【職務経歴書って何?】「書いたことないよ」という人への書き方のおさらい


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。

転職の際に、履歴書を送付するのはわかる。

でも最近の転職活動では、履歴書と同時に「職務経歴書」なるものを提出するよう求められることが多いらしい。


「職務経歴書」って何?どこで手に入るの?
って疑問がわく人いらっしゃいますか?

そうですよね、昔は履歴書の提出だけで済んでましたもんね。

私が今の職場に転職した際にも、はじめて「職務経歴書」を提出しました。

それ以前にもあったようですが、履歴書と職務経歴書がセットとして考えられるように

なったのは、90年代のバブル崩壊後だそうです。

今の若手で転職する人は転職が普通になっている世代なので、職務経歴書が当たり前なのでしょうが、バブル期頃に新卒で社会に出た人の場合、はじめて職務経歴書を作成するということがあるかもしれません。

この記事では、職務経歴書の役割や書き方などをご紹介しますので、ご参考になれば嬉しいです。

職務経歴書の役割

そもそも履歴書だけでは、今までどんな仕事をしてきたのかがわからないので、職務経歴書を提出することが当たり前になっています。

履歴書に書いていない、アナタの今までの職歴を詳細に書いてアピールするのが、職務経歴書の役割です。履歴書の書き方はコチラを参考にしてください。

なので今までに勤めてきた会社(正社員・派遣・契約などすべて、アルバイト歴は書かなくてよい)でアナタが担当した業務で、アピールできるものやプラスになりそうなものは、書きまくりましょう。

職務経歴書はすべての経歴を書く必要がありますので、前職の職歴だけを記載するなどはNGです。

職務経歴書はアナタが今までに携わってきた仕事の内容をわかりやすく書くものです。

営業の人の場合は、過去に実績をあげた売上金額などを書くことで、アピールすることができます。

資本金だとか従業員数だとかを知らない場合は、わかることだけを書けばよいです。

履歴書と一緒に職務経歴書を提出するのが、最近では当たり前になってきています。

履歴書の職歴欄には会社名と入社、退職の日付を記し、職務経歴書にはさらにその会社で携わってきた仕事の内容について書けばよいとされています。

すべての経験した職務経歴を記載すること以外は形式やページ数も含めて自由です。

つまり履歴書の内容と重複しても構わない。ということですので、自己アピールや志望動機、普段アナタが仕事をする上で心がけていたことなどを記載するのがよいでしょう。

職務経歴書は、自由な形式で書いていいので、自分のセールスポイントをアピールするのには最適の形です。

履歴書はただ単に会社に属していた事実しかわかりませんが、職務経歴書はその人がどのように仕事してきたかがわかるので、履歴書より重視している会社もあるようです。

職務経歴書をどのように書くか? 志望動機や自己PRもまとめましょう。

以下に一般的な職務経歴書で書く内容についてまとめましたので、ご参考ください。

  1. 日付を書く
  2. 氏名を書く
  3. 職務経歴概要を書く(どんな仕事をしていたか等を2行以内で簡潔に書く)
  4. 得意な分野・スキル・過去の仕事で経験したことを書く(営業なら新規開拓が得意とか等)
  5. 期間、会社名を書く
  6. 会社名、業務内容、従業員数、資本金、業務内容や職位、正社員か契約社員か、担当業務を書く
  7. PCスキルなど書く(スキルがない場合は書く必要ないです)
  8. 志望動機を書く(過去の仕事内容と絡められれば、書きやすくなるはずです)
  9. 自己PRを書く

手書きで書くのではなく、職務経歴書はPCで作成しましょう。

ただし履歴書は、手書きで書くようにしましょう。

一般的にアルバイトは職務経歴とする必要はないとされていますが、記載してはいけないということではありません。

期間の長いアルバイトや、応募先と同業種でのアルバイトなど、経験が応募先へアピールになる場合は書くべきだと思います。

とくに社歴のない人や新卒で入ってすぐに辞めてしまった人で、アルバイト歴からアピールできることがあるのならば、それは書き出すべきですね。

アナタのアルバイト経験が、企業に対して少しでも「売り」になると思ったのならば、書いた方がいいでしょう。

短期間で辞めてしまった場合の職務経歴書の書き方

たとえば新卒で入って、試用期間で退職してしまったなどの経歴がある場合は、転職時に不利な要素となってしまいますが、そのことを職歴に記載しなくてもいいという根拠はありません。

なので職務経歴書に、記載する必要があります。

極端な話ですが、会社側がアナタが意図的に不利になる短期間の経歴を記載しなかったという判断をすれば、そのことが経歴詐称とされ解雇されてしまう可能性があります。

試用期間で退職してしまった場合、会社側は短期間でアナタが何を身に着けたのかではなく、なぜ短期間で退職してしまったのかを確認したいのです。

よって職務経歴書には、試用期間中に行っていた業務内容だけではなく、アナタが試用期間でなぜ退職することにしたのかという理由をしっかりと記載しておくべきでしょう。

ただし前職の会社の批判や、情報の暴露はNGです。これは面接でも同様です。詳しくは面接で退職理由を聞かれた場合のたった3つのポイントを読んでみてください。

面接はできるだけポジティブな内容としなければなりません。

たとえば、

アナタ

アナタ
試用期間だけで判断するのは非常におこがましいですが、自分が入社前に予想していた業務内容とかけ離れていました。このまま居続けていても、私が希望するような経験を積むことが出来ないと判断して退職に至りました。
のような感じで書いてみてはいかがでしょうか。