ニートを脱出して働きたい。脱ニートのため仕事、働き方を見つける3つの方法


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。

ニート生活が長くて、

アナタ

アナタ
そろそろ就職しないとこのままずっとニートのままかも?それはさすがにヤバいよな。
と、感じているアナタ。よい心がけです!

働かざるもの食うべからずと言いますし、日本国民には「勤労の義務」があります。

昔のヨーロッパの国家では「労働は神聖なもの」「働くことは神のご意志」とされていて、労働しない者は神や国家に反逆するもの(国家反逆)とされていた。

出典 Wikipedia「勤労の義務」

この記事では、ニートを辞めて働くための仕事探しの方法について書いています。まずニートをやめて働きたいと思っている時点で、アナタは素晴らしいです。

ご参考になればたいへんうれしく思います。

ニート生活にピリオドを打つ!そろそろ働きたい!

アナタはニートをやめて働きたいということですが、働くためにはどうしたらいいかわからないでしょうか?

アナタのニート期間がどれくらいなのかはわかりませんが、もしアナタが若ければ仕事なんて全然見つかります。

まずはどのように働くか?ということから考えましょう。

働くためには、何かスキルが必要かな?という人には職業訓練校に通ってみることをオススメします。

手に職をつけて、ニートをやめて働くために。
職業訓練校に通ってみる。

職業訓練校とは何かというと、

就職するために必要な技能、知識を身につけ、自分のスキルを上げて、就職できるようにするための学校のことです。

この制度は国が支援しているので、失業者でも主婦でもニートでも現在仕事をしておらず、就職したいという人ならば誰でも受けられます。

ただし学生は、不可です。

それに雇用保険を受給中の人と、そうでない人とでは受けられる制度が違います。

アナタの場合は、失業者でもなければ今から就職を目指すことになるので、「求職者支援訓練」という制度を利用することになります。

地域、時期によって受けられる講座が変わってきますので、詳しくはお近くのハローワークで確認するのがよいでしょう。

求職者支援訓練 認定コース情報で色々と講座を見ていただくとよくわかりますが、ITから営業まで色々と選べますので、自分の興味ある分野で挑戦してみてはどうでしょうか?

ニートをやめてフリーで働く

スキルを身につけて働くことができればいいのですが、どうも人と関わって生きることができないという人も世の中にはいます。

それがアナタかもしれませんが、そんな人にはフリーランスで働くという道があります。

最近では、ノマドだとかフリーランスだとか働き方もさまざまに変化してますよね。

誰もかれもが企業に勤めて、決まった時間に決まった場所に行く必要がない時代になっています。

フリーで食べていくには、乗り越えないといけない障壁がたくさんありますが、まずは始めてみるという意味では、

  • ライター系
  • デザイン系

この2つが鉄板です。

ニートを辞めてライター系のフリーで働く

ライター系とは、そのものズバリ「書く仕事」

依頼される内容に関して、Webサイトに載せるための記事を執筆して、それに対して報酬を得るという流れです。

たとえば

◯◯◯の仕事について1記事2000円、◯◯◯な内容で記事を書いて欲しいという依頼があったとします。

それに対してドンピシャな記事を書くことができれば、アナタに報酬が支払われます。

ライター系の仕事を募集しているサイトとしては、
「ランサーズ」「クラウドワークス」が有名です。

ライター業を生業として生きていくためには、

  • 知識
  • 文章の信憑性
  • 読ませる文章が書けるかどうか?

などが問われますが、ライター業だけで食べていけてる人もいます。

まずは自分の得意分野に秀でたことで、文章を書くことが認められるようになるのが目標ではないでしょうか。

ニートを辞めてデザイン系のフリーで働く

デザイン系でいえば、同じようにWebサイトのデザインやロゴ、アイコン、グラフィックデザインなどを作成するのが仕事となります。

こちらもライター同様に「ランサーズ」や「クラウドワークス」で仕事を取ることができますが、特化したサイトとして「ココナラ」というサイトもあります。

最近CMでもやっていますよね。

ライター業と同じようにセンスや創造力が必要となってきますが、「ランサーズ」や「クラウドワークス」「ココナラ」などで実績を積んでいくことで、取れる仕事も増えていきます。

上記にて紹介した職業訓練校でWebデザインなどを勉強してから、実践してみるのもいいかもしれませんね。

実は自分には隠されたセンスがあるという場合もありますので、興味を持たれた人は挑戦してみてみては?

フリーランスって大変だけど、カッコイイですよね。私も憧れます。

私はセンスも知識もないのでムリですが。

ニートをやめて企業で働く

とにかく何でもいいから働き始めたい。

という場合には仕事探しが重要になってきますよね。

仕事探しには、どうしたらいいのかわからない転職。仕事を探す方法ベスト11が参考になりますので読んでみてください。

そしてニートをやめて企業で働く場合に成功するための鉄則がありますので、それらをご紹介します。

仕事を選り好みするのはやめよう

ニートから正社員になる場合、壁になるのが、

経験不足(社会人として、働き手として)

です。正直なところ今まで働いた経験があまりない場合には、経験者が優遇されますし、就職経験がない場合は書類ではねられるようなパターンも多いです。

なので仕事を選んでいる余裕がない場合が多数。

アナタが25歳以下でしたら、経験などなくてもなんとか大丈夫でしょう。

しかしすでに1社でも就職の経験をしている人とアナタのスペックが同じだった場合は、就職を経験している人を採用する会社の方が圧倒的に多いでしょう。

だからこそ仕事を選んでいる場合ではないのです。

ただブラック企業に入ってしまってはどうしようもないので、次にどうすべきか考えてみます。

名の知れた会社、大会社は諦めて小さい会社を選ぶ。

名の知れた会社、大会社ばかり選んでいるとおそらく一生就職できません。

そんな会社に入りたい人はうようよいますし、手厳しいようですが就職経験ナシの人間が太刀打ちできる状態ではありません。

つまり小さい規模の会社を、最初の就職先として選ぶのがポイントです。

小さい会社だからと言ってバカにはできません。

アットホームでよい会社であったり、環境的にブラックとは程遠いような会社もなかにはあります。

まずは手が届く位置の会社に就職して、働くことに慣れてみてはいかがでしょうか?

バイトから社員を目指す

いきなり正社員を目指すというのは、ハードルが高いかもしれません。

まずは働くことになれるという目的を達成するために、アルバイトをしてみるのもいいでしょう。

というのはバイトから始めて、社員になる人は世の中に結構いるからです。

アナタの仕事ぶりが認められると正社員への誘いがあるかもしれません。

無い場合でも、「仕事の経験値」はたまるので、就職に向けての一歩になります。

期間を決めて(たとえば1年間)アルバイトしてみて、アルバイト先に正社員への登用をアピールしてみるのも一考ですね。

知り合いのコネを利用する

知り合いに声をかけまくって、今仕事してくれる人を探しているというような情報を集めて紹介してもらうのも作戦の1つです。

案外声をかけまくれば、人不足で雇いたいと思っているところってありますよ。

それに知り合いの紹介ということで、雇い主側も安心するでしょう。

問題は1点、その会社に合わなくて辞めるときに辞めにくいことです。

アナタも知り合いに泥を塗るようなことはしたくないでしょうし。

もめて辞めるのならばなおさらです。

専門職の道に進む

手に職があれば、就職とか転職のことは考える必要がなく、一生食いぶちには困らないでしょう。

極端な話ですが、大工とかコックとかそんな手に職がある仕事を選んでみるのも、よいのではないでしょうか。

これからは個々の時代です。

簡単ではないでしょうが、アナタしかできないスペシャルな仕事にチャレンジしてみるのも素晴らしいことだと思います。

派遣で働いてみてから正社員になる

一番現実的かつ一番成功しやすい方法を私の経験から書いてみます。

私が一番オススメするのは、「紹介予定派遣」という制度を利用しての就職です。

紹介予定派遣とは、派遣で働いて一定期間の就業期間がすぎれば、雇い主側と労働者側が合意の上で正社員になれるという制度です。

私は「紹介予定派遣」を利用して転職しました。

3ケ月から6ケ月会社で働いてみて、どうするか?ということになりますが、その期間は派遣社員ですので、派遣先を決めるのが早ければ早いほど正社員に早く近づきます。

早く正社員になりたい場合は、遠回りしているようで実は近い。「急がば回れ」のような制度ですので、登録して紹介予定派遣のご相談をしてみてはいかがでしょうか?

紹介予定派遣はリクルートスタッフィングへ

働き方に決まりはありません。自分がこうなりたいという理想をもって仕事を探してみてはいかがですか?

仕事を見つけるための3つの方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

今は働くにも色々働き方があり、その探し方もさまざまです。

自分の理想の働き方、仕事を見つけるのが人生を有意義に過ごすポイントだと私は感じています。

  • 手に職をつけてから仕事を探す
  • フリーランスで頑張ってみよう
  • プロにアドバイスをもらってから、その人の薦める仕事につく

自分に合った仕事や働き方を見つけるきっかけになれば、嬉しいです。

アナタはすでに働きたいと思っている人時点で一歩リードしています。

せっかくリードしているのですから、他の就職希望者によい仕事を取られる前に行動を起こしてみてはいかがでしょうか?

とにかく行動して一歩一歩先に進んでみることが、アナタの人生をもっともっと前に進めることになるでしょう。

ニートやフリーターから正社員を目指す場合、何も恐れることは何もありません。

私もまったく何のスキルも無い所から行動を起こして(転職のプロに相談して)、正社員になって働くことができましたので。

フリーターやニートや派遣社員が正社員になるメリット7選。アナタも正社員をめざしませんか?