【働く所あるのかな?】仕事が決まらない、見つからない時にアナタがすべき3つのこと


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。

転職活動をしている時になかなか仕事が決まらない、見つからないことは多いですよね。

どのように過ごすと、最終的に転職を成功させることができるか?というポイントが3つあります。

これら3つのポイントにしたがって動けば、あなたの転職活動も成功に近づけます。

少しでもご参考になればうれしく思います。

仕事が決まらない、見つからない時は情報収集しよう

私が仕事探しをする上で重要だと考えるのは情報収集です。情報収集にも色々と種類があります。テキトーに思いつくまま書いてみると、
  • 受けたい業界の状況
  • 受けたい会社が扱っている商品(人やモノ)
  • その会社の状態
  • トレンド
  • 業界内での位置
  • 売り上げ
  • サービス

自分の事なら、

  • 自分が今まで何をしてきたか?
  • 何ができるか?
  • 長所は?
  • 短所は?
  • 持っている資格は?
  • 受けたい会社に入った時に貢献できることは?
  • 夢は?
  • そもそもその会社に本当に入りたいのか?

面接で聞かれそうなことで、

  • なぜ当社を選んだのか?
  • なぜ前職を辞めましたか?
  • 当社に入って何がしたいか?
  • 当社とライバル会社では何が違うと思うか?
  • あなたの過去の成功例を教えてください
  • 逆に失敗例は何ですか?
  • その失敗から何を学びましたか?

などとにかく会社や自分に関することを徹底的に考えて、何なら「転職ノート」を作って、メモをしまくるなどをすれば企業分析、自己分析というものはできるはずです。

今はインターネットで情報を調べることはたやすいです。

ある決めた1日を情報収集のみに使う日を作ってください。

とことんまで考えること。

  • 今までは何がだめだったのか?
  • 次回からの面接の対策は?

トライ&エラーを繰り返し、答えを出せるまで真剣に考え、アナタという人間の情報を会社にちゃんと伝えることができれば、必ず採用という2文字に到達するはずです。

会社はアナタがどんな人間で何ができそうかというのを見ています。

それに見合う回答(履歴書や面接)を出せるように、仕事探しがうまくいかない時はいったん立ち止まって考えてみるべきですね。 

仕事が決まらない、見つからない時は面接を受けまくる!

インプット(情報収集)の後は実践(アウトプット)です。私が転職活動をしていた時は場慣れのために面接を受けまくってました。

どんな会社でもいいとは言いませんが、ちょっとでも興味がある会社なら面接だけ受けてもよい経験ですし、場慣れにもなりますよね。

個人的にはよい会社の方が面接の回数が多いと思いますので、1次面接を突破すれば自信にもなります。

採用されれば最高ですし、もしちょっとブラック企業かな?という会社はお断りするという作戦もあります。

私も軽い気持ちで練習用に受けた会社で内定が出てしまい、後でよくよく調べたらブラック企業だったという経験があります。

その時は丁重に、

当時の私

当時の私
他社で内定が出たので…
と断りました。

ホント面接前に良く調べておかないといけないことですね。企業研究、情報収集が大事だと身にしみました。

企業研究、情報収集にはネットで調べることも有効です。

面接は慣れだとよく言いますが、本当にその通りですよね。

さきほどの自己分析でも書いているように、ある程度面接官の質問というのはパターン化されていますので、この質問にはAという回答、この質問にはBという回答というように答えを用意することができます。

アナタも場慣れのために仕事探しがうまくいかない時ほど面接を受けまくるというのはどうですか? 

仕事が決まらない、見つからない時は使える媒体をすべて使使おう!

アナタはすでに実行されているかもしれませんが、とにかく使える媒体はすべて使うという心意気で臨んでみてください。

転職エージェント、転職サイト、ハローワーク…。いくらでも仕事探しに利用できる媒体はあります。

たとえばハローワークでは1度に応募できる案件は3つというルールがあります(2つの地域もあるとか)。

これを利用して、違うハローワークに行ってあと3つ応募してみるとか、とにかく持ち玉を増やすことで仕事探しがうまくいかない状況を打破するという作戦です。

書類選考がすべて通ることはないでしょうし、面接に呼ばれる数も少ないかもしれませんが、とにかく数を打ち続けることで採用がグッと近づきます。

カードの枚数を増やし打ちまくる。仕事探しがうまくいかない時は有効な手段です。 

まとめ。仕事が決まらない、見つからない時は行動あるのみ!

私は上記の3つのポイントを常に頭において転職活動をしていました。

最終的には登録していた転職エージェントからの提案を受けて、転職に成功しましたが、これも情報収集や数を打っていた成果だと確信しています。

面接慣れしていたので今の会社の面接でも緊張もせず、自分のことを理解してもらったと手ごたえがありました。

当時の面接担当、つまり今の上司からも

上司

上司
あの時のお前はえらく堂々としていた。
といまだに言われます(笑)

これら3つのポイントの総括ですが、

仕事探しがうまくいかない時は体を動かしまくれ

ということです。実にシンプルでひねりのない結論ですみませんが、本当にそう感じています。

とにかく余計なことを考えずにひたすら手と頭を動かすことで道は開けます。道を開くための手助けになるのはあなた自身の行動力です。

早く転職活動が実を結ぶように陰ながら応援しています。

転職エージェント利用者300人のランキングをチェックしてみる