仕事が怖いといつも考えるようになった時にアナタが取り除くべき3つのこと


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。

ブラック企業で働いた経験がある人に多いのですが、

働くのが怖い

と恐怖症になっている人、少なからずいますよね。私もブラック企業在籍時はそうでした。

  • 毎日毎日、意味もなく怒鳴られる
  • やってもやっても終わりの見えない仕事でやることが減らない

こんな状態が続き、朝起きて会社に行って働くことが、

当時の私

当時の私
こんなに辛くて怖いのか…
と今では考えられない心理状態。

心を無にして働かないと、やってられない状況でした。

心を無にしたつもりでも、無になっていなかったかもしれません。

とにかくツライ、ツラさしかない毎日で自分史の中でも最悪の時期でした。

この記事では、そんな働くのが怖い、会社に行くのが怖い。という人に何が原因で、今後どのようにすればよいかを考えてみました。

ご参考になればうれしく思います。

仕事が怖いという原因について考えてみます

仕事が怖い、その怖い原因が何なのか?を考えてみます。

私の場合は会社に行くのが怖かった理由は、

  1. 上司から執拗に怒鳴られる
  2. 夜の12時近くまで会社にいることがわかっているので、気分が滅入る
  3. 何もわからない状態で仕事をしていたので、客対応が怖い

の3つでした。この3つに関してまとめてみると、

  • 上司から執拗に怒鳴られる→怒られることの恐怖
  • 夜の12時近くまで会社にいることがわかっているので、気分が滅入る→仕事量への恐怖
  • 何もわからない状態で仕事をしていたので、客対応が怖い→知識がないことへの恐怖

と言えますよね。

それぞれの恐怖について説明します。

怒られることへの恐怖

怒られることへの恐怖を感じている場合、その恐怖を取り除くのは怒られないことですよね。

仕事でミスをした場合、まず上司に怒られます。

怒られるのはそのミスがどんなミスだったかによります。

以前にも同じ失敗をしている場合は、当然学習能力がないと上司が怒るのは当然ですよね。

しかし意味もなく怒られることに、私は恐怖を感じていました。

そんな「意味もなく」「執拗に」怒られる環境が恐怖を感じていた原因です。

ブラック企業の上司はなぜかいつも部下を怒鳴り散らす、時には暴力行為(私も何回も本で頭を叩かれました)をしてくる上司までいます。

こんな状態で働いているような職場にいる人は、すぐにその上の上司に相談するか、そんな上司もいないようならば、早くその職場からの脱出を考えてください。

怒られることへの恐怖を一番に感じる原因は、その職場環境だと言えます。

仕事量への恐怖

一生懸命に仕事していても全然仕事が減らないというのはなぜでしょうか?

まず仕事が減らない理由を考えます。

仕事が減らないのは、

  1. 能力不足で仕事をこなすスピードが遅いので時間がかかる
  2. 仕事をする人が自分だけなので片付かない
  3. そもそも1人が対応できる仕事以上のキャパの仕事を任されている

この3つに原因があります。

1つ目の「能力不足で仕事をこなすスピードが遅いので時間がかる」というのであれば、そのようにならないように自分のスキルを高めて、徐々にでも仕事のスピードを速くするように心がける必要があるでしょう。

問題は後ろの2つ、

  • 「仕事をする人が自分だけなので片付かない」
  • 「そもそも1人が対応できる仕事以上のキャパの仕事を任されている」

という場合でしょう。

一般企業にもよくある話ですが、それが私が在籍していたブラック企業の場合は12時まで仕事をすることで、やっと1日の仕事が終わる(終わってないけど帰る)ような状況でした。

常識的に考えてその時間まで仕事をするような状態の会社はブラック企業です。

仕事量への恐怖を一番に感じる原因もやはりその職場環境だと言えます。

知識がないことへの恐怖

自分の知識がないので、お客様や取引先に迷惑をかけてしまうことに恐怖を感じている。

これは知識をつければ解消できる話です。

普通の会社であれば、先輩や上司にわからないことを聞けば教えてくれますし、経験値を積むことで知識がないことへの恐怖は無くなっていくことでしょう。

問題はその知識がない状態をずっと続けてしまうことです。

つまり先輩や上司に相談することができず、自分1人で仕事を進めてしまい失敗する。

私もこのことを経験しています。

働いていたブラック企業では、入社して1日目から研修も無く先輩社員と同じレベルの仕事を与えられてしまい、何のこっちゃ意味が分からずのまま、自分で仕事を進めていました。

意味が分からず見よう見まねで仕事をしているわけですから、当然失敗を犯しますよね。

その失敗で、とんでもないことをやらかしたこともありますが、社長や先輩は誰も助けてくれませんでした。

他の案件も抱えている中でお客様を訪問し、平謝りすることでなんとかお許しをいただきました。

普通の会社ならば、だいたいとんでもない事態に発展する前に先輩や上司がアドバイスや対応を考えてくれるか、もしくは同行をしてくれます。

しかしブラック企業の場合は、

  • 一緒に動いてくれる人がいない
  • フォローをしてくれる人がいない

という状態が往々にしてあります。

働くことにおいて、1人で全部完結できる仕事ならばよいですが、そんな仕事はまれでしょう。

知識がないことへの恐怖の原因も職場環境に起因することが多いです。

仕事が怖いと思っても、会社はアナタのことを守ってはくれません

まず仕事が怖いとお考えの時点で、今の仕事、会社がアナタにとってかなりの負担、ストレスになっていることは間違いありません。

この記事を読んで頂いている人は、以前の私みたいな現役のブラック会社勤めである人もいますよね?

そんなアナタに言っておきたいことがあります。

会社は決してアナタのことを守ってはくれません。それが例え職場の人間関係でうつっぽくなったとしてもです。

というのは体を壊したのはアナタのせいであって、会社側には問題がないと処理しようとする会社がほとんどだからです。

とくに職場の人間関係の場合は、


こちら側(会社側)から歩み寄ったが、アナタ側から拒否されて話にならなかった。
とでもなんでもごまかして、会社側に不利がないように話を進めていくパターンがあります。

長時間労働もそうです。さすがに某D社のように記録が残っているとマスコミに大きく取り上げられたりしますが、あんなのは氷山の一角ですよね。

あちらは大企業ですので大騒ぎになりますが、正直な所、中小の会社なら近い状態でも、そこまでおおごとにならないことが予想されます。

もちろん記録などはつけておくべきですが、会社側はアナタに何か起こっても基本的には助けてくれることはありません。

それに病気で長期の休養となると、復帰するのも大変です。

会社に対して信頼をしすぎるのは止めておいた方がいいことは覚えていておいた方がよいでしょう。

何かあったときに失望しなくて済みますので、会社に関するアナタのスタンスは今一度考えてみましょう。

「もともと、会社に信頼なんてしていない」のならば、問題なしです。

仕事や会社が怖くなったら逃げてもいい。というスタンスでいること

仕事や会社が怖い。逃げたい。と思っていても、責任感が強い人はなかなかそれを実行することができません。

しかし先ほどの会社は自分に何か起こったとしても、なんだかんだ理由をつけてアナタを守ってくれることはありません。

となるともちろん会社在籍中は、一生懸命仕事しておかないといけませんが、極端な話をいうと「いつ仕事から逃げても会社から逃げてもいい。」というスタンスでいることが重要ではないでしょうか?

人はそれぞれ背負っているものが違います。

子供、家庭、親、色々なものを背負って仕事しているわけですので、なかなか簡単には仕事から逃げてもいい。会社から逃げてもいい。というスタンスを取るのは難しいとは思います。

しかし万が一ブラック会社生活を続け、職場の上司かた壮絶なパワハラや嫌がらせを毎日受ける等で体を壊してしまったら。

それから復帰することは容易でありません。

精神的に余裕を持たせておくというか、よい意味で適当に考えておくこと。

「嫌なことがあったら仕事から逃げてもいいんだ、会社から逃げてもいいんだ。」と考えておくのはマイナスではありません。

まじめな人ほど、嫌なことがあっても「自分の頑張りが足りないからだ。」と真剣に考える傾向がありますので、考えに余裕を持たせておくことが大事です。

仕事が怖い。その原因はストレス?我慢していると病気になるかも

結局のところ

  1. 怒られることの恐怖
  2. 仕事量への恐怖
  3. 知識がないことの恐怖

これら3つの恐怖のうち、たった1つでの働いている環境に存在しているとそれがストレスとなり、病気(うつ病や自律神経失調症)になってしまう可能性があるということです。

3つの恐怖は皆が感じていることではありますが、恐怖とまではいきませんよね?

いつも怒られることにビクビクして、夜の12時まで仕事をして、何もわからないし、誰も教えてくれない中で働いている。

こんな状況の場合、ストレスでうつ病や自律神経失調症などの病気をになってしまう可能性は大です。

これら3つの恐怖に共通するのは、ブラック企業に在籍していると起こる恐怖であると言えます。

自分に自信がある人で、

  • 仕事は絶対に失敗しないので怒られることがない
  • 仕事量がいくらあっても楽々こなせる
  • その仕事のスペシャリストで1から10まで完璧に知っている

という人は別ですがあんまりそんな人はいないでしょう。

つまり現在の

  • 怒られることへの恐怖
  • 仕事量への恐怖
  • 知識がないことへの恐怖

を取り除くためには、会社を辞めるしか方法がないのかもしれません。

働くこと、会社に行くことに恐怖を感じず、よい環境を得られるように早くブラック企業から逃げ出すことが自分が病気にならないための最善策です。

ブラック企業勤めで、この記事を読んでくださっているアナタ。

一刻も早くブラックから抜け出してください。

またブラック企業勤めではなくても、仕事が怖い、逃げたいと感じている人。


今の会社を抜け出したいけど、すぐには会社が辞められない
という人も、求人情報だけでもチェックしておいてください。転職に備えているのと転職準備がまったくできていない状況を比べると、スタートダッシュが違ってきます。

それだけ転職が近くなるのです。

求人サイト、転職エージェントは登録です。

自分で仕事を探したいならば、業界最大手のリクナビネクストに登録しましょう。

リクナビネクストに登録した体験談。特徴や求人の質の評判、評価をチェックする

仕事の探し方がよくわからない!という人は転職エージェントの指導を受けた方がよいです。

転職エージェントに指導を受けて転職活動したい人は、同じく業界最大手のリクルートエージェントに相談しましょう。

リクルートエージェントの評判、転職者100人の口コミをチェックする