放射線技師を辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
放射線技師は安定した仕事ではありますが、夜勤があったり、仕事が単調だったりしますよね。

やりがいを感じられなくなったり、面白みが無いとお嘆きの人もいるのでは?

この記事では放射線技師を辞める主な原因と、辞めた後に放射線技師のキャリアを活かせる転職先をご紹介します。

この記事を今後の参考にしていただければ、放射線技師の経験が活かせる職を探せます。

放射線技師を辞めたいとお悩みの人に最適な方法は?

放射線技師を辞めたい場合、次の仕事が見つかるか、よい転職先があるかが心配ですよね。

でも、心配無用です。

転職エージェントの「リクルートエージェント」を利用すれば、プロの転職エージェントが、膨大な求人(求人数は業界最大手)からアナタの過去の職歴や嗜好にマッチした会社、仕事を面談の上でご紹介します。

求人数が多いということは、それだけ理想の会社に出会える可能性が高いです。

他の転職希望者に理想の会社を取られないうちに登録すれば、アナタにとって最高の会社を見つけるチャンスですね!

リクルートエージェントに登録して理想の転職先を見つける→

放射線技師を辞めたい代表的な理由3選

忙しすぎる、または暇すぎる

放射線技師の仕事を辞める人は、これらの忙しすぎる、または暇すぎるのどちらかで不満やストレスを感じていることがよくあります。

意外に手の空く時間が多いと、日々繰り返されるムダに耐えられなくなり、辞めることを考えはじめます。

周囲の目も気になってしまうため、平然と続けられません。

病院に勤務する専門職となると忙しそうなイメージもありますが、そうとは限らないのです。

しかし大きな病院の放射線技師になると、真逆のデメリットに悩まされることがあります。

患者が多くなることで仕事も増え、異様に忙しくなり、ろくに休みもとれないほどの激務になったりするのです。

その場合も「体を壊す前に」という考えから、転職に気持ちが傾いていきます。

このように職場によって、極端な差が出てしまうことが放射線技師の特徴です。

夜勤による体への負担が大きい

病院には夜勤があるので、夜勤が生活のスタイルを大きく崩し、精神的にも肉体的にも、我慢できないほどの負担になる場合があります。

昼夜逆転のストレスに慣れる人もいますが、誰にでもできる簡単なことではないため、油断は禁物です。

なんとか続けていたとしても、ダメージが蓄積されすぎると、体調を崩してしまうことも考えられるのです。

蓄積された疲れやストレスをうまく解消できればよいですが、大きな病院でひどく忙しい場合は、難しいこともあります。

そんなときは、限界を超える前に別の職業を探してみましょう。

仕事が単調すぎる

放射線技師の仕事はルーティンワークが多いため、暇でなかったとしても、あまりの単調さにストレスを蓄積させることがあります。

同じ検査をひたすら繰り返す毎日というのは、想像以上に苦しかったりするものです。

やりがいを見つけられなかったり、モチベーションが下がってしまうことも多く、「このまま続けてもいいのか?」という疑問が湧くようになります。

国立や公立で転勤のある病院であれば、ルーティンワークのデメリットを軽減できる場合もありますが、変化がなさすぎて精神的にツライようなら、思い切って転職を考えてみましょう。

元放射線技師のキャリアを活かせるオススメの転職先3選

非破壊検査の調査員

放射線技師としてのキャリアを活かすのであれば、まずは非破壊検査の調査員があります。

非破壊検査というのは、何かを壊すことなく欠陥や劣化を見つけるものです。

放射線に関する知識は、その検査で役立てられるでしょう。

X線作業やガンマ線透過写真撮影作業などがあるので、選択肢に入れてみてください。

検査に集中できるため、あまりわずらわしい人づきあいがない点もメリットになります。

アプリケーションスペシャリスト

またアプリケーションスペシャリストにも要注目です。

アプリケーションスペシャリストとは医療機器の営業をする仕事であり、詳しい知識がある人だと、スムーズにはじめられることでしょう。

放射線技師は、放射線治療装置などの医療機器を使い慣れているため、それらを扱っているメーカーなら需要があります。

営業となると、非破壊検査よりもコミュニケーション能力の高さが重要になりますが、自信がある人は検討してみてください。

治験コーディネーター

他には治験コーディネーターもあります。

治験のサポートをする仕事で、CRC認定資格をとれば、給料が上がります。

治験コーディネーターも放射線技師の知識が役立つので、興味があるならチェックしておきましょう。

元放射線技師が語る、辞めた理由と辞めた後の仕事内容

Kさん 32歳

Kさん 32歳
仕事は好きでしたが大学病院に勤めていたため、完全に縦社会でした。縦社会の中で上司との関係がうまくいかなかったため、居づらくなり辞めました。

辞めた後は仕事は好きだったので、別の病院でレントゲン技師になりました。今の病院は上との関係も良好です。

同じ仕事での転職なので、あまり苦労することはありませんでした。

放射線技師を辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選 まとめ

放射線技師から別の仕事に転職するときは、準備を忘れないようにしてください。

ノープランでいきなり辞めたりすると、後悔することがあります。

どんな仕事に興味があり、何を優先したいのか、事前に考えて早めに行動すれば、うまく転職できるのです。

ただし「隣の芝生は青く見える」という言葉も忘れないようにしましょう。

他の仕事にもメリットとデメリットがあるため、絶対に放射線技師より楽になるとは限りません。

他の仕事に憧れを抱いているだけでは失敗することがあるので、転職をするなら、情報収集をしっかりと行ってください。

その上できちんと考えて結論を出せば、納得のいく仕事を見つけられるでしょう。

上辺だけなぞるような雑な調べ方は避け、できるだけ詳しく調べて深く考えることが、成功させるためのコツです。