30代は転職できない?30代がブラック企業を脱出するためのたった1つの方法


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。

30代でブラック企業に勤めている人、アナタの今の会社はアナタにとって何社目の会社でしょうか?

前もブラック企業に勤めていて、またブラック企業に勤めてしまったという人。

私の経験上、ブラック企業に入社してしまった人は、結構な確率で次もブラック企業を選んでしまいがちです。

なぜなら、


この会社は今よりマシだ。
と思って転職を希望して、少しの選択肢の中から転職先を選んでしまい、それがブラック企業だというパターンが多いのです。

もうそろそろ、その転職スパイラルも終わりにしませんか?

この記事は、30代でブラック企業に勤めていて、今のブラック企業を辞めて転職したいという人に向けて書いています。

ご参考になれば嬉しいです。

30代前半での転職、アナタもそろそろ転職が最後のチャンスかもしれません。

アナタは今ブラック企業にお勤めのようですが、失礼ですが年齢はいくつでしょうか?

30代でも前半ならば、野球でたとえるなら、7回裏で試合に負けているような感じですかね。

転職することもちょっとずつ辛くなってはきていますが、まだセーフ。

7、8、9回と攻撃が残っています。

同点に追いつくことも、同点で延長になることも、もちろん逆転する可能性もありますよね。

つまり今のブラック企業よりもよい会社に入れる可能性はまだ全然あります。

ただし今の業種から、他の業種に移るというような状況ではなかなか難しいのが現状でしょう。

好きに仕事が選べるという状況なのは、20代までです。

20代なら、採用する会社も「やり直しがきく年齢」とアナタのことを見てくれますが、30歳をすぎると「やり直し」とは見てくれず、「経験者」としてしか見てくれなくなりますので。

採用する側は、アナタを経験者として欲しいわけで、即戦力として期待しているからこそ取りたいと思っています。

なのでアナタが今までの経験を生かせる業種の仕事を探すのは当然なのです。

仮に業界経験がなかったとしても同じ職種としての経験を活かすべきです。

その経験を活かせる仕事につくのならば、今のブラック企業を無事に辞めて転職できる可能性は十分にあるでしょう。

しかしたとえば、今まで営業一筋で仕事してきた人が、他の業種の、またさらに経理を希望する。というようなパターンは完全にNGですし、語学が堪能だとか、特別なスキルが無い限り仕事は見つからないでしょう。

他の業界に転職するということは、アナタの積み重ねてきたキャリアが0からのスタートになってしまいます。

そう簡単に業種を変えて仕事は見つからないのが現実です。

ただ今のままブラック企業に勤めている人は、今後も報われない可能性が大です。

ブラック企業で働いたことのあるアナタならわかるでしょう。

私もブラック企業勤めで本当に嫌気がさしたので、ブラック企業の負のパワーはよくわかります。

今のまま報われないことも承知でブラック企業に今後もいるのか?
逆転サヨナラホームランを打つべくブラック企業辞めて転職するのか?

悩むのが30代前半の人ですよね。

逆転サヨナラホームランを打ちたい人のために、今一度30代前半の人が転職するためにこれだけは守った方がよいことをまとめます。

  • できる限り同じ業種に転職する
  • その業種に嫌気がさしているのならば、今の経験が活かせる職種に転職する
  • 業種も職種もイヤならば、相当厳しい転職活動になる
  • 30代前半はある程度の経験を求められている。即戦力での入社を求められていると自覚する

35歳~30代後半の転職、ブラック企業から逃れられる最後のチャンス

ブラック企業の基準は人それぞれですが、例えブラック企業であっても耐えられるブラック企業と耐えられないブラック企業がありますね。

アナタがどの範囲のブラック企業に勤めているかで、この35歳以上の30代での身の振り方が変わってきます。

今のブラック企業が世間のブラック企業と比べて、まだマシと思うのなら今の会社にとどまることも考えた方がいいのでは。

35歳~30代後半の転職は野球でいうと、9回裏2アウトランナー満塁でバッターはアナタです。

打ち取られてゲームセットになるか、アナタがサヨナラヒットを打つかの瀬戸際です。

35歳~30代後半での転職がキツイのはいうまでもないことですが、中途採用者を募集している会社は、何かの問題があって誰かが退職しています。

それをブラックと呼ぶのかは別として、何も欠点がない会社ということはありえません。

35歳~30代後半の人が転職するのには、転職者ばかりが集まる職種を選ぶのが一番転職できる可能性が高いです。

たとえば、

  • 不動産業
  • 飲食業
  • アミューズメント関連

など。

というのはこの辺りの職種は、人の出入りが激しい会社が多いので、転職できるチャンスが多いのです。

その分ブラック企業度も増しますが…。

また職種でなくても中小企業の多くは新卒を採用しているゆとりはありませんので、
100%中途採用でまかなっている!なんて会社は非常に多いです。かくいう私の働いている会社も新卒者は取りません。ほぼ中途採用者が働いています。と言ってもブラック企業ではありません。最近は終身雇用制度もほぼ崩壊しており、今後転職経験の無いまま社会人生活を終える人もごく少数になるでしょう。会社だって永遠に存続するわけではなく、残る会社とダメな会社がはっきりしてくると思われます。

周りを渡してみても、転職組は多いはずでどこの会社でも、転職組が肩身が狭いということはありません。

なので転職することに関しては、まったくこの年代でも問題はありませんが、問題となるのはアナタの年齢での転職のしにくさです。

転職がしにくいのは事実ですが、絶対にムリということはありません。

ブラック企業を避けるために、できるだけ大きな組織(上場企業の子会社とか)ならば、ブラック企業特有の違法行為や変な社風もマシでしょう。

とにかくこの年代の人がブラック企業から転職する場合は、片っ端から会社を受けるだけ受けてみましょう。

ただやみくもに受けても、またブラック企業の世話になるといけないので解決策は以下をご参考ください。

30代での転職を考える場合も転職エージェントの指導を受けてみては?

30代前半で転職を目指す場合も、30代半ばから後半で転職を目指す場合のどちらも場合も、プロの指導を受けてみてはいかがでしょうか?

今までブラック企業にいたわけですから、アナタ1人での転職活動では、またもやブラック企業にお世話になってしまう恐れがあります。

転職エージェントは転職のプロです。プロにはプロなりのノウハウがありますので、アナタがブラック企業に入りそうになるのを阻止するための転職ノウハウも教えてもらえます。

基本的に20代の方が、まっさらなので転職がしやすいのは否定しません。

しかしアナタには、ブラック企業で仕事をした経験があります。

忘れがちですが、

私

ブラック企業で働いた経験が唯一生かされるな。
と私も思ったのは、どんなに辛くても耐えてきて、多少のことにはどうってことないと感じられたことです。

30代でもしかるべき対策を取れば、転職が遅すぎることはありません。

今までのブラック企業とは早くオサラバして、今より笑える生活を送りましょう。

ブラックから脱出できると、

  • 自分の時間ができ、好きなことができる
  • 友人と遊ぶ時間ができ、出会いができる
  • 過度のプレッシャーがなくなり、頭痛などがなくなる

などよいこと尽くめです。ブラック企業を早く辞めたい。辞める勇気を持って得た4つのことに詳しく書いていますのでご参考まで。

アナタがよい仕事に巡り合えるように、陰ながら応援しています。

リクルートエージェントに登録して理想の転職先を見つける→