仕事辞めたいというのは甘えなのか?甘えか甘えでないかを判断する3つの基準


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
仕事を辞めたいと思っていても、自分が甘い考えなのか?と思い悩む時ありませんか。

アナタは仕事辞めたいというのは甘えなのか、甘えではないのかを判断する基準を知りたいと思いませんか?

この記事では、甘えなのか甘えではないのかの3つの判断基準を詳しく解説します。

仕事辞めたいというのは甘えなのか?

仕事を辞めたいと思うのは甘えではありません。

ですが仕事を辞めたいと思う理由によって変わってきます。

社会人の大半の人は一度くらい「仕事を辞めたい」と考えたことがあるはず。

ですがそこですぐに辞めないのは、自分の中で甘えを認めざる得ない部分があるからです。

たとえば「仕事がツライ」と言っても具体的に何がツライかによって、甘えかどうかは違います。

  • 毎日決められた時間働くのがツライ
  • 責任を求められるのがツライ

というようなことが理由であれば、それは甘えになります。

もちろんその裏に会社から極端に強要されているといった事情があるなら一概には言えませんが、基本的には自分に社会人としての忍耐が身についていないなら甘えとなります。

仮に転職をしても必ず同じ悩みに直面する可能性があるので、それが嫌なのであれば負担も少ないけれど、給料も少ないという仕事を選ぶしかありません。

自分で何もせずにすべての条件を満たす理想の仕事を探そうとするのは、甘え以外の何物でもないのです。

ですがそういった社会人としての常識が欠落した理由以外であれば、仕事を辞めるのは与えられた選択肢の一つですので、甘えであるかどうかは気にする必要はありません。

中にはどんな理由を立てても甘えだと糾弾してくる人もいますが、自分を見つめ直して出した結論であれば甘えであるはずがありません。

やるべきことをすべてやったのか

仕事を辞めたいけど甘えではないかと心配であるなら、やるべきことをすべてやったのかを考え直してください。

仕事を辞める理由を挙げること自体は、それほど難しくありません。

  • 自分には向いていない仕事だった
  • 上司との相性が良くなかった

などの理由があった時に、その解決に向けて自分が努力をしたかが甘えか甘えでないかの判断基準になります。

不満を抱えて愚痴をいうのは誰にでもできますが、社会人である以上はそこに自分を合わせる努力が必要です。

自分のやりたい仕事をやりやすい環境でするのは、非常に難しいです。

待っていても誰も与えてはくれないので、自分が今の環境に適応する努力をするか、他人がよい仕事を与えてくれるように実力を認めさせるしかありません。

仕事を辞めたいと思った時には、自分がそこまでやりきったかを考えてみましょう。

自分にできることを全部やった結果、改善が見られないので辞めるというのであれば、それは仕方がないことです。

このまま続けても苦しいだけですので甘えとは言えません。

ですがまだ努力できる余地が残っていたり、現状を打破するためにもがいていないのであれば考えなおす必要があります。

転職をしたところで同じシチュエーションになれば、また辞めたいと考えるようになります。

まずは自分の行動を振りかえってください。

ハラスメント系の問題があるのかどうか

社会人をしていると、自分ではどうにもならない問題を抱えることがあります。

その代表例がハラスメント系の問題で、これは相手側の問題ですので耐えることができなくても甘えにはなりません。

たとえばセクハラを受けていた時に相談をすると、中には笑って受け流すようにアドバイスをしてくる人がいますが、それは違います。

セクハラと感じるかどうかは受け取る側の判断ですので、自分が強い不快感を持って、かつ相手に改善の意思がないのであれば、それはもう甘えではなくなります。

パワハラも同様です。

仕事をしていれば上司から強い叱責を受けることは多々あります。

その強い叱責が意味のある指導で、理不尽なものでなければ真摯に受け止めて、改善のために自分が努力をしなければなりません。

しかし度がすぎる指導や恫喝、理不尽な処遇はハラスメントであり、我慢をする必要はまったくありません。

「上司に怒られたから辞める」というのでは甘えですが、パワハラレベルのものであれば逃げるが賢明であり甘えにはなりません。

会社の人間関係や環境に悩んで仕事を辞めたいと思った時には、客観的に見てそれがハラスメントかどうかで甘えか甘えではないかの判断基準にできます。

自分を潰さないための対応であれば、甘えにはなりません。

辞めた後の自分の将来をしっかりと描けているか

仕事辞めたいというのが甘えか甘えでないかを判断する際には、辞めた後の自分の将来をしっかりと描けているかが基準となります。

仕事を辞めるだけであれば簡単ですが、肝心なのはその後どういった人生を歩んでいくかです。

そのキャリアを描けずにただ漠然と仕事を辞めたいと考えるのであれば、それは甘えという判断になります。

特別な事情がない限り、取り合えず今の会社が嫌だから辞めてしまうというのは社会人として甘いとも言えますので、周囲の同意を得るのは難しいでしょう。

よく考えずに条件だけに釣られて別の仕事に転職をする時も同様で、そこに大義がなければ甘えと言われても仕方がありません。

逆に言えば自分の将来をしっかり描けていて、辞めることが自分にとってベストな判断だと出来ているのであれば、それは甘えにはなりません。

人生は一度きりであり、自分が目指したい道はチャンスがある限りは追い求めるべきです。

そのために今の仕事を辞めるのであれば、周囲の人が何を言ってこようと気にする必要はありません。

それがやりがいであっても給与面であっても、自分の人生を良くするために出した結論であれば尊重されるべきものですので、甘えではないかと悩まなくて大丈夫です。