貿易事務を辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
貿易事務の仕事は一般的な事務とは毛色が違い、特殊で忙しいこともあり、わりと人の入れ替わりが激しい業務です。

めちゃめちゃ激務だけど、安い給料だという中小企業の会社も多く、ある程度休みなど、プライベートを充実させたい女性などには不向きな仕事かもしれません。

この記事では貿易事務を辞める主な原因と、辞めた後のオススメの転職先3つをご紹介します。

貿易事務を実際に辞めた人にもインタビューしておりますので、今後の転職の参考にしてください。

このまま貿易事務を続けるのか、まったく違う仕事を選ぶのかお悩みでしょうが、これからの転職(天職)のご参考になりますので、ぜひご一読ください。

貿易事務を辞めた後に何をしたいのか

貿易事務を辞めて転職される方は、今まで得た貿易事務経験を活かせる企業に転職したいのか。

それともまったく別の業種に転職したいのかを明確にすることをオススメします。

たとえば前者だと、今は中小企業に勤めているけど、大手企業の貿易事務を取り扱っている企業に転職すれば、今より条件は格段によくなるでしょう。(今の物流業界は人手不足に悩まされている企業が多いので、ある程度の条件で転職できる可能性が高い)

後者であれば、たとえば一般的に貿易事務業務は忙しいところが多いです。

しかも同じような書類を、ずっと繰り返しさばくことも多いので、やりがいを感じれる場面が少ないです。

「少し気分を変えて、違った業種で働いてみたい。」というように、まずは何をしたいか目標を作って行動することが大切です。

転職に求めるのは何?わかっていないと転職活動はうまくいかない

まず貿易事務に限らず、転職する理由を明確にする必要があります。

給料が単純に安いといった理由だけで転職してしまうと、次の会社に行って給料が上がる保証があるのか。

上司と反りが合わないからといって、次の会社でさらに嫌な人がいたらどうするのか。といったリスクは付きものです。

知人やネットの口コミ情報に「あそこの会社、給料いいらしいよ。職場の雰囲気もすごくいいらしいよ。」などといった情報に踊らされて、転職して入ったら聞いていた話とまったく違った!なんてこともありえます。

それらの情報は、たまたまその人がいい部署や待遇なだけであって、転職して入ってその人と同じような待遇になるとは限りません。なので転職するからには、しっかり下調べして活動した方がよいでしょう。

まず今の自分の不満が、次の会社に転職して解消されるのかどうかをしっかり下調べしましょう。

多少の不平不満なら、我慢も大切です。

どこの職場にも必ずそういった不平不満はあるからです。ただ、

  • 給料が安すぎて生活できない。
  • 職場の上司がパワハラしてきて、体調に影響が出る。

といった場合は、早期に退職して見切りをつけた方がよいでしょう。

貿易事務を辞めたい代表的な理由3選

給料が比較的安価な企業が多い

貿易事務の会社は英語が必須、難しい事務処理能力が要求されるといったイメージがあるかもしれませんが、慣れてしまえば比較的簡単な業務が多いです。(ただ覚えることは多いです)

なので派遣社員や契約社員、正規社員でも比較的下の階級職の方がやる業務で、どこの会社も比較的給料水準は低く設定されています。

大手フォワーダー業者や通関・倉庫業者であれば、それなりに高い給与が設定されておりますが、中小企業などはそこまで給与水準が高くありません。

貿易事務の給与体系はどこの業者もそこまで大差がなく、安い業者だと手取りで15万を切る業者もあります。

覚える業務量が膨大

これは会社にもよって状況もさまざまです。

貿易事務業務は覚えてしまえば、なんてことはないですが、覚えるまでは

  • 商流の流れ
  • 物流の流れ
  • 書類の流れ
  • その他専門用語

など、覚えることが多くあります。

1つの専門業務、たとえばBL発行だけ、通関だけ(さらに分ければ輸出通関だけ、輸入通関だけ)、フォワーディング業務だけ、など各専門業務に細分化されていれば覚えることも限られてきますが、貿易事務はだいたい通関・倉庫・フォワーディング業を一貫して行っている企業が多いのが実態です。

その人の能力にもよりますが、仕事ができる人はあれやこれやと業務を振られますので、覚えることが膨大にあります。

新しい刺激が欲しい方にはよいかもしれません。

忙しいすぎる実態

繁忙期などにもよりますが、忙しい時はかなり忙しいです。

毎日21時を回っても帰れないようなことも状況によってはざらです。

たとえば輸出入の量が増えれば、それだけ貿易事務でさばく書類関係も多くなってきます。

一番厄介なのが、大して儲かりもしない混載業務。

案件自体は小口ですがかなりの量があります。

小口だからさばく書類も少ないと思いきや、大量にあります。

ただ時期にもよるもので、暇な時はとても暇です。(もちろん企業によってさまざまです。)

忙しさの波が多い業務なので、急な忙しさに耐えれる耐久力が必要になってきます。

元貿易事務が語る、辞めた理由と辞めた後の仕事内容

Mさん 43歳

Mさん 43歳
決まりきった日程の輸出手続きだけやっていればいいわけではなく、急な変更や無理な停止などの変更に対応するのが大変で、精神的にも辛かったため10年くらい前に辞めました。

退職後は親族の紹介で、国立大学の教授の秘書業務に就きました。

主に先生が抱えるたくさんの事務作業を請け負い、出張の手続き、講演会や勉強会の準備をしたりしています。

全く違う業界だったので、慣れるのに時間がかかりました。とくに大学の先生は個性的な方が多いので、会話を合わせるだけでも大変でした。

Mさん 39歳

Mさん 39歳
あまりに忙しすぎました。コンテナ貨物の輸出輸入の事務をしていましたが、物量が多すぎて厳しくなり辞めました。

今は自動車ナットの製造業をしています。

ナットをメッキに出した後の最終工程である検査をしています。ナットにダメージやバリはないか画像機にかけて検査しています。

貿易事務は非常に特殊だと思います。外国貨物の輸入輸出には沢山の資料がありますが、どれも特殊でそれが他の事務にはなかなか活かされません。

Nさん 40歳

Nさん 40歳
一時的ならまだしも、こなせない人の仕事がまわってきてても、会社は知らんふり…。

とにかく担当する貨物の量が多すぎて、時差もあることからプライベートがないに等しかったから辞めました。

辞めた後は大学の事務職員になりました。留学生も多く、直接的ではないが、語学、各国の文化等、前職で培われたものが何かと役に立っていると思います。

ただ貿易事務の経験=やたらめったに語学を期待されます。貿易用語の英語が主流だったので、変に期待される部分は転職後苦労しました。

Oさん 36歳

Oさん 36歳
時間に追われすぎるところが不満で辞めました。

私の扱っていた商品が、生の海産物だったため、早くしないと商品が腐ってしまう危険性が高かったので。

その後は損害保険会社で事務をしました。突風や豪雨などで家屋が壊れた方が電話してくるコールセンターでの事務の仕事でした。

前職が貿易関係と知ると、「そんないいところなんで辞めたの?」とよい会社だったと決めつけて話をしてくることが多々ありました。

あからさまに悪口も言えないし、その点では苦労しました。

貿易事務のスキルを活かせるオススメの転職先3選

検数業者

検数・検量業者は輸出入貨物の品質状態や数量などをチェックする業者です。

社団法人ということもあり、給与水準も比較的よいところが多いです。

しかも貿易事務の経験は必ず生きてくる仕事なので、実務経験のある転職先としてはうってつけだと思います。

メーカーの物流部署

やはりメーカーというだけあって、メーカーの物流部署は給与も高水準の所が多く、働き方も改善されている企業が多いです。

1点注意が必要なのが、メーカー物流ではありません。

あくまでメーカーの物流を専門に扱っている部署です。(メーカーの子会社ではありません。子会社は通常の貿易実務企業より待遇が悪いところも多いです。間違えない様にお願いします。)

外資系企業

輸出入の貿易事務で得た知見は、必ず外資系の企業でも役立ちます。

外資系企業というと抵抗がある方もいるかもしれませんが、難しい商流や物流を経験した方には、高水準の提示を出している企業も多いです。

企業によっては年収も大幅にアップするかもしれません。

貿易事務を辞めたい。辞めたい主な3つの理由とオススメの転職先3選 まとめ

色々と転職を推進する記事を書きましたが、当然のことながら企業によって待遇は違ってきます。

貿易実務業者も大手企業であれば、しっかりとした待遇の所も多いので、就職する際はそのような企業に就職されることをオススメします。(また大手である程、働き方改革も浸透しているので、それほど忙しくないのが実態です。)

中小企業で貿易事務をされている方は、自分の転職理由をまず明確にした方がよいと思います。

自分の転職理由が次の会社に行って不満が解消されるかどうかをしっかり下調べをしましょう。

自分のステップアップのために転職することが理由であれば理想ですが、現実はそうでなかったりしますよね。

なので一度冷静になって転職理由を見つめなおしてみてください。

ただし給料が手取りで10万円弱しかない。職場がブラックすぎて、体調を崩す恐れがある。というような会社は、早期に退職して次の会社に転職してください。

なぜなら転職すれば、今の会社より条件がよくなる可能性の方が高いからです。