【転職できない】転職エージェントに求人紹介を断られるならすべき3つのこと


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
転職エージェントに登録をして、履歴書であったり職務経歴書を出しても紹介を断られたことはありませんか?

断られるにはさまざまな理由があるのですが、転職エージェントを利用している人も、途中で断られることもあります。

何が悪いのかわからず、文句を言いがちですが、求人紹介を断られるのには訳がありますので、その訳を知った上で次の行動に起こすことが重要です。

この記事では、もし転職エージェントに紹介を断られた場合、どの様にすべきなのか3つの対処法についてお伝えします。

転職エージェントに求人を紹介されず断られるのはなぜ?

転職エージェントに求人を紹介されない、断られる理由というのは、条件に見合う求人が無かったという可能性が一番高いです。

また履歴書であったり、職務経歴書の情報が不足していたからという可能性もあります。

転職エージェント側も必ず、

  • 履歴書の内容
  • 職務経歴書
  • どの様な職種に就きたいのか

等の条件を必ず見ます。

登録をしたからと言って、全員に求人紹介がされるということではなく、その登録情報を元に企業を紹介します。

登録をしてすぐに断られたり、登録ができなかったという場合、その多くは条件にあっていなかった、求人がなかった、情報量が少ないというようなことが原因です。

転職エージェントに求人紹介を断られるならすべき3つのこと

求人情報が少ない場合は、直接企業の情報を調べる

転職をする場合は必ず、希望の職種を聞かれます。

たとえば事務職、プログラミング、IT企業など、 さまざまな企業が転職エージェントでの募集をかけています。

資格が必須である職業の様な一見重宝される仕事内容も、より専門的になればなるほど、求人情報は極端に少なくなります。

たとえば作品を作るような仕事、絵を描く、工芸品を作るといった仕事は求人情報がほぼありません。

転職エージェントを利用して、そのようなことができる企業に入りたいと思っても、その企業が転職エージェントに登録をしていない可能性が大です。

登録をしている企業というのは、転職エージェント経由で人材を欲しいと考えているので、企業が転職エ ージェントで求人を出していないということであれば、転職エージェント側も求人を紹介しようにもできませんよね。

専門的な仕事関連の企業の場合は、直接その様な企業がどこにあるのか調べる、直接応募をすることができるのか調べるといったことをしてみましょう。

どうしても募集をしていない企業もありますが、一度問い合わせのメールを出してみるなど、転職エージェントでの登録が断られた場合に起こすべき行動も、自分が望む仕事につくためには大切なことです。

企業側の求める条件に見合うようになる

企業の条件に見合ってなかったため、断られたという可能性もあります。

たとえば履歴書や職務経歴書を書く際に、事務職に転職をしたいとしましょう。

その時に書く情報というのは、

  • 今までの職歴
  • どんな学校に通っていたか
  • 取ってきた資格

など、あなたがどのような経歴を積み重ねてきたか?という情報を書くことです。

ですが資格も持っていないし社会人経験もあまり無いなら、書く情報が少なくなりますよね。

転職エージェントを利用して転職をしたいと思ってても、企業側にも応募者に対して、さまざまな条件があります。

たとえば 「大学卒業でかつ社会人経験2年以上、簿記検定〇級以上」というような条件です。

この様な条件は、必ずどの企業でもあります。

もちろん「未経験者OK、誰でも歓迎」という企業もあります。

ですが今回設定している事務職のような場合、転職エージェントでのみ募集をしている企業であれば、条件も厳しいことでしょう。

登録する際に、どの様な企業に入りたいのかを聞かれますが、企業側の求める条件にあっていなければ、転職エージェントが仕事を紹介することもできません。

転職エージェントで求人紹介を断られてしまった場合は、まず企業側の条件を満たす必要があります。

「未経験者OK、誰でも歓迎」という企業を見つけ、転職エージェントからでなくても、応募や面接ができるということであれば、その方法を取ると良いです。

しかし転職エージェントに登録している企業で仕事をしたい場合は、企業側の条件を満たすことができるようになってから、再び登録し相談するのが良いでしょう。

別の転職エージェントで登録してみる

転職エージェントにはさまざまな企業が登録をしていますが、どの企業も登録をしている訳ではありません。

Aという転職エージェントには登録をしていても、Bという転職エージェントには登録をしていないという企業もあります。

断られる理由の1つに、求人情報の少なさがありますが、単純にその求人が見つからなかったという可能性もあります。

その場合は別の転職エージェントで登録するという方法があります。

掛け持ちしてみて、別の転職エージェントで登録をしてみることで、もしかすると自分の希望にあった、職種に巡り会うことができるかもしれません。

転職エージェントに求人紹介を断られるならすべき3つのこと まとめ

転職エージェントに登録ができない、断られてしまったという人も少なからずいて、その理由は求人情報の少なさや、条件にあっていなかったということがメインの理由です。

そのため直接企業を調べてみることや、別の転職エージェントで登録をしてみる、企業側の求める条件に見合うように資格を取るなど、断られた場合に工夫をすることが重要です。

何もせずにただ終わるのではなく、転職をしたいという意思があれば自分に合った行動をしましょう。