくなりがちです。

産業保健師や行政保健師の場合にも、時期によっては業務量が多くなってしまい、連日残業になることが少なくありません。

残業が多いにもかかわらず、時間外手当を出してもらえないという現場すらあります。

そのようなブラックな状況から脱却して、働けるようになりたいという気持ちで保健師を辞めたいと思う人も多いのです。

派閥争いが面倒になったから

病院保健師、あるいは自治体の保健所で行政保健師として働いていると、派閥争いが面倒に感じて辞めたいと思うケースもあります。

行政の現場では派閥が形成されているケースがとくに多く、誰がどの派閥に属しているかを覚えておかなければなりません。

そして暗黙のルールにしたがって根回しをするなど、面倒な仕事が余計に発生することもよくあるのです。

病院でも医師ごとに派閥ができている場合があり、その勢力を考慮して手続きの優先度を変えるなどといった対応も求められる場合があります。

人によってはそのルールを侵してしまって居場所を失い、退職したいと思うようになることもあります。

事務作業が嫌になってしまったから

新卒で就職するときから保健師。

という人よりも、看護師として働いてから保健師になるというケースが多い影響で、事務作業ばかりなのが嫌になってしまって辞めたいと思う人も少なくありません。

一日中動き回って柔軟な対応をしながら忙しく働かされていた職場から、比較的単調なデスクワークを続ける職場に移ると業務内容のギャップが激しく、仕事がつまらないと感じてしまう人も多いのです。

そのうちにデスクワークに伴う肩こりや腰痛、目の疲れなどが悩みになってしまって、保健師を辞めてデスクワーク以外の仕事をしたいと思うようになることもあります。

元保健師が語る、辞めた理由と辞めた後の仕事内容

Tさん 32歳

Tさん 32歳
保健指導に関して、一生懸命に対応しても、聞き入れる人は少なく、いつも同じ状況の保健指導を受ける人が多いから、疲れて転職を考えました。

疲れたので一旦仕事を休職し、医療分野ではなくファイナンシャルプランナーの勉強をしました。

保健指導という分野のスペシャリストであるが、看護師業務の経験がなく、病棟で働けなかったので、働き先を見つけるのには苦労しました。

Cさん 28歳

Cさん 28歳
公務員の保健師として働いていましたが、年功序列で給与が上がっていくため現在の給与が低く転職を考えました。

退職後は総合商社で自動車関連の部品を海外から輸入し、自動車会社に卸す仕事をしています。

大学の学部が看護学部だったので、面接で絶対に聞かれる「なぜ今さら職種を変更し働きたいのか」「またなぜ商社なのか」と言う理由付けに困りました。

Rさん 37歳

Rさん 37歳

産業保健師で多岐にわたる業務内容に疲れました。

保健師としても会社員としての能力を求められるので、なぜか競争社会に飲み込まれ、アレもコレもと頼まれてしまいオーバーワークになってしまった。

辞めた後はパートの看護師で、特別支援学校の医療的ケアをしています。

気管切開や自己喀痰が難しい児童の吸引や、経管栄養、バイタルチェックをしている。

苦労したことは、保健師としての経験が長かったためか、看護師としての能力を低く捉えられたことですね。

転職先候補としては同じ保健師職もあったが、前職を辞めた理由を問われるので受けることをやめました。

元保健師のキャリアを活かせるオススメの転職先3選

看護師

保健師がキャリアを活かせる働き方としてまず挙げられるのが病院やクリニックなどで看護師になる方法です。

保健師になるには看護師の資格もなければならないので、看護師として働いたことがあるならその頃のキャリアも活かすことができます。

介護職員

また介護職員として介護施設で働くのも魅力的な候補です。

高齢者の身体介護や生活介助などを主とする仕事で、福祉に興味がある人に向いているでしょう。

体を使った仕事が中心なので、デスクワークが嫌になってしまった人にも適しています。

医療系のコンサルタント

もう一つ候補としてオススメなのが、医療系のコンサルタントです。

行政保健師として働いてきた人の場合には、病院などでの医療だけでなく行政サービスも考慮した提案ができるのが強みになります。

行政や医療現場での人脈も使って営業を行える、という点でも魅力がある転職先です。

保健師を辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選 まとめ

保健師を辞めたいと思う理由として、

  • 事務作業ばかりなのが自分には合わないと感じる
  • 業務量が多いのに人が少なくて残業ばかりになってしまうのが嫌になる

ことがよく挙げられます。

また現場によっては派閥の存在が、業務や人間関係を複雑化させているのを面倒に感じるのが、保健師を辞めたいと思う理由となっていることもまれではありません。

保健師は

  • 看護師
  • 介護職員
  • 医療コンサルタント

などとして働くと、キャリアを活かすことが可能です。

保健師の場合には看護師も経験していることも多いので、長いキャリアを考慮して自分の強みを活かせる仕事を探せます。

保健師を辞めたら何をしたいのか、転職をしてどんな悩みを解決したいのかをよく考えて転職先を決めるようにしましょう。