今すぐにでも仕事を辞めたいブラック勤務。アナタを救う唯一のこと


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。

今すぐにでもこの会社から逃げ出したい!早く辞めたい!と悶々としているアナタ。

アナタが勇気をもって行動すれば、道を開く方法があります。

簡単すぎることですが、実際にはなかなか難しいことかもしれません。

でもなんとか実行して欲しいです。応援しています。

「今すぐにでも仕事を辞めたい」と、耐えられないブラック企業なら逃亡しよう

  • もうダメ。こんな会社いられない…
  • 今すぐにでも仕事を辞めたい。辛すぎる…
  • このままこの会社にいたらホントにヤバそう…

最近はブラック企業の存在がクローズアップされていて、色々と悲しい事件が起こったりしていますよね。

世の中にこれだけブラック企業という存在が知らされている割りには、ブラック企業が減らない世の中になっており憤慨します。

ブラック企業で頑張って働いている人はそれぞれ辞めれない状況があるのだと思います。

私もブラック企業に勤めていた時は、すぐにでも逃げ出したかったくらい劣悪な環境で働かされていましたし、1人で孤立していました。

早く辞めたかったけど、人もいないし繁忙期に辞めてしまうというのは人としてダメなんじゃないかと悩んでた結果、繁忙期が終わるまでは在籍することに決め、なんとか乗り切った覚えがあります。

退職することを決意して、その会社の社長に伝えてからは終わりが見えていたので、

  • 毎日なかなか起きられない
  • 体がだるい
  • 会社に行くのが怖い

と思いながらも出社できてました。

でも世の中には私と違って、仕事、会社を辞めたいけど辞められない状況の人もいらっしゃいますよね。

ブラック企業にお勤めの皆さんがその中でうまくやれない人のは、基本的にマジメで頑張り屋さんの人が多いからです。

自分がそうだったとは言いませんが、どことなく損をしてしまうような感じの人が多いのでしょう。

記憶に新しい痛ましいD社の社員さんの自殺でも、お亡くなりになった社員さんはめちゃめちゃ頑張り屋さんだったと思いますし、そんな人がブラック企業の犠牲になってしまうのは完全におかしな世の中です。

冒頭のような「今すぐにでも会社を辞めたい」と思っている人にたった1つだけ私が言いたいことがあります。

それは、

人生をめちゃくちゃにされる前に逃げてしまおう

ということです。

ブラック企業にお勤めの人は明らかに一人がこなせる量以上の仕事量で、片付けても片付けても自分の仕事が減らないのは自分の能力のせいだ。と自己否定に陥ったりするマジメな人が多いです。

でも会社には世話になっているから。と頑張って仕事を続けているパターンがよく見受けられます。

しかし極端な話をいうと、アナタが病気になってからでは遅いのです。

精神が異常をきたさない前に逃げ出すこと。今すぐ仕事を辞めたいと思ったら実行あるのみ。退職するのは恥でもなんでもありません。

国民には職業選択の自由が与えられているのです。

退職することも立派な権利であり、当たり前のことです。

たとえば新卒で入った会社が超ブラックで、すぐに仕事を辞めたいと思った場合も周りからは「我慢が足りない」と言われる場合もあるでしょう。

でもそれが

  • 毎日12時まで働いて家に帰ったら日付が変わっている
  • 仕事が終わらないので土日の休みも実際には出社しており、その出勤についてはタイムカードも押せない
  • 上司がいつも怒鳴ってくる
  • 給与も時給換算するとバイト以下

こんな状況ではどうでしょうか?それでも我慢してその会社に居続けますか?

そんな状況なら、すぐに辞めて違う職を探した方がよいと声を大にして言います。

病気になってその後に1年も2年も働けないようになってからでは遅いのです。

ブラック企業に身を置いていると、 

  • 働くことの恐怖
  • 精神に異常をきたす

という割合が増えます。

どちらもいったん身近になってしまうと、元の状態に戻すのに時間を要します。

そうなる前にこちらから身を引くことを考えてください、いや実行してください。

私の友人の例をご紹介します。

彼はある関西の有名私大を卒業して、リフォーム業者に新卒で入りました。

その会社が彼ほどの高学歴の人間を採用することがはじめてだったようで、彼は将来の幹部候補として入社したそうです。

前途洋々かと思っていたら、その会社は悪徳リフォーム会社。社内では上司が部下を叱責する声、音がこだまし、客に対しては騙して契約させるというような会社だったそうで彼は2週間程でその会社を去りました。

その会社は後々悪徳リフォーム業者として上層部は逮捕され、新聞沙汰にもなっていたので、当時の彼の判断は間違っていなかったということです。

これは極端な例ですが、引き際、見切りをつけるということも人生においては大事だということが言いたいわけです。

もちろんイヤなことがあったからと言ってすぐに仕事を辞めるというのとは話が違いますので、そこは勘違いしないようにお願いします。

本当ブラック会社に勤めている人はできるだけ早くブラック企業から脱出するように、「退職届」を出しましょう。

「退職願」ではダメです。退職願では否認される可能性があります。

(今すぐに仕事を)「辞めさせてもらえませんか?」とお伺いをたてるのと、
(今すぐ仕事を)「辞めますから」と断言するのと違いがありますよね?

退職届とはそういうこと。

それでも出しづらいという人は郵便局から内容証明郵便で退職届を送るという方法がオススメ。もちろん法的にも有効です。

ただし「2週間前に退職の意思を伝えなければならない」という決まりがありますので、そちらは一応守っておいて、残りは有休を取るか病気なので休むなど時間が経つのを待てば晴れてブラック企業脱出です。

第一目標としてまずブラック企業から逃げ出しましょう。 

ブラック企業から脱出した後はよい会社に勤めましょう

 

ブラック企業から晴れて脱出した後は、今まで働いていた会社とはまったく違う環境を得られるような会社に勤めたいですよね。

そのためには転職活動が必要になってきます。

絶対もうブラック企業に就職しないためには、転職エージェントの相談を受けてみませんか?

転職エージェントは転職のプロです。

自分がよりよい仕事につけるためのキャリア相談にも対応してもらえますし、自分がどんな仕事が向いているのかどんな業種を選べばよいのかという相談にものってもらえます。

私の場合もブラック企業在職中は時間がなかったのと、辞めることのみに重点を置いていたために次の仕事のことを考えられず、転職エージェントにお世話になったのはブラック企業脱出後でした。

私はエージェントに相談の上

  1. 次は絶対ブラックな企業では働きたくない
  2. ちゃんとしたまともな会社を紹介して欲しい
  3. 長く働けそうな会社を紹介して欲しい

と3つの要望を出しました。

その結果紹介予定派遣で働く方法を提案していただき、から今の会社で働きはじめ、最終的には転職することができたのです。

まさにドンピシャな求人を紹介してもらって大満足でした。

アナタもプロの力に頼って、ブラックを抜け出してよい仕事についてください。

陰ながら応援しています。

もちろん登録は無料です。

転職エージェント利用者300人のランキングをチェックしてみる