SEを辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した編集長のオダです。
SEは激務で人がころころ変わることが多い職業ですよね。

なぜなら納期第一主義で、納期は何があっても守らなければいけないという厳しい条件の中で仕事をする必要があるので、疲弊してしまいます。

この記事ではSEを辞める主な原因と辞めた後のオススメの転職先3つをご紹介します。

SEを実際に辞めた人にインタビューも取りましたので、今後どうすればいいかの指針にもなるでしょう。

簡単に読めますし、アナタが天職に就くためのご参考にもなりますので、ぜひご一読ください。

SEを辞めた後にしたいことを明確にすべき

SEから別の仕事に転職をする場合、webエンジニア、ゲームプログラマーなどさまざまな仕事に定着するため、やるべきことを明確化する必要があります。

たとえばwebエンジニアの場合は、広告を作る仕事などもエンジニアのお仕事と捉えられ、ホームページのデザインを考えるデザイナーの仕事を一任されることもあります。

そうした業務をこなすにあたり、web作りをする基礎が身についているかどうかが、客観的に見て身についているかどうかを判断する期間が必要です。

転職するにあたり基礎が身についていると自分で判断できれば、転職就職に向けて活動し、身についていないのであれば専門の養成学校に通うなどして勉強するとよいでしょう。

転職活動がブレないために、仕事に何を求めるかはっきりさせること

SEを辞めてしまって再度新しい仕事に就こうと考えても、新しい職場で自分が何ができるか、何を求めているかが明確でないと、転職活動自体にブレが生じます。

たとえば給料だけで判断して転職先を決めてしまった場合は、入社した後にこんなはずではなかったと後悔してしまう可能性もあります。

これは想像された結果であり仕事の内容で入社したわけではなく、給料がよいというだけで会社を判断して入社したため、自分が思い描いている会社での生活と現実にズレが生じたためです。

このズレが転職活動時にすでに発生している場合、だんだんと転職活動の理由が異なるものへとズレていきます。

このズレがいずれブレとなって、自分が望んでいなかった会社に就職したり転職したりするわけです。

SEを辞めたい代表的な理由3選

下積みが長く使い走りの生活

SEは下積み時代にエンジニアとは関係のない仕事、つまり使い走りをさせられるため、システムを開発する本来の仕事と関係ないことをやらされることが苦痛で、SEをやめてしまいたいと思いがちです。

その使い走りの期間が何年であるかなんて聞いても答えは出ませんし、他のSEの先輩も同じような道を通ってきたとなれば、自分も使い走りをしないといけないという気持ちになり、嫌々仕事をするという状態に陥ります。

業務とは関係ない嫌な仕事がずっと続くと、耐えられなくなり辞めたいと思ってしまうわけです。

出世=昇進ではなく厄介ごとを引き受けるという意味

SEで出世をするというのは、給料が上がるのと同時にシステム開発の仕事をする上で、すべての厄介ごとを引き受けるということです。

そのため出世すればするほど、仕事の拘束時間が長くなり、だんだんとモチベーションを維持できず、仕事に嫌気が指して辞めてしまいたいと考えるようになります。

つまり自分の仕事自体も忙しいのに、他人の仕事にも気を配り、仕事を手伝ったりする必要が出てきます。

出世=もっと仕事を頑張るという意味になり、出世しない方がましと考えるようになります。

出世しなければお給料も上がらないため、仕事としてやりたくないという気持ちが生まれやすくなり、SEを辞めたいと考えるようになりがちです。

出来て当たり前の精神

SEの仕事を辞めたいと思う最大の理由は、SEは仕事を完璧にこなすことが当たり前であるという風潮です。

そのため突然仕様の変更をお願いされても断る権利がなく、会社の意向に従わなければなりません。

もちろん仕事はできて当たり前という風潮のため、「できない」ということができず、SEの人員もできないと自覚しているため、自ら仕事を辞めていってしまう人もいます。

仕事を辞めてしまった人の分の仕事も引き受けなければならないという特性上、誰かが責任を取らないといけません。

ただ誰も責任を取らないため、仕事を辞めるしか責任を取る方法がない。

というのが、SEをすぐにでも辞めてしまいたくなる最大の理由と言えるでしょう。

元SEが語る、辞めた理由とSEを辞めた後の仕事内容

Iさん 42歳

Iさん 42歳
SEは34歳の時に辞めました。

お客様の要望を聞いて、帳票などのデザイン設計を一から考えるのに疲れたこと。思ったよりもしんどくて、納得してもらえなければ何度も何度もやり直しをさせられたことで、仕事がイヤになったのが辞めるきっかけです。

その後は営業にいきました。ノルマもあり大変ですが、プレゼンはSE時代である程度経験しているので、新天地で頑張れればという気持ちでした。

もう30代半ばという年齢だったので、なかなか条件面、職種面で折り合わない求人ばかりだったことが転職で困ったことですね。

Hさん 35歳

Hさん 35歳
2年前に体力がもたなくなり、体調を崩すことが多くなりました。

挙げ句の果てには倒れてしまい、うつ病を発症してしまったのでSEを辞めました。

その後は近所のサンドイッチ屋さんで販売のアルバイトをしていました。月に3~4回程度のパートとして一年ほど働いてました。

面接で「ずっとSEとして働いていた」と言うと、接客などの他の業務がまるでできないような扱いを受けてしまって辛かったです。

Mさん 31歳

Mさん 31歳
5年前にSEを辞めました。

残業が多く心身ともに疲れてしまい、出社前に涙が出るなどの症状が出たため精神科を受診したところ、躁鬱状態だと診断されたためです。

SEを辞めた後は、販売の仕事につきました。あえてお客さんと話すことが多く、パソコンとは一切関わらない全く別の業種にしました。

ちょうど人不足だったのか、あまり苦労はしていませんが、SEは対パソコンというイメージがあるようで、「販売の仕事は対お客様だができるのか?」という質問には少し困りました。

Wさん 24歳

Wさん 24歳
1年前に退職しました。

上司に強要される残業がとてつもなく多かったため、転職を考えました。

仕事内容はおもしろく、がんばっていきたいと思ったのですが、この職場で続けていたら精神的にもたないと感じました。

その後は商社の貿易事務として、輸出入の通関に関する補助的な業務を担当しました。具体的には、通関書類の管理や実績のデータ入力です。

前職のSEから全く別の業種・職種への転職だったため、退職理由(人間関係、職場環境)が問題ないかの質問はかならずあり、返答が難しかったです。

SEとして働いていた人にオススメの転職先3選

webエンジニアやデザイナー

webエンジニアやデザイナーであれば、SEほど根本的な問題を解決するお仕事ではないのでオススメできます。

基本的にコンピュータ言語を扱う点は同じですが、エンジニアほど専門的な言語を使用するわけではありません。

エンジニアとしてコンピュータ言語を学んだことがある人であれば、webで使用する言語についても、すんなり理解できるはずです。

事務

事務の仕事も転職先としては有用です。

パソコンを使用してデータを整理することが主な仕事ですので、エクセル、ワードを使用したことがある人であればすんなり受け入れられ、残業があまりないことが多いです。

外回りの営業

意外な転職先として、外回りの営業の仕事もオススメです。

SE時代の忍耐力を持続できるのであれば、外回りの営業のほうが楽と感じることもあります。

SEを辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選 まとめ

SEとして仕事をしていた方が辞めたくなる理由は、誰からも褒められることなく、できて当たり前であるという仕事の特性です。

やる気をなくしたり、ブラックな環境ゆえに仕事を辞めてしまいたいと考える人が多いのが現状です。

全然エンジニアとは関係のない仕事に転職する元エンジニアも多いです。

たとえば営業の外回りなどの仕事は、エンジニア時代に培った忍耐があればそれほど仕事としては苦ではないと考える人もいます。

このように転職を考えている人が多いのがSEです。

SEの方へオススメの転職先としては先に挙げた

  • web系エンジニア
  • 事務の仕事
  • 外回りの営業の仕事

などがオススメのお仕事です。