20代での転職はオススメ?3つのメリットと3つのデメリット


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。
新卒で入社して3年目。

だんだんウチの会社がブラック化してきた。転職しようかな。
と考えている人や、

今の会社にとくに不満はないけれど、この仕事を一生するのか…。違う仕事もしてみたい!
と考えている人。

このまま会社に居続けるというメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。

この記事では、一般的に転職に絶好の年代と言われている20代の人に向けて後悔しないための転職活動について書いています。 

ブラック企業に勤めている人は、20代でブラックから脱出した経験談をご覧ください。

転職する前にチェック!20代新卒から働き続けることの利点

新卒で入社すると、まずどこかの部署へ配属されます。

それが工場なのか人事なのか営業なのかわかりませんが、まずは自社が何を売って利益を得ているのかというのを理解するために、営業からスタートさせるという会社も多いでしょう。

そこで自分のやりたいことと違うと言って転職することも可能ですが、この状態ではなかなか転職するのも難しいと思われます。

というのは何の経験もしていない(経験が浅い)ので、転職先にアピールできるような材料がなく、自分の強みを語ることができないということが言えます。

それを3年程度乗り越えてはじめて、自分の強み、経験が語れるようになるわけです。

当サイトではブラックな会社からはすぐに撤退するように推奨していますが、そうではない会社に在籍しているならば、3年程度は同じ会社にいた方が後々転職活動する際にもやりやすくなると考えます。 

それでは20代で新卒から働き続けることの、利点をまとめてみます。

社内で安定的にキャリアアップできる

社内だけで考えると、出世というのは社内での実績、部署内でコミュニケーションをとって仕事を円滑に進めるなどの能力で決まる。

つまりは社内になじんでいる社歴の長い人間が、出世しやすくなるという傾向にあるのが現実です。 

自然に部下や後輩ができる

新卒を常に採用するような規模の会社ならば、毎年4月に新しい人間が入ってくる。

つまり1年ごとに、後輩が増えていくという立場になるので、マネジメント能力、指導スキルがおのずと身につきます。

中途採用者に比べてフォローが手厚くなる

30歳までは中途採用者に比べて優遇される立場にあります。

そして立場的に社内ルールの中で、業務をこなせる人間が重宝されやすいのが日本の会社です。

30歳以上になれば自分で考えて、自分で動く人間が重要視されますが、30歳までは上司もそこまで求めていない場合が多い。

新卒から入って自分の指示を忠実に守ってくれる人間に目をかけるでしょうし、とくに年功序列で体育会系の会社はこのような風潮が強いです。 

異動の要望も相談しやすい

新卒で入社したときから部下として指導している上司にとっては、部下がどんな人間で何が強みかを把握しています。

その強みを発揮できる部署でバリバリ仕事をしたいというふうに伝えると、異動の要望も受け入れられやすいです。

20代で転職するメリットとデメリット

20代で転職するのは、一番リスクが低いです。

ただどんな状況でも、メリットとデメリットがありますので、それを考えてみます。
20代女性第二新卒の転職に関してもご参考ください。

20代で転職するメリット3つ

実績がなくても転職可能

20代のうちは、面接する側もものすごい実績を積んできた。というような人でないことはわかっています。

なのでどんな小さな実績であったとしても、それにいたるまでの過程がどうだったのか?というプロセスを重視します。

面接では結果よりも、どんな課題設定をして、どのように行動し、どのような結果になったのかということを説明できることが重要となります。 

まったくの畑違いの異業種転職もOK

20代は社会人経験が浅いので、新しい会社にも順応でき吸収力があると考えられている。

なのでまったくの畑違いの会社に転職しても、採用されやすいのです。

私も今の業種はまったく経験したことがない業種の仕事でした。

そして20代はこれからの仕事を見てもらえるので、いわゆる「伸びしろ」を重視してもらいやすいです。 

転職エージェントに登録しやすい

30代以降の人間はエージェントからすれば、専門性がない人や前職での実績が伴っていない場合は企業に紹介しづらいのが現実。

しかし20代であれば、スキルや実績はなくて当然と考えているので、エージェントも企業にあっせんがしやすいのです。

3つを総括すると、「ポテンシャルを感じて採用してもらえる」ということです。

私も大した実績がない中で、28歳だったからこそのポテンシャル採用で正社員になりましたので。

アナタのポテンシャルを期待している会社が待っています!

リクルートエージェントの評判、転職者100人の口コミをチェックする

20代で転職するデメリット3つ

ウチの会社もすぐに辞めてしまうのではないか?と思われる

勤務年数が少ないことで、イヤなことがあればまたすぐに辞めてしまうのでは?と疑われがち。

「人間関係(上司とそりが合わなかった)で辞めた」とか「やりたい仕事じゃなかった」というような、自分に責任はない。とでもいうような後ろ向き発言はNGです。 

仕事に対する熱意を疑われる

退職理由に明確な理由がないと、仕事に対して責任感がないと思われがちです。

退職理由は、仕事に対する熱意が感じられるような例を考えましょう。 

仕事の辞め癖がついてしまう

面接で採用されても「何かイヤなことがあったらまた転職しよう」と簡単に考えるような思考になりがちです。

20代では転職を繰り返しても問題はありませんが(マイナス評価にはなります)、30代で転職を繰り返すようになると歳を重ねるごとに転職しにくくなりますし、転職自体ができなくなります。

ふらふらして仕事の実績が作れないと大変なことになりますので要注意。 

3つを総括すると、「責任感が薄いと思われがち」ということです。 

2大転職理由の代表格を比較してみました

  • 「自分の能力が活かせない」
  • 「職場の環境が合わない」

これら2つが理由で転職を考えている人は多いです。

20代でどちらかの理由で転職を考えている人、それは正しいのでしょうか? 

比較してみました。

理由 能力が活かせない 環境が合わない
見解 まだ能力だなんだという段階ではない

そもそも新人は、自分のスキル自体を見つけられていない可能性がある。

20代では打開できない可能性が大  

新人がすでに定着している社内ルールを変えるのはほぼムリである。

結果 能力を活かせるのは早くても3年かかる

自分の能力を自覚して活かせるようになるまでには時間が必要となる。転職するにはまだ早い。

どうしてもムリならば転職するのもあり

職場の環境が合わないと、自分のスキルも見つけづらい。
転職も視野に入れるべき。

環境が合わないと考えている人は、転職も視野に入れるべきですね。

20代で感じる仕事のストレスは仕事に慣れるまでの登竜門的なものです。

皆が感じ、通る道です。

ただ自分の感じるストレスは、客観的に判断できません。

転職エージェントに相談するなど、プロの意見を聞いて転職タイミングをはかることが大事です。

転職のプロがアナタによい環境の仕事を提案をしてくれるでしょう。

登録はもちろん無料です。

リクルートエージェントの評判、転職者100人の口コミをチェックする