面接で退職理由を聞かれた場合にどう答えるか?知っておくべきたった3つのポイント


こんにちは。ブラック企業で2社働き、その後ホワイトな会社に転職成功した管理人のオダです。

転職活動で書類選考を通って、さあ面接。思う存分自分をアピールして転職を成功させたい!と臨んだ面接で聞かれる「アナタはなぜ前職を辞めたのですか?」という質問。

ちゃんと答えられますか?

  • 「仕事がきつかったから」
  • 「給料に不満があった」
  • 「上司がキライだったから」

アナタは正直者で素直な人ですね。嘘をつかないのはよいことですが、ありのままの気持ちを出してしまうのはNGです。

この記事では退職理由を聞かれたときの答え方についてどのように答えるのがよいのかを

お教えします。

退職理由を答える時にネガティブな要素は排除して、ポジティブな面をクローズアップすべきです

アナタが前職を辞めた理由は必ずと言っていいほど、面接する会社で聞かれます。

その際に、例えそれが事実であったとしても、バカ正直に退職した本当の理由を答えてはいけません。

答えてもいいのですが、それには1つだけ条件があります。

それは、辞めた理由についてネガティブに語るのはダメで、前向きに肯定的に答えるのならOKということです。

例をあげます。 アナタの前職での退職理由が実績の割りに給料が安かったこととします。

アナタ

アナタ
営業で好成績を上げていた割には給料が安く、これからの生活に不安を覚えて辞めました。

これではネガティブで気持ちが後ろ向き過ぎますよね。

面接官

面接官
ウチの会社も給料はそんなに高くないよ。ウチに入ったとしても生活に不安を与えさせてしまいそうですね。
なんて皮肉を言われてしまう可能性もあります。

こんな時はそのネガティブな言葉を前向きに答えられるように考えてみます。

好成績を上げているにも関わらず、給料が安いということは自分への評価が高くないのかも?不当な評価をされていたのかもと考え、

  • 「評価基準が明確な職場で自分を試してみたい」
  • 「実績を認められやすい会社で働けると今まで以上にやりがいを感じられる」

というようなポジティブな理由を考えてみるのはどうでしょうか。

入りたい会社が評価基準がとくに明確ではなく、実績を認められやすいかどうかもわからない場合は、別のポジティブな理由を考えるのがセオリーです。

たとえばですが、

  • 「(入りたい会社の)業種に以前から興味があったので、いつかその関係の仕事に携わりたいと思っていた」
  • 「自分が以前からやりたい仕事だった。ちょうど前職を辞めたタイミングと重なったのでこれは運命かと思い応募した」

などが考えられます。

とにかく前向き、ポジティブな理由を語ることが大事ですので、面接者からマイナスイメージを持たれないようにしましょう。

面接で退職理由を答える時は退職先の不満、悪口はいってはダメ。会社の状態についても話してはダメ。

前職(就業しながら就職活動中の人は現職)の退職理由で絶対NGなのが、前職の不満や文句をいうこと、第三者が知りえないような会社の状態(たとえば資金繰りが悪いなど)をバラすなどの発言はダメ。

不満、悪口の例でいうと、

アナタ

アナタ
取引先を新規獲得すべく、新規での飛び込みを増やして売り上げも増やしましたが、私の待遇がいつまでたっても低かったです。

というようなアピールでは不満も含んでおり、実際に売り上げを増やして会社に貢献していたとしてもNGです。

努力アピールは面接する側からすれば、あまり評価しない傾向にあります。それどころか疑問に思っていることもあります。

面接官

面接官
結局の所、その会社を選んだのはアナタだったでしょ。
のような感じで。会社の状態をバラすというのも、
面接官

面接官
この人がまた転職すると言い出したら、同じように会社の情報をバラされてしまう
と会社側は考えるからです。

つまり信用のおけない人間というレッテルを張られてしまいます。

入社前から信用のおけない人間と思われていたら、受けた会社に転職できるわけないですよね。

質問事項から事実をいう必要がある場合などは、
アナタ

アナタ
退職先のことですからご容赦願います
というような感じで逃げるのがよいでしょう。

面接の退職理由で人間関係や上司とのトラブルは口にしてはいけない。

退職理由で多いのは、今まで例にあげてきたような待遇、給与面の不満。

そしてそれらと同等なのが職場環境や人間関係の不満でしょう。

「上司にパワハラをされたのが辞めた原因の1つである」という場合、上司にパワハラをされたのが事実だったとしても、会社の面接でそれをいう必要はありません。

いくらアナタが、

アナタ

アナタ
上司と何度も議論を重ねて意見を合わそうとしましたが、上司からのパワハラが収まらなかった。やれる努力はすべてしたのですが。

というような努力アピールをしたとしても、面接する会社側からすれば、

面接官

面接官
この人は会社の人間と衝突する可能性がある
と思われることで印象が悪くなりがちです(たとえアナタに非がなくてもそのように判断されがちです)。

この人は他の社員ともうまくやっていけそうだと面接官に思わせることがポイントです。
 

退職理由については人それぞれですが、この3つのポイントを押さえておけば的外れな回答をいうことはないでしょう。

面接官に一緒に働いている、他の社員とうまくやっている姿を想像させれば入社に一歩近づきます。

面接では、物腰柔らかなハキハキと質問に答える態度で接し転職を成功させましょう。

面接に関しては、面接時の見た目は重要です。身だしなみに気を使うのは当然のこと書類選考が通って転職できそうなのに、面接でうまく話せないをご参考にしてください。

面接に関してプロの相談を受けられるのが、転職エージェントに指導してもらうこと。

まるで本番の面接のような、実戦さながらの模擬面接もしてくれます。

面接のテクニックも教えてくれますので、面接がどうしても苦手だという人には最高の練習になります。